アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

とらダク9話 美少女アイド「ルン」がパ○ズリ+指○ン!さらに衝撃の展開が!

ネタバレ注意!


 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第9話が掲載されています、ジャンプスクエア2011年8月号が近所でもう発売されていました。
9820
今月はもちろんルン主役…!
9805
 前回最後に結城家を訪ねてきたルン…!果たしてルンの運命たるやどうなりましょうか?ようやくまともなルン主役回…!考えてみますれば最後のルン主役回は2009年06月29日掲載の旧作トラブル154 「恋心アイドル」でしたので、
ほぼ2年ぶりですか…歳月の流れのなんと早いことでしょうか…!
9821
!?
 ルンがリトとデートとは…!なんとモモが間に入り2人のデートを実現させた模様です。それにしても旧作トラブル154 「恋心アイドル」でも書きましたがこの世界の芸能マスコミはどうなってルンですかね…写真週刊誌のトップ記事確定だと思うのですが…元恋人と撮影した1枚のプリクラが生死を分ける世界だと思うのですが…
9822
 ところがどっこい!この手のラブコメの定石として監視役が多数ついてきております。モモは当然としましてヤミちゃん+メア+ナナまで…これだけの美少女が一同に会しますれば大騒ぎになると思うのですが。それにしてもナナも順調にデレてきてますね。古手川とはちがうツンデレです。
閑話休題。ここでモモの妄想が炸裂します。
9823
 パ○ズリですって…!一瞬本当にビックリしましたが、よく見るとルンがおっぱいで挟んでいるのは、
9824
 石鹸ですよ…なんでおっぱいに石鹸挟むのかは永遠の謎になりそうですが。流石は矢吹先生…やることがちがいますね。アイドルとお風呂でパ○ズリ…これこそ男子の憧れ…!ちなみにルンは現在マンション暮らしのようですね。
9825
 考えてみれば旧作トラブル85「お遊戯しましょ♪」で出てきたこんな宇宙船から通勤やら通学たいへんですものね…
9826
 さてファミレスでリトとルンがお話している最中に天条院トリオが来たりして騒ぎになったりしつつ…(余談ですがリトはころんで凛のおっぱい揉んでました。全く油断も隙もない男です)
9827
 その後2人で夕日を見ながらルンの母星…メモルゼ星についてルンが解説してくれます。なんと…そんな真面目なSF設定があったとは…!結構ルンも苦労してるんですね。恵まれた地球の環境の良さに我々は感謝しなければならないでしょう。それにしても夜が無いとは…余談ですが地球上の砂漠は、毎年600万ヘクタールの規模で拡大を続けているらしいですよ。
9828
 その後アイドルの苦労話などをしているうちに2人がいい雰囲気に…ここでモモの妄想が炸裂します。(2回目)
9829
 それにしてもこの作品の妄想の中のリトはこのパンツの脱がせ方好きですね…5話もこんな感じでした。
(下記は美柑の妄想です)
9627
さらに舞台は変わって夜の公園に…
9830
 ここで純粋なルンの想いが炸裂します。周知のとおり地球ではルンはくしゃみのたびに男のレンに変わってしまうのでリトの恋愛対象にならないと泣くルン…ルンって本当にいい娘ですね。あらためて惚れ直しましたね。本当にこの作品に登場する美少女は心の清らかな娘ばかりですよね。この場面は本当に感動しました。しかしここでモモの妄想が炸裂します。(3回目)
9831
最後が一番すごかったですね。これ…明らかにルンの○○○に指が入ってますよね。
9832
 ルンの○○○も濡れ濡れです。(下品)下の方にルンのパンツがあるのですが、パンツにも染みが確認できます。それにしてもパンツを足にかけたままで指を入れるとは…リトもわかってます。このほうがエロいんですよね。全部脱がさないのがすばらしいです。
!?
9833
 その後いろいろあって、ルンとレンが分離したですって…!うーむ、エロ展開の後に驚天動地の展開が待っていました。
9834
 なるほど…ルンについて昔から思っていました疑問が氷解しましたね。結婚妊娠出産はどうなるのかなど…いろいろありましたからね。そして前述のメモルゼ星の過酷な環境を合わせて考えてみればいいでしょう。つまり1人分の水や食糧で、2人を育てられるわけです。これはメモルゼ星の過酷な環境に適応する上での進化だったわけです。余談ですが実際に性別が変わる生物は地球にもいるんですよ。

参考:海の生命ー海の生き物の不思議

何はともあれ、
9836
 めでたしめでたし…これでルンもリトのハーレムに入れるようです。「立派なアイドル」とリトのハーレム入りの両立は困難だと思うのですが…今回は本当にルンの魅力がいっぱいの素晴らしいお話でしたね。ルンファンの男性の方は久々に気持ちよくスッキリできたと思います。

追記:今回ララは本編では1コマの出番でしたね…
9837
 見開き表紙が素晴らしすぎますが。乳首が立ってるのがまたいいんですよね。私くらいのララ好きになりますと、この絵だけでもスッキリできます。

他ブログ様の記事

ジャンプ SQ. (スクエア) 2011年 08月号 - ToLOVEるダークネスは今月号も絶好調 -(E.M.D.2nd様)

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第9話「Metamorphose~変わり行く時…~」の感想(新さくら日記様)



↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

クロススクエアのイラスト紹介もお願いします!!

ヤミの「今夜は赤飯ですね」に吹いた。

はっきり言えることは、これでレンの存在意義が0になったことだ…。

レンはもうこの漫画には不要だな

まさかと思いましたが、石鹸でしたか…ww
もうすぐ単行本2巻も発売ですね!楽しみです!

エロコマよりも、ルンが涙してるシーンが個人的には一番ですかね・・・モモやメアがちょっとビ◯チ気味な分、こういう純情っぽそうなのはとても新鮮かつ良く見えますねww
あとレンはもう葬式状態だと言われてますけど
ルンと表裏一体(=、この漫画の性質上女の子であるルンの状態を増やす必要があり出番がなくなる)という制限が解けたので逆に今後はちょくちょく出てくるのでは?

よかったですねー、レン。
自由になれてw

妄想とはいえ、To LOVEるでキスシーンが描かれたのは、今回が初めてじゃないですか?

塗り職人:
http://livedoor.blogimg.jp/peach_soku4/imgs/9/e/9e17b91d.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/peach_soku4/imgs/0/3/034e0c60.jpg

一年生ズがいい味出していますね。
妄想全開のモモ,反応するナナとヤミ,無関心風なヤミ
レンは男の娘状態だが・・お別れかと思うと切ないです。

御門先生の踏み込んだ話も観たいけど難しいかな・・

ヤミに「赤飯ですね」の意味を問い詰めてみたいです。

相変らず下品な漫画だな
成年誌でやれよと

モモがパンツ脱がされてるのはモモの妄想ではなく美柑のモモのですよ?

↑美柑の妄想の間違いです

ええぞ~!ええぞ~!!

モモの妄想ではなく美柑の妄想でした。
修正しておきました。

SQになってより過激になったと思ってたけどそういえばSQって少年誌じゃないんですよね。月刊ジャンプといれかわる形で創刊されたから間違いやすいけど

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

単行本のほうではミカンがしおふいてんな

ルンのひたむきな想いの心打たれました。今回でルンがもっと好きになりました。

それにしても、矢吹先生・・・あなたに「限界」という2文字はないのかwww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

3巻が楽しみだ

>>FATE
それに関しては無印2巻の作者コメを見ればw

ルンに惚れなおしました!

ここ最近妹組の表紙が多かったですから、
ララや春菜や古手川、ルンのカラーがとても新鮮でよかったです。

でもやっぱり、今回はモモの妄想とナナのリトへのデレを確認できたのが
一番よかったです。(基本僕は妹組派です!)

石鹸ww 俺が勝手に思ってるだけですけど矢吹先生のやることって須田剛一氏っぽいところがあるように思っちゃうんだよねw 謎過ぎなとこが

美柑の中の人のことを持ち出すのはやめあらw

なんと言うか・・・ダークネスになってから絵がエロくなったというよりはエロゲっぽくなったように見えますね。
表紙のとき、あまりにも胸にフィットしすぎだと思います。
無印の頃から胸を強調した画風でしたが、今回の表紙ほどのときってありましたっけ?
早く終われとかは言わないけどなんか・・・ね・・・。

モモ様はダークネスなってから
かなりいやらしいお姉さんになってきましたね
こんな姉が欲しいな・・・
とらぶるの女性キャラの皆さんはみんな姉キャラが合いますね

>なんでおっぱいに石鹸挟むのかは永遠の謎になりそうですが。

石鹸で胸の谷間を泡立たせる事により、パ〇ズリした時の滑りを、よくする為ではないでしょうか?(下品)

 いや~凄かったですね(笑)皆さんが書いているように私もルンに惚れました!妄想とはいえTLでは初のリトのキスシーン(しかもララや春奈ではないのがポイント)もあってでもルンの心情描写も上手く描かれていて、えっちいのとお話とで2倍楽しめる回でした!(毎回そうですが)あと21P目のナナを見て微笑む?モモがめっちゃ可愛かったです。
最後に「私くらいのララ好きになりますと、この絵だけでもスッキリできます。」まったく同感です(笑)

>ちなみにルンは現在マンション暮らしのようですね。

最初は、ルンとレンに別れてからも旧作85話で出てきた、自宅兼宇宙船で2人で暮らしているのかという、疑問を書きこもうとしたら、上記の記事中の一文で解決しました。
アイドルというルンの立場上、レンが自宅兼宇宙船で暮らさないといけないですね。
一緒に暮らしているとアイドルの自宅マンションに、男が出入りしていると勘違いされて、芸能マスコミや写真週刊誌の格好の餌食になりかねませんからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/1231-520819c1

今月のToLOVEるダークネス#9:おめでとう!ルンちゃんがついにオンナになったよ!

ジャンプSQ買ってきたぞおおおおおおお!!!! 早速9話のレビュー開始じゃああああああ!!!! ※ネタバレ注意

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第9話「Metamorphose~変わり行く時…~」の感想

 前回はルンが結城家の前まで来たところで終わっていましたが、今回はなんとリトとルンがデートしているところから始まっているじゃありませんか!もちろんお約束のえっちぃトラブルが起きつつも、色々な話をしているうちにいい雰囲気になるんですね。ところがルンがまた...

古手川さんは今月も猫大好き

ないしょのつぼみ展開

ToLOVEる -とらぶる- ダークネス 第9話「Metamorphose ~変わり行く時・・・~」ジャンプスクエア 2011年8月号の感想 Part1

今回のToLOVEるはルンちゃんのエピソード。ルンのエピソードはわりとコメディーチックな内容が多いので、さて今回はどんなToLOVEるが待ち構えているのか、気になる所であります。が、 ...

第9話 Metamorphose~変わり行く時…~

今月もダークネスのレビューを始めるよ~ もう当たり前のようになってますが扉絵は、 珍しくToLoveるヒロイン勢集合。 ララの不意打ちポニテに引き寄せられながらも目を凝らしてみると…… え~っと、確認できる限りでは唯ちゃんとララの二人だけですがもしかしてノ...

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』 第9話感想

ルンのお話。 そんな巻頭カラー47ページ!!!

FC2Ad

相続 会社設立