アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

とらダク4話 唯の股間から愛液?モモは覗きながら自慰?これがTo LOVEるスタイル!

ネタバレ注意!





「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第4話が掲載されています、
2011010401
 ジャンプスクエア2011年2月号が近所でもう発売されていました。今回は上記のような付録までついていまして、巻頭カラーであります。
2011010402
 見開き右ページはリトを見つめる古手川…なんともせつない表情がいい感じですね。そうです!第4話は古手川が主役…今回から読まれた方はこの黒髪長髪の娘がヒロインと勘違いされそうな勢いであります。矢吹先生は芸が細かいですよね…

2011010403
 この手袋なんて特に…真面目な古手川だけにこういう小道具が余計に生きてくるんですよね。余談ですが作中では夏なのですが、この見開きカラーだけすごい冬服なんですよね…現実の季節に合わせたのでしょうが。
 さて本編に入りましょう。
2011010404
 ナナが新しく親友になったメアをララ、春菜、古手川、リトに紹介してますね。それに対して二人がリトを「ケダモノ」「ハレンチ」と解説します。考えてみますれば、すでにナナ、古手川ともに全裸は見られるは、おっぱいは揉まれるは、股間に頭は突っ込まれるは…冷静に考えればとんでもない話です。まさに「To LOVEる」満載といったところ…
2011010405
!?
 しかしメアの大胆発言…!この娘もハーレム肯定派なんですかね…ララ、モモに続いて…やはり宇宙人は一味ちがいます。ますますリトの精力が心配になってきましたが。
2011010406
 今回もララは決してそんなに出番多くないのですが、またまたお姉さんの雰囲気のララ…何度も書いてますけど「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」になってからララのお姉さん描写多いですよね。ララの新たな魅力を発見している気がします。…ララファンの感想ですが。
2011010407
 かと思うと、こういう着ぐるみショーを見にいったりする無邪気さもララの魅力なんですよね。ララは本当に理想の女の子です。ちなみにマジカルキョーコは特撮ですので、こういう着ぐるみショーがあるんでしょうね。
2011010408
アニメのプリキュアでもこういう着ぐるみショーありますけど。
2011010409
閑話休題。ララ+ナナ+セリーヌはマジカルキョーコ着ぐるみショー見物、モモは怪しげな企みで、美柑は父親の仕事場の掃除ということで、リトと古手川が二人っきりで下校することに…なんというエロゲー的展開…!やはり全銀河の帝王になる男はすごいですね。
2011010410
 下校中通った公園で少し前のことを思い出す二人…原作107話であり、「もっと To LOVEる」の1話にも使用されましたね。
9609
その時はリトは古手川を押し倒してます。あわや18禁になるところでした。

参考:トラブル107 リトまさかの暴走?古手川まさかの処女喪失?リト争奪戦に参戦?

そんな二人にモモがハーレム計画推進のためにいろいろ仕掛けて、
2011010412
+
2011010414
 服がびしょぬれの状態で誰もいない結城家に二人を送り込むのであります。ああ…エロゲーならばこの後の展開たりまするや自明といったところ…しかし矢吹先生は我々読者の期待を露ほども裏切ることはないのであります。すごいですよ…
2011010413
まずはシャワーを浴びるために服を脱ぐ古手川…うーむ、色っぽい…
2011010415
パンツをずり下げる古手川…うーむ、エロい…
2011010416
 そして問題の箇所です。股間から何かの液体が垂れているように思うのですが…うーむ、これはやはり…すでにエロマンガに頻出する用語であるところの「洪水」状態ということですかね…矢吹先生は相変わらずやってくれます。
2011010417
その後、リトの手のぬくもりを思い出しながら股間を慰めて…ではないですよ。(下品)
その後シャワーを浴びて着替えた古手川…
2011010418
!?
 うーむ、裸Yシャツですって…!裸エプロンと双璧を成すといわれるエロの定番ではありませんか。裸エプロンもいいのですが、裸Yシャツには裸Yシャツの良さがあるんですよね。胸元もいいのですが、下半身部分が見えそうで見えない…また女の子が隠そうとする仕草が余計に興奮を誘うわけです。
 矢吹先生+長谷見先生のお二人は男心をよくわかってますね。
2011010419
 ちなみにモモがやっぱり絡んでます。外が豪雨であることも、リトが用意した着替えのジャージがYシャツになっていることも…モモはまさに「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」の申し子ですね。週刊ジャンプ時代はその真価が発揮できなかったのでしょうね…
2011010420
 そしてお約束展開でリトが古手川を押し倒しましたよ…やっぱり…いつもの「ハレンチな!」かと思いきや…
2011010421
 そ、そんな…古手川もすっかり乗り気じゃありませんか…いくらジャンプスクエアとはいえ、これ以上やってしまうと大変なことになるのではないかと思っていましたら…
2011010422
覗いていたモモが大変なことになってます。モモの右手が股間に…
2011010423
 汁まで垂れてますよ…!モモは以前にもリトが変化したペケが、ララを締め付けてるのを見ながら自慰行為をしていた疑惑がありましたが…
7483

参考:トラブル153 ペケになったリト暴走!ララはエロ下着!春菜はバニー!唯は女体盛り!

妙にマニアックな性癖の持ち主ですね。この手のマンガの美少女とは思えません…
2011010424
 この絵だけ見ると何が何やら…よだれまで垂らして、とんでもない状態です。今頃下半身も大洪水状態に…(下品)エロマンガだと途中から3Pになったりするわけですよ。(しつこい)
2011010425
 ところがどっこい最後までいかないのがリトの理性のすごさ…しかも古手川の好感度をさらにあげるとは…「急いては事をし損じる」 とはこのこと…まあ普通は我慢できませんが。
2011010426
 そこに帰ってきたララ+ナナ+美柑+セリーヌ…やっぱりそのまま最後までいかなくて良かった良かった。いっていたら壮絶な修羅場に…特に美柑は激怒しそうな気がしますね。このままいつものドタバタで終わるのかと思いきや、
2011010427
 最後に敵の大将がシルエットで出てきましたね。しかも謎の「銀河からの客人」とは…まとめてみましょう。これで敵は最低3人いるわけです。

シルエットの人(メア曰く主)
メア
「銀河からの客人」

 しかも今回(4話)は古手川を主役にした本筋とは離れたお話でした。そういうお話を挟む余裕もあるということです。ということは…流石に全2巻の可能性は今回でほぼ消滅したと申し上げていいのではありますまいか?
 先日の冬コミで、どれくらい「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」が続くかいろんな人にお話を伺いましたが、全2巻説から、全8巻説までいろいろありました。これでこの「銀河からの客人」が12神将くらいいれば、全20巻くらい行ってくれそうなのですが。ああ…いつまでも続いてほしいです。

追記1:今回メアが使用したこの武器…
2011010428
『コブラ』のサイコガン思い出しました。野沢那智さんのご冥福をお祈りします。

追記2:今月号の後書き、
2011010429
 「自分たちのスタイル」…あの愚かな某条例に負けずに立ち向かおうとするその姿勢に、心よりの賛辞と共感を抱く所存です。全く内容は自粛してなかったですね。美柑の乳首が単行本で消えることがありませんように…「われわれはその姿勢を心から応援するものです」

他ブログ様の記事

ダークネス第4話 唯たまの爆弾告白キターーー!!(風の詩と剣の言葉 日本分部様)

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 02月号 -古手川祭り開催-
(E.M.D.2nd様)

ジャンプS.Q2月号の「To LOVEる ダークネス」第4話は唯たん濡れ濡れ回
(徒然なる一日様)

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第4話「Exciting squall~騒動は突然に~」の感想
(新さくら日記様)



↑押してくださったあなた様は神様です。





コメント

最後に登場した黒咲メアのマスターは、長髪のシリアスキャラっぽいですね。
『BLACK CAT』のクリードみたいな奴でしょうかね?

来月号もセンターカラーって、これで「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」は5号連続でカラーということに。
これって凄いことですよね? やっぱり「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」は超人気漫画なんですね。

最後に、矢吹健太郎先生の描き下ろしサイン色紙が当選した人、うらやましい。

相変わらずリトの聖人ぶりが凄い。
カラーページのある号がずっと続くのも嬉しいですね。

交互にやっていくような気がするので
今回はハーレム計画絡みで、
次はダークネス計画絡みになると思います。

岡山でも、何故か今日、発売してました。
あるサイトで昨年末、今回の唯のお色気シーンを見た時から、3話までの話の流れからして、(何故(そのサイトの)記事中の画像の様な事が…?)と思って気になっていましたが、今日で解決しました。
次は春菜と、今回みたいな事になってくれないかなぁと思いました。

ToLoveる時代は主役回の度にツンから徐々にデレ化してきた唯が自分から言葉を掛けて誘惑するまでになるとは
・・時の流れを感じてしまいます。

モモは背徳感がアドレナの花のような物みたいですね、
困った性癖です(読者的には良い性癖?)3Pとかの方が燃えるのでは?

モモの張ったバリアは昔のロボアニメの基地のバリアを連想してしまいました。

まさに唯の独壇場ですね。
前を隠しているコマは18巻のヤミの鉛筆画とそっくりですね。お気に入りなんでしょうか?

メアの言うことはたしかに正論ですね。

もう4日になるとコンビニとかでも売ってましたね。おそらく週刊と一緒に出しちゃえって事なんでしょう
私はメアのあれはロッ◯バスターに見えましたww

ストーリーはBLACK CATを思い出しました。
キャラの割り当ては、マスター→クリード。銀河の客人→星の使途。メア→霧崎恭子。こんな感じなら幹部クラス(シキさんマロさん?)の相手が現れない限り続くと思います。
この回では無印からの唯ファンへある程度応えた事になるので、登場機会のバランスも取れたと思います。

今回もモモちゃんの存在感は格別のものがありました。
・二人の恋路を見守り後押しする天使のよう
・2度もよだれを垂らすマニアックな性癖も個性が活きてgood
・ゲーム製作の技術を覚えてて即興でCGを作れる
・地球のノートパソコン型になると思われる王家仕様の端末が可愛い

マスターはティアーユじゃないですかね?

これはBLACK CAT②ですか?

最後のやつDTBの蘇芳じゃん

……ハレンチな!
全く持ってけしからん、現物を押さえなくては!

しかしSQ本誌は増えると結構場所取るし重たいな。
ダークネスの連載はなるべく続けば良いなぁー。

唯はいいキャラしてるわ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ダークネス終わってとらぶる②やればいい

メアの武器、Xバスターにも思えたわw

矢吹先生なら愚かな某条例に屈しはしないはず!

それにしても芽亜のトランスって凄くないですかwさすがは第二世代?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

メアの武器はトランスでつくったんでしょうかね?

なんか精神接続も可能みたいだし、第一世代と第二世代じゃ性能にかなり差があるのかな

なんかターミネーターみたいだWWW

ああ、裸ワイシャツ…漢の浪漫ですよね!!

来週はバトルなるのか?
嫌だな・・・・
エロ&ギャクバトル方がいいけどw

完全に契りを結びに入っていますねw
しかしこれからの展開を考えると古手川の出番はめっきり少なくなりそうな気がしますね・・・
そう考えるとすごくせつない・・・カントリーロードを見終えた直後みたいな感じがします
ハッ!・・・ついつい賢者モードに入ってしまった

唯の主役回は、あってほしいところだったのでよかったと思います
これで、唯ファンの人もダークネスに清き一票を入れてくれることでしょう!

僕はこのToloveるダークネスは当分終わることはないと思います!!

今月も無事にいつも通りで一安心。
矢吹先生及び集英社を心から応援したくなりますね。

それにしてもこれはw
http://zeark969.blog38.fc2.com/blog-entry-2105.html

>マスターはティアーユじゃないですかね?
↑確かに、その可能性も…。


ティアーユさんいい人説だったらいいな
そうすればバトルする必要もないしメアsもハーレム計画加えるし

ああ・・・ナナとララは微笑ましいですね。
大人っぽくちょっとおかしいモモとは対照的なナナの子供っぽく、普通の女の子っていう感じの可愛さが僕は好きですね。

ああ・・・ナナとララは微笑ましいですね。
大人っぽくちょっとおかしいモモとは対照的なナナの子供っぽく、普通の女の子っていう感じの可愛さが僕は好きです。

遅くなりましたが今回はなんだか無印とらぶるっぽい話でした!この話を題材に唯本がけっこう出るかも知れませんね。ちょっと期待してます(汗)
それと次号のワンピースお風呂ポスター、矢吹先生のナミめっちゃかわいいです!!欲しいですけど当たるといいなぁ(泣)

 考察にありましたメアの「何がダメなの?(以下略)」は遠回しに例の条例に対するあてつけに聞こえたのは私だけでしょうか(笑)

今更ながら思いましたが、一コマでもいいから唯のシャワーシーンが見たかったですね。(旧作も含めて唯のシャワーシーンって一度もない気が…)
それから、マンガ版「迷い猫オーバーラン!」第4話でも思いましたが温まるなら、シャワーより風呂だと思います。

>まずはシャワーを浴びるために服を脱ぐ古手川…

上記の文章のすぐ上の画像の、唯曰く「下着までグショグショ…」の状態であるにも関わらず、「迷い猫」の文乃と違って、よく見ると透け乳首になってませんね。
夏服の違い(ベスト着用かそうでないか)か、ブラの材質が異なるのか…。
それと今更ながら思いましたが、上記の台詞のコマの唯と、記事中の画像にはありませんが、リトに呼ばれて唯が、「は・はいっ」と答えた時に揺れた、おっぱいがエロくてたまりませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/1131-2ae2cc94

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第4話「Exciting squall~騒動は突然に~」の感想

 横顔ならずっと見つめていられるのに-。  唯、古手川唯。リトのクラスメイトで、風紀委員で、よくプールや南の島へ一緒に遊びに行く女友達。いつもハレンチなリトは怒られてばかりだけど、バレンタインにチョコをもらったりもするそんな仲。ホントはリトのことを意...

ToLOVEる -とらぶる- ダークネス 第4話「Exciting squall ~騒動は突然に~」ジャンプスクエア 2011年2月号の感想 Part1

ToLOVEるで1番好きなキャラは唯。その唯のエピソードがこれほど早く掲載されるとは、ダークネスではエピソードすら作られないサブキャラで終わると思っていただけに嬉しい第4話。壁 ...

部屋とYシャツとメインヒロイン

ToLOVEるダークネス第4話は、当然の巻頭カラー。 出版業界におけるジャンプSQの無双が止まらない!! さて、今月の話の前にまずは3話までを振り返ってみましょう。 第1話では、楽園計画 ...

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』 第4話感想

待望の第1巻&公式データブック「ぱ~ふぇくとらぶる!」(仮) 3月4日発売決定!!! 全話解説や全ヒロインプロフィール、描き下ろしカットなどを収録だそうですよ、お父さん。 4月にはアニメ版のイラ...

第4話 Exciting squall~騒動は突然に~

新年明けて一発目のダークネスレビューをはじめるよ~ やはり人気が凄まじいのか今回も、 カラー扉絵でございます。 この扉絵からもわかるように今回は唯ちゃん無双の回なのですが、

第4話「Exciting squall ~騒動は突然に~」唯とリトの心は離れては近づき、やがて…

まずは… あけましておめでとうございます! 今年はダークネスが飛躍を遂げる年になりそうです。 今年も連載の感想を中心に書いていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 ...

ダークネス第4話 唯たまの爆弾告白キターーー!!

一月一度の時間は来ました!! 結構遅かったじゃないか!? まあまあ細かいことを気にするな、www 今回のカラーはすごくいい感じがする、 素直できない少女の恋心をすごく表現しましたね!! ……というわけで、今回は唯たまのターンだ!!

FC2Ad

相続 会社設立