アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

ついに判明!「To LOVEる -とらぶる-」単行本8巻表紙は初カラーの御門先生!

 「To LOVEる -とらぶる-」単行本8巻表紙が誰になるか、弊ブログではアンケートを実施しました。多数のご応募をいただき、本当にありがとうございました。詳細はこちらこちらを御覧ください。  その時の皆様の投票結果は

お静ちゃん---105票

御門先生-----102票

 という結果でした。単行本8巻表紙はお静ちゃんという意見が多数でした。  そしてついに単行本8巻表紙が判明しました!集英社BOOK NAVIによると↓

 2764

 御門先生でした。うーむ、このブログの読者諸賢の予想はもろくも外れてしまいました。残念無念…
 ところで、御門先生のカラーは意外にも今回がはじめてであります。ララ以上に豊満なおっぱいが目を引きますが、私が今回注目していたのは髪の色でした。

2765

 明るい茶髪…という感じでしょうか?このブログの読者諸賢は御門先生の髪の色をどのように予想しておられたでしょうか?私は勝手に、

 2766

 こんな感じの髪の色と想像していました。(このCGが何のエロゲーかわかった人はすごいです)少し予想とちがいましたが、これはこれでいいと思います。

追記:TVアニメ版は、原作に比べてより赤味が強いようです。

2767

参考:メガミマガジン2008年4月号でTVアニメ版「とらぶる」、天条院、ルン、御門先生の設定資料が公開!

 

↑押してくださったあなた様は神様です。

 

コメント

御門先生でしたか、冬川さんまた大当たりですね!
…ちょっと悔しいですけどww
自分は御門先生は大人の女性って感じで黒髪のイメージがあったんですが、明るい茶髪に、赤みがかった髪…自分の中で御門先生の妄想年齢が-5歳はされましたよ。
表紙を飾ったし、これからもっとエロトラブルに巻き込まれるのを期待したいですww

やはり綺麗な黒髪がいいですよ。
ちょっと、赤い髪はイメージが崩れますね。色っぽさが落ちる感じがしますね。

>モー牛さま

いやー、ルンの時に続いて2回連続で私の予想が的中しましたね。良かったです。
それにしても、確かに赤毛は若く見えますね。個人的には御門先生はあのムチムチした体からすると、28-29歳くらいと思うのですが…
あのくらいの年の女性のムチムチした体も、味があっていいものですよ。
最近出番も増えてきましたね。

>daichiさま

真面目に考えますと、赤毛のキャラが他にいないので、あの色にしたんですかね…
もう少し落ち着いた色でもいいように思えますが…

コミックスレイアウト担当ちょっと来い(^ω^;)

胸が大きすぎるのはいい。
しかし人物全体が大きすぎるだろ…。
ロゴに隠れて頭半分見えねーじゃねーか…orz

ちょっと愚痴らせていただきました。すみません…( ̄3 ̄)

>シーカーさま

なるほどなるほど、流石は素晴らしい絵を描いておられるシーカーさまですね。なかなか痛烈なご指摘です。
なかなかレイアウトというのも難しいものですよね。
それにしても、私はおっぱいにばかり目がいっていました。

シーカーさんのコメント読ませてもらいましたが、
…よくよく見ると確かにデカいですね。自分もおっぱいばっかり見てましたww
7巻と8巻の発売の間に何かあったんですかね?湯煙の担当さんは7巻発売前からいますからさすがに関係ないでしょうけど…

>モー牛さま

まあ、あまり深く考えてレイアウトしてないと思いますが…
次回以降もう少し気をつけてほしいものであります。
ちなみに上のエロゲーは、
http://www.studio-ego.co.jp/ego/game/twr/moe.html

のキャラでした。

>モー牛様、冬川様
んーと多分ですね、単行本の編集作業はホーム社の方がやられておられるのではないかと。
普段の雑誌連載の編集は勿論集英社で内田さんが担当だと思いますし、
その他諸々の雑役もこの方がしておられるでしょうし、
必要な画や修正作業は勿論、矢吹先生と長谷見先生の仕事です。

ただ、それらから単行本化にする編集作業だけは、
集英社は外部に委託している形になっているようで、
JCだとホーム社です(他に集英社の他部門では創美社とか)。
奥付に書いてあります。あくまで推測ですが。
ただ、担当の内田氏がノータッチノーチェック、とゆー体制はちょっと考え難いですがね。

>シーカー様
なるほどそういう感じでしたか、教えていただきありがとうございます。
だとすると、結構担当のお仕事は苦労しそうですね…特に内田さんは若い人みたいですし。

>シーカーさま
>モー牛さま

なるほど、単行本奥付のホーム社さんは、
そういうことをしておられますか…
確かに普段の編集作業に加えて単行本もでは、
ちと大変すぎますものね。

いやいや、本当に勉強になりました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/283-6c57b7b8

FC2Ad

相続 会社設立