アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

『とらぶる公式データブック』は「猫缶! 」と同じ840円のようです!期待大ですね…

 3/4発売の『とらぶる公式データブック ぱ~ふぇくとらぶる!』ですが、ついに値段まで明らかになりましたね。
2011012702
+
2011012703
うーむ、840円ですか…くしくも同じ値段のものがあります。


 「迷い猫オーバーラン!キャラナビブック 猫缶! 」が全く同じ値段なのですね。同書は190ページで通常単行本と同じ大きさでした。また購入された方はご存知のとおり、

各キャラ解説

番外編漫画

松智洋先生と矢吹健太郎先生の対談

ラフスケッチ等

アニメ版の絵

声優さん対談

アニメ版の設定資料集

矢吹先生書き下ろし絵

書き下ろし短編小説

ピンナップ、ステッカーシール

 という感じの内容でした。非常に豊富内容でして、840円とは思えなかったです。『とらぶる公式データブック ぱ~ふぇくとらぶる!』も劣らない内容であることを祈りたいですね。超大物漫画家先生と矢吹先生+長谷見先生の対談も気になります。先日の記事に対するコメントで、鳥山先生や冨樫先生の声も多かったですね。各キャラの3サイズも楽しみです。
5214
 余談ですが表紙はどうなるのでしょう?ヤミちゃん+モモ+メア+ナナという感じになるんですかね…

参考:新刊案内 | 集英社マンガネット s-manga.net

おまけの最近気になったニュース

こち亀の名台詞といえば「こりゃ脱穀機とあらそうな!」だよね(VIPワイドガイド様)

スフィアのライブ写真集「Sphere is Ring」が3月発売(にゅーあきばどっとこむ様)

拘束少女絵巻 -個人的には「美しい」より「エロイ」かな-(E.M.D.2nd様)




↑押してくださったあなた様は神様です。



コメント

アニメ版イラストは4月に別途で出るようですので今回は
載らないですね。
さらにスクエアに「To LOVEるの全話解説」と書いてありました。
全話というとTo LOVEる全162エピソードってことですよね?
それに加えキャラ解説・大物漫画家との対談・たくさんの描き下ろし
これで840円は超お得ですね!!
表紙はやはりデータブックですから・・・
表紙と裏表紙でつながる全員集合がいいですね!

表紙がヤミモモとかありえません!
To LOVEるの公式データブックなのにダークネスが出張るとか・・・
なので、ララ春菜ヤミとかララヤミとかか、ガールズトークや18巻みたいな感じになるんじゃないかと思いますね~

しかし840円、猫缶レベル・・・
キャラ数も話のボリュームも違うのに同じだと、内容が薄くなってないか心配です><
でも、ファンが納得する出来になっている事に期待です!

個人的には各キャラのスリーサイズが載れば願ったり叶ったりですw

流石のモモ様もダークネスの外ではひとりのキャラなので従来どおりララの目だつ表紙でしょうか。単行本サイズなら収集しやすいし、構成も猫缶を参考にすると番外編も対談も読めてうれしいですね。
単行本サイズで全話解説はとても無理そうですよね、1話にたったの4分の1ページ当てても40ページ使って、残る項目の10個を150ページに当てると1項目は15ページしか使えないなら、単行本持ってる人相手にいまさら解説も要らないように思いますね。

>各キャラの3サイズも楽しみです。
>個人的には各キャラのスリーサイズが載れば願ったり叶ったりですw

個人的には、超大物漫画家先生と矢吹&長谷見先生との対談より、3サイズ(当然、女子キャラ限定で)を初めとした各キャラの、詳細なプロフィールの方が楽しみです。(あくまで掲載されればの話ですが「猫缶!」の前例があるので期待してしまいます)

楽しみすぎる…!

横浜のアニメイトでモー牛sのSQへのメッセージがあってワロタwww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/1143-dee1bf33

FC2Ad

相続 会社設立