アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

とらダク3話 モモのフ○ラは流石にまずいのでは…リトの乳首いじりもエロすぎです!

ネタバレ注意!




「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第3話が掲載されています、

9578
 ジャンプスクエア2011年1月号が近所でもう発売されていました。今月号は表紙がポスターにもなっています。4美少女の乳首も髪に隠れた感じで見えていますよ。私は早くも3冊買いましたが、是非複数購入して自室に飾りたいものです。モモのおっぱいが特に気にいりました。そういえばエロゲーの箱絵風ですね。矢吹先生、エロゲーの原画やってくれませんかね…本編のエロさはエロゲーなみでしたが。
9527
閑話休題。前回最後でヤミちゃんVSメアの死闘が開始されそうでしたが、

9579
舞台転換して教室へ…ここで少し真面目な話になりますが、新キャラのメアは、
9580
 ヤミちゃんと同じ生体兵器だったようです。(メアが新型)ただ上記にもありますように、少なくともヤミちゃんを作り出した「組織」はすでに壊滅しているのですよ。このあたりの経緯につきましては、
7299
 旧作150話にくわしいところです。としますと、今回メアを送り込んできた「主」とやらはその残党だったということなんですかね…?どうもまだまだ物語ははじまったばかりのようですよ。
9581
ラコスポどころの騒ぎではないようです。
9582
 いずれにせよ転入してきたヤミちゃんもモテモテのようです。「1-B」の学級はメアナナモモヤミちゃんと4美少女が終結。一躍有名になっていることは必定といったところのようです。ナナだけモテないのが不思議ですが…
9583
 もっともモモがモテる理由はそれだけではありますまい。この姿勢など、後方から明らかにパンツ見えますよね…やはり全身からただようエロさが同級生を虜にしているのでしょう。おそらく我慢できずにトイレでひそかにスッキリしている同級生も多かったりして…(下品)
9584
 さて今回は一つの謎が解かれました。ナナモモが転入して、セリーヌの面倒は誰が見るのか?という問題です。どうやら御門先生が見てくれるようですね。御門先生のおっぱいは貫禄の大きさですね…セリーヌに母乳をあげる描写が今後出ないとも言い切れぬのがこの作品のすごさです。見たいです…
9585
 さてまたまた舞台はかわり、屋上で寝ていたリトの夢の中にメアが入っていきます。新型の生体兵器はこんなこともできるようです。
9586
リトは夢の中で…メアの乳首をつまんでました。「To LOVEる -とらぶる-」読者の方々は、
8661
 旧作146話でリトが春菜のおっぱいを揉んでいた描写をご記憶でありましょうが、今回は乳首をつまんでおりますので、より進化していますね。恐ろしい男ですよ。
9587
早くも股間も「ケダモノ」に…もうビンビンでしょうね…
9588
 さてメアの解説によりますれば最近似たような状況がリトにあったとか…そうです。「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第1話で、
9436
こういうプレイがありましたね…ここであのときの新事実が!
9589
モモがリトの股間の「ケダモノ」を見た後、
9590
フ○ラまでしていたようなのです。なんて恐ろしい娘…!あの「ケダモノ」の状態では一瞬で、
9437
発射していたりして…(下品)これは美柑も負けてられないですね。
9591
日頃アイスや飴できたえている舌技を是非披露してほしいところであります。
閑話休題。そこに襲い掛かるヤミちゃん…!
9592
 やはり新型の生体兵器のメアは、旧型のヤミちゃんより優れているようですね。兵器の類は新型がより優れているのは当然のこと…『機動戦士ガンダムΖΖ』で出てきたドワッジがすでに旧式化していて、ZZガンダム以下最新鋭機に悲惨な目にあったこともありましたよね…ドラミちゃんがドラえもんより性能がいいのも、新型だからという説もあります。
閑話休題。メアはリトの夢の中で知りました。
9593
 メアと「主」の計画とモモの計画は正反対である…と。果たして二つの計画はどうなっていくのでありましょうか?というところで次回に続きます。
9594
 次回巻等カラー!どうやら相当人気があるようですね。ジャンプスクエアは青年誌らしいですが、中学生が「To LOVEる -とらぶる-」読みましたら、スッキリが止まらないのではないか…老婆心ながらそう考えてしまいました。

他ブログ様の記事

ダークネス第3話 待望の芽亜おっぱいを発表します!!(風の詩と剣の言葉 日本分部様)

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 1月号 -今回もいろいろと絶好調なTo LOVEる ダークネス-(E.M.D.2nd様)


To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第3話「Each speculation~それぞれの思惑~」の感想(新さくら日記様)



↑押してくださったあなた様は神様です。


コメント

モモ様さようならww
ダークネスもさようならww
さあてNARUTOでも見るか(現実逃避←)

わざわざファンサイトに来てまで引くとか嫌いになったとか言うのは何故なんだ・・・。
いや、何となくはわかるか。自己表現したいってことだよねたぶん。
だけどそんなことをしても誰かが傷つくだけで、悲しいことにしかならないんじゃないかな。
嫌いになったならもう読まなければいいだけじゃない。
周りの友達と会話するような意識でネットに書き込むべきではない・・・と思う。

あと、小中学生がこれを読んで性に目覚めたりナニをしたとして、それのどこが問題なんだろう?
性欲=悪って先入観があるんじゃないかなあ。
実際軽んじてはいけない所だから重く考えるのは当然だとは思うけど。
小中学生が性的なものを見ることは成長に悪影響を及ぼす、なんて考え、大人(あるいは性欲=悪という考えの人)のエゴでしかないんじゃないかなあ。少なくともとらぶるの様な性的シーンは何も悪いことはないと思う。
・・・長々と失礼しました(^^;)

嫌なら見なけりゃいいのにそれでも来るバカっているんだな。
感情が無いんだろ。

アンチ活動する時間を、好きなマンガを応援する時間に換えれば良いのに・・・
って反応するのも大人げないね。

次からはスルーが吉か

結論:ToLOVEる史上最大の萌えキャラは矢吹先生です(キリッ

ToLOVEるという漫画はその矢吹先生の飽くなき挑戦の繰り返しと、
クソ法律に屈することなく非18禁少年誌の限界を極め続けるその漫画家根性に
萌えるべき漫画なのだと改めて気づかされました。
そして回を重ねるごとに磨かれていくお色気描写と女体描写に
もう敬服せずにはいられないですね。
さらにそのお色気描写を挿みつつも、
ダークネスにおける主役以外にもちゃんとスポットを当てたり、
既存設定を使ったり今後の展開を匂わせたりとストーリー面でも抜かり無し。
そうしてバトル展開もうまい具合に回避していますし、
長谷見先生も相変わらずいい仕事してますなぁ。

それから今回の芽亜は反則。既に何度抜いたことか
小さな胸でもあれほどのエロスを醸し出す事が出来るとは・・・・・・

あと上の方も言っていますが例の馬鹿に絡むのも話題にするのも一切禁止の方向で。
そんなことよりToLOVEるの話題で盛り上がろうぜ!

自分の意見が全てなんだな

だが、それがいいのだよ…!

シチュだけで萌えられる俺にはこのマンガ、レベルが高すぎるようだw
つーか読んでいて身悶えするw

今回を見ていて何だか最終的には芽亜はモモのハーレム計画に入っていきそうな気がします。

一理ある

金色の闇を”兵器”として創り出した組織は、クロが潰してくれたとして。
ダークネスにも、クロを登場させてほしいです。

それにしても、今回のダークネスの掲載順位が2番目って凄いな。

どうやらメアはモモちゃんと正反対のキャラという位置づけらしいですね。
第6次銀河戦争中に開発された改造人間という設定でヤミちゃんのキャラを取り入れてあって、且つダークネス計画の片棒を担ぐ意味で正反対であれモモちゃんの要素を取り入れてあるという、なかなか面白いキャラ付けになってますね。そこで勝手に思い出したのが「封神演義の太公望と王天君」です。表の計画は善の太公望が担い裏の計画は悪の王天君が担うが計画はただひとつ。とはいっても流石に、ハーレム計画とダークネス計画が合流する事はまずなさそうですけどメア個人の行動に限れば合流はあるかも知れないですね。

ところで今回もまたモモちゃんの魅力がよく醸し出されてました。
1話のお風呂での続きが描かれるとは思わぬサプライズでした…
ありがとうございます!!!

主ってラコスポみたいな奴だろうなww

読んでるじゃなイカwwww

旧作にない過激さに違和感を感じます。
けれども…何回も読み返している自分がいて
「ああ…やっぱりこの作品が好きなんだな」と改めて感じさせられます。
エッチなシーンも魅力的ですが
今回は旧作にはない各キャラの思いが交錯しどうストーリー展開してゆくのかワクワク感があります。
また…出番の短いキャラの旧作にない別の一面(唯が笑顔でヤミに助言するなど)も見れて個人的に満足しています。

カリスマ規制くらってるからなのかここで暴れてんのかw
来月もカラーか

ところで※に同一犯臭いドksがいますけど、どうなんでしょう管理人さん?

展開はもはやエロマンガのいきですな・・・。
まあ話が面白いからいいけど。
クロは出るならまた活躍してほしいです。
男子生徒は相変わらず不自然ですね。ちなみに僕は4人の中ではナナが一番です。

それと思ったこと。
モモが「フタガミダブル」の雨音結花の影響を受けてるような・・・。
癖毛がなくなったし、バトルシーンもあるので個人的には似て見えます。

ちょっとモモはやりすぎなのでは・・・

その代わり、ナナと唯が可愛すぎてヤバいですww

>カリスマ規制くらってるからなのかここで暴れてんのかw

管理人の冬川様。 ↑の人のいうように、このブログにもコメントの規制を設けることをお勧めします。 
このままではダークネスを楽しく読んでる人たちが、クズ野郎のコメントのせいで不快な思いをするだけですから。

唯がツンツンしてない=表情が柔らかくなったなのに
何故に「ツンが足りない」というのが意味わかんねえw

そう言う人にとっては唯はただの「ツンデレ巨乳キャラ」
なんだなぁって思う。

ついでカリスマも規制して欲しいですね
キャラアンチは不愉快ですね
モモ様とメアsとヤミsとナナsと唯sとララsとルンsと春菜sと美柑sとお静s
みんな大好き

清楚可憐な天使こと、春菜の「あの子だれかしら」のシーンは
何故載せなかったんだうp主!

これからの展開に関係するかもしれないじゃねえか!

それにしてもあのシーンの春菜は
いつも通り可愛かった・・・・・///////


あともう一人の天使の唯が
ヤミを励ますナイスシーンが載ってないのが残念。

今日コンビニでSQ購入しました。
モモと芽亜はそれぞれの計画のために敵対することになっちゃうのですかね…。芽亜の主とは
何者なのか、ダークネス計画とは何なのか。旧作と違い1話完結方式ではないので続きが気になります!
やっぱりTo LOVEるは面白いですな^^

今回のはエロすぎるのではないか!といわれますが、
あえて意識しなければそこまでエロくは感じないと思います。

特に直接的ではなく、何気なくとてもエロいシーンを入れていく
矢吹先生の力量に圧巻されました。

>みんな可愛いなんて言ってる奴は偽善者面してるだけ。

これを書いた奴は馬鹿だな…
「偽善者面」って何だよ、それを言うなら「善者面」だ
人様のブログで暴れてないで、日本語を勉強しろよ
恥ずかしい奴だな…



管理人さん、何時も記事楽しく読んでます
変なのが暴れてますがブログ頑張って下さい

モモ様甘えたいですね

後から読んで気づいたけど、目あの「ヤミ姉ちゃんを虜にする」っていうのの想像のシーン。
リトのあのあたりが立ってるような。
まさか想像上とはいえ・・・ないですよね。

確かに、今回の話はエロ要素が旧作より多く違和感を感じる人も多いでしょう(自分もその中の一人です)
しかし、エロだけではなく他に見所はあると思われます。

そんなアピールをするためなら、わざわざ1ヶ月くらいかけて作品を書くより
別の作品を書いたり最初から書かないと思います。
逆にわずかなコマですが他のキャラ達をいれていくのは自分達の書きたいものを 書きつつ極力ニーズに応えようという表れだと個人的に思います。

偽善者面…?そもそも…善=一人のキャラが好き 悪=皆が好き という概念は存在するのでしょうか?
本心で皆が好きというよりTO loveる全てひっくるめ好きという方はいらっしゃると思うので、そうだとは思えないです。
旧作では唯や春菜が輝かしい活躍を見せましたね
自分もリトに関しては、はっきりしない点もあったり疑問符がつくようなことがありましたが
そればかりではなく感服する点も見られると思います。

加害者が被害者に対し、害を与えたなら謝罪するのは当然ですが…
自分自らその作品を読み勝手な思い込みで被害を受けたと感じ非難をするのは、ただの被害妄想であり、逆に自分が加害者となり、被害者(作者)に対する侵害をしている構図が成り立つのでは?

今作はモモやヤミを中心としているため唯や春菜やララの出番は少なくなり不満を覚える方も見られるでしょう。
私達読者に支えられ、自分の思い通りに好きなことができるのはこのうえのない幸せだと思いますし、感謝の念は勿論ありファンを嫌ってわざと嫌らしく書くとは思えないです。
逆もまたしかりであり、作者が考えつかなければ私達はこの作品に出会うことすらなかったですし
もう一度 TO loveるが読めることに関して、今回の作品を嫌ってる人も難しいでしょうが…多少なりとも感謝しないといけないと思います。

まだ始まったばかりです。今後どうなっていくのかわかりません、その展開で見るに耐えられなくなったなら読まなくてもいいと思いますし。
それでも見続けるのなら、はやるアンチの気持ちを抑え露骨にではなく謙虚に否定の感情を表す(これが難しいですが…)くらいにして見守るのがいいと思います。
おっしゃる通りモモやヤミが好きな人もいるので、露骨なキャラアンチを放っておくわけにいけない人もいるのですから…

二つにわたる長文申し訳ありませんでした

自分の心の中で溜まってた思いを代弁してくれたことを感謝します。
ですが、どれだけ正論を述べてもこの手のアンチの心に響くことはありません。
自分もかーなーりイライラしていますが、
管理人さんは行方不明ですし、もう絡まない方が吉かと。。

共感してもらえた中こういうのも失礼ですが…
私の意見が正論だとは限りません
人によって思うことは様々です

ただ…自分の思うことに賛同してもらいたいという願望は事実であり
キャラアンチの方々にも少なからず共感できることがあれば幸いだと思っています。

いや「何を言ってもアンチは聞く耳持たないから無駄」って言いたいんですけど・・・

あと自分も勝手なことを言わせてもらうと、
この頭の残念な人に我々が対抗する手段としては
「とことんこの作品の面白かった感想を述べていく」ぐらいしかないと思います。
コイツがいくら自分たちの好きなキャラを否定しようが、
我々を偽善者呼ばわりしようが、どれだけしつこく不快コメントを浴びせようが、
我々ファンにとってこの作品が面白いことにはかわりが無いのですから、
コイツが飽きるまでToLOVEるの好きな所や面白い所を言いまくったほうが
正面から説教するよりも有効なのではないでしょうか。

自分はToLOVEるダークネスは大好きだし、
ヤミちゃんも腹黒さの増すモモもこの過剰とも言えるエロさも大好きです。
ララだけに限らず、ToLOVEるの女の子は皆可愛いと思います。みんな大好きですよ。
ToLOVEるは最高で本当に面白くて大好きだと胸を張って言えます。
偽善者だとか何必死コイツwwwとか笑いたければ好きなだけ笑えばぁ?w

アンチをそれだけだと決めつけるのはよろしくないかと(^_^;)
確かに私のこの平和ボケし過ぎている意見に対し反感を募らせたり嫌悪感を抱いたりすることもあるでしょう。

それと私は別に説教をしているつもりはありません
あくまで、個人の意見として述べたまでです。(多少そのような言い方に感じる部分もあると思いますが…)

従って、秋さんのおっしゃることも考え方の一つとして脳に留め、参考にさせていただきたいと思います。

私もTO loveるが大好きですよ(≧∇≦)
全てのキャラを愛しています。
これからもTO loveるを支えつつ盛り上げていきましょう(^O^)

>カラクリ時計さん
貴方の言いたいことはわかるけどさ、
こういう類の荒らしコメを増長させてるのって貴方みたいな真面目な反応をする人だって知ってる?
真面目に反応すればするほどそれを面白がる人もいるんだよ?
貴方みたいに荒らしに真面目に反応して騒ぐ人も荒らしの一部なんだよ?
ネットの世界では「荒らしは基本スルー」が鉄則なんですよ?
無視しとけばいいのに自分が言いたいのはあーだこーだと長いコメを繰り返して・・・
結局自分の意見を言いたいだけでしょ?
はっきり言ってみっともないを通り越えて迷惑だよ・・・

と、反応する自分も大人気ないですね。
管理人はどこいったんだろ・・・

なるほど…そうでしたか

如何せん私はネットに関して知らないことが多く現実でも他人の返事にはできる限り対応してしまう癖がありまして…

荒らすつもりはありませんでしたが…
不快に感じさせてしまい申し訳ないです。

秋さんと合わせて参考にさせていただきます。次からのコメも感想に限り極力このようなコメは控えますね

多々に渡る長文のコメントすいませんでした。

管理人の冬川様。
罪のないヒロインたちを侮辱するような糞コメントは、全て消去して下さい。
どうかお願いします。

ふぅ…

取り敢えず皆さん落ち着こう…。

皆、ToLOVEる愛ゆえに苦しまねばならぬ…

(キャラ)愛は人(アンチ)を狂わす、故に愛(作品)など要らぬというところか。

皆さん、アンチは華麗にスルーだ!

そうですねカス(アンチ)はスルーですね

あまりにもIPアドレスから判明しまするに、
同一人物からの不愉快なコメントが多いですので、
削除させていただきました。

削除させていただいたのは、
全て同一人物です。
今後もあまりにもひどいものは削除させていただきます。

冬川s
どうもです

>削除させていただいたのは、
>全て同一人物です。

↑やっぱりあの糞コメントを書きやがったのは、同一人物のクズ野郎でしたか。
ありがとうございました、冬川様。 これでこのブログも平和になります。

お疲れさまです。

それにしても…一人何役も…オスカーものですね。

とらぶるのキャラアンチは本当に酷いですね・・・
ムカつきます

3話目で"ダークネス"の意味が出てきました。
状況設定は、地球へ着て比較的平和な日常を送り
自分の心の内が分からなくなっているヤミ。
妹と名乗り元の裏世界へ引き戻そうと画策するメア。
リトくん愛人グループに引き入れようと画策するモモ。
シリアスストーリーと思える内容なのに・・

1話毎の印象はWJのときよりエッチなことが起こる漫画!
今回も・・咥えたの?!入ってない?!という印象です!!
でも違和感は感ません、両先生の巧の技なのかと感心します。
メアはヤミと正反対でえっちぃことに興味津々?姉妹で百合な展開も期待です。

ケダモノになったリトくんに安心しました、彼も一人の男子なんだなと。

このブログも平和になったところで、コメントの続きを書かせていただきます。

主人公リトの黒咲メアへの乳首いじりは、夢の中だからまだセーフ(?)として、
モモさんのリトへのフェ〇チオ行為は、現実で起きた出来事なのですか?
父親のギドがもしこれを見たら……やめとこ。 想像するのが恐ろしい。

最後に黒咲メアのあの妄想。 あれってリトと金色の闇がSE……いや、多分見間違いですね、ウン。

今回の第3話は、本当にもう少しで18禁になりそうなエロさでした。

SQ最後のページを見ると、「仕事の合間に単行本用の作画改修中!」との矢吹先生のコメントが。 頑張って下さい、矢吹先生v-218

↑すみません、名前書き忘れました。

初コメです
ここまでTo LOVEるのことを書いてくださっているブログがあったとは・・・

個人的な感想なのですが、最後から二番目のヤミの画像
リトのアレが入っているように見えるのですが・・・
気のせいですかね?

 いや~いつもこれが限界でしょ。と思っているのに次の話でそれを越えるえっちいシュチュを描く矢吹先生は本当に凄いです!!今回ポスターがメアちゃんの初脱ぎかと思ったらToLOVEる至上一番えっちいことしてるのでびっくりしました!そしてありがたく使わせていただきました(笑)でも他の方も書かれている様にそれだけではなく話も面白いし、ちゃんと最終回の後日談にもなっているので今後もたのしみですね!!
 この回の影響で冬コミにメア本出してくれるサークルさんがあれば嬉しいです(笑)

メアsの同人出てくるようです

リトの
もう出るっ!!
っていうセリフは、
もう風呂からあがる
って意味じゃなくてもしかしたら
あっちが出ちゃうって意味なんj(ry...



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/1113-cbd51c53

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第3話「Each speculation~それぞれの思惑~」の感想

 うひょーっヤミちゃんまで彩南高に転入!?俺感激~(はぁと)と思ったのもつかの間。ヤミちゃんの前に現れしはナナモモと同じクラスの黒咲芽亜だった!ヤミちゃんをお姉ちゃんと呼び慕う芽亜、彼女が使ってみせた能力は紛れもなくトランス!!リトの抹殺の仕事がうまくいく...

第3話 Each speculation

今月もやってきましたToLOVEるダークネスのお時間。 今回も先生は本気すぎです……

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』 第3話感想

昨日はTBやコメ返信とかにかまけていたら6時になってしまい、それから寝て、11時起き。 休日なのに5時間程しか寝てないのは、全てこの漫画の為!(アホ) 前回の記事は、「アキバBlog」さんに紹...

ToLOVEる -とらぶる- ダークネス 第3話「Each speculation ~それぞれの思惑~」ジャンプスクエア 2011年1月号の感想 Part1

ヤミとメアの出会いがバトルに発展しなかったのは少し残念だけど、禍々しいトランス能力を見せつけヤミの心情を刺激している辺り、メアというキャラクターの性質を知るには丁度い ...

ToLOVEる-とらぶる-ダークネス #3「Each speculation -それぞれの思惑-」

全ToLOVEる-とらぶる-、および矢吹健太朗先生ファンの皆様、 ついにトンデモない事が発生しました・・・ まずは画像をご覧ください

ToLOVEる ダークネス 第3話

ジャンプSQ 1月号。 ToLOVEるダークネス第3話。 早速読みました。 今回はえろかったw これまで以上に。 一応巻き込まれてはいるものの、ダークネスはどう見てもラッキースケベじゃないもんねw モモ。...

楽園計画とダークネス計画

深夜のコンビニで買って来たのはジャンプSQの最新号。 ただ雑誌を買う事がこれほど楽しみなのっていつ以来だろう? 今のWJに載っているのは夢も浪漫も残りカスだけ。 ガンガンに至っ ...

ダークネス第3話 待望の芽亜おっぱいを発表します!!

最初から刺激過ぎるポスター!!Σ(´∀`;) 自分の部屋の壁紙として飾りたいの一枚ですww しかし…姿勢のせいか? ヤミちゃんの腹はちょっと大きくない?? タイヤキを食べ過ぎかな??www それとも………

FC2Ad

相続 会社設立