アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

「To LOVEる -とらぶる-」イベントin東京国際アニメフェア 2008詳細レポート(イベント編)

 2008年3月29日開催の東京国際アニメフェア 2008-avex特設サイト-において, 我等が「To LOVEる -とらぶる-」のイベントが開催されました。私は残念ながら行けなかったのですが、このブログによくコメントをくださるモー牛さんが、詳細なレポートをしてくださいました。
 以下に全文を掲載させていただきます。いよいよ待望の「To LOVEる -とらぶる-」ステージイベント編です。(基本的に原文のママです。ただ文字の色付け、太字化は当方がさせていただきました。)
3218

To LOVEるステージイベント

 To LOVEるステージは、芸人の方二人の司会で進行しました。
 ステージの音楽は、To LOVEるのオープニングがずっと流れていました。
 最初にTo LOVEるの簡単な説明をされて、その後渡辺明乃さん、戸松遥さん、矢作紗友里さんがステージにやってきました。
3211

 声優さんから一言ずついただいた後の最初の質問は、もし自分が男の子だったら誰と付き合いたいかというもので、明乃さんは、「リトは実際芝居でやってるとそんな元気ないんですよ。誰がいいのと言われたら誰も寄らないでください、そっとしておいてください」と言っていましたww

 戸松さんは、「自分が元気な役を演じているので、男だったら春菜ちゃんみたいな大和撫子みたいな女の子がいい」と言っていました。どうやって口説きますかと聞かれて、「俺の嫁になれ」と言ってましたww
 矢作さんは、戸松さんに言われたからか「え~っと、じゃあ、ララ?」と言っていました。口説き方は、「結構好きだ好きだ言ってくれてるので、俺も好きだ」と。「直球勝負です!」と言っていました。
3212

 次の質問は、アフレコ現場は女性ばっかりだけど雰囲気はどうなのかというもので、「そんなにキャンキャンしてないですよ」と。というのも、スタジオがオーケストラがとれるくらい広いそうで、会話も隣近所の人ぐらいしか出来ないし、マイクの移動で小走りすることもあるそうです。
 そんな現場のキャピキャピ担当は戸松さんと美柑役の花澤さんで、戸松さんは「私の場合は悪い意味で落ち着きがないってことなんですけど(笑)」と言っていましたが、明乃さんは「そんな事ないよ、ムードーメーカーだもん」と言っていました。
3213

 そこから話題が、「(現場で)一番天然って誰ですか?」となり、満場一致で美柑役の花澤さんに。動き、スピードが天然っぽいそうです。花澤さんは戸松さん曰く「可愛いんです、可愛いんですけど、なんかこう自分の世界がホワワンとしてる」で、矢作さん曰く「香菜ちゃんの周りだけ、お花が散ってる?可愛いんですよ」だそうで。
 次は「ここにいらっしゃってないメンバーはどうなんですか?」という質問で、沙姫役の川澄さんは、明乃さん曰く「川澄さん、綾姉は僕と一緒で、出ると大至急しゃべりまくるので、役が。結構同じ苦しみなんだろうな。同じテンションのままワーって喋っててお姉さんも大変だな~」と言っていました。
 次はステージの裏でコスプレしてるお姉さまがショッピングバッグを配っているという話で、みんなもらいました?と観客席に聞いてきたので、数名がバッグを上に掲げたようで(自分も掲げたので正面はあまり見えなかったもので)、戸松さんと矢作さんがそれを「かわいい~!」と言っていたっぽいです。(ちなみに司会の方が「何個もらってるの(笑)」と突っ込んでいたのですが、どうやら都合4つもらったバッグ全てを頭上に掲げた自分の事っぽいですww見える範囲じゃ他にいませんでしたので。)
3214

 次はアフレコ現場でもそうじゃなくても、何かトラブルありますか?という質問で、明乃さんは、家に何故か昨日までなかったセンサーライトが設置されてたり、昨日までなかったポストが設置されてるというトラブルがあったそうです。嬉しいトラブルだと言ってました。
 戸松さんは、タンクのトラブルで、お風呂で頭を洗ってる最中にシャワーのお湯が水になったそうで。少しずつ冷たくなってきたので「風邪引いちゃう~」「水になる前に流さなきゃ~」とやっていたそうで、司会の方に「冷静に止めてみるという選択肢はなかったの?」とツッコまれ、「またお湯に戻るかな~?と思って」と言っていました。
 矢作さんは、ネジで止めるタイプの部屋干し用の突っ張り棒、壁に穴をあけたくないからとネジをケチったら、突然落ちてきてビックリしたそうで。今はもうバッチリねじ止めしてるそうです。
 そして次はステージ限定のスペシャルPVが上映されました。内容は第1話のもののダイジェスト版といった感じで、もちろん今までに放送されてないカットやセリフも飛び出しました。
 見てて相当興奮していたのでもしかしたら多少間違ってるかもしれないですけど、お風呂に現れたララの胸を揉んで、手を離すのですが(離すところは真横アングルです)、見事に湯気で乳首その他は見えなかったです。
 しかしその後ララが「ねえ…もうおしまい?」というセリフが!あと、脱出成功!のカットもありましたが、やはり見えませんでした。さらに変身シーンは、やはり全裸でした。何となくお尻の辺りの着替え中にララの横顔が映って、「あ~ん!」と非常に高い声で非常にハレンチな声を出していました。ちなみに音楽はオープニングが流れていました。
3215

 終わった後は拍手喝采で、PVを見てどうですかという質問がされたのですが、もう懐かしいとう感じだそうで。現在アフレコは7話まで終了してて、次が8話だと言っていました。
 次は作品の見所はという質問で、明乃さんは「パンツ一丁でララを助けてかっこいい」とか「リトかわいいんですよ。ララや春菜がキラキラしてるのは当然ですけど、リトもキラキラしてる(笑)」「あとララの尻尾がかわいいんですよ」と言っていました。
 戸松さんは発明品の大暴走が見所だと言っていました。矢作さんは女の子がわんさか出るところと、リトのエッチな妄想シーンもみんな頑張ってるので、そこが見所だと言っていました。
 次に、さっきPVで流れていた楽曲の紹介ということで、画面にはTHYMEの「Foever we can make it」とAnnaの「ラッキーチューン」の画像と発売日等が表示され、紹介されました。この時、EDテーマの紹介に入って、ステージの音楽がさっきまでオープニングが流れていたものが、エンディングが流れはじめました。
 エンディングは相当凄いらしく、明乃さんは「早くエンディング見てもらいたい」「オープニングはまあオープニングだけどエンディングは凄いね」、戸松さんも矢作さんも「エンディング凄いですね」と言っていました。
 最後にメッセージをいただきまして、
明乃さんは「もうすぐ放送開始ですけど、僕はつなぎなんで、僕を介して女の子と目いっぱい遊んでいただきたい」「スタッフもどこが限界なのかと探りながら頑張るんで、半年2クール毎週欠かさずよろしくお願いします」という事でした。
 戸松さんは「早速1話から過激な部分があったりして大変見所満載なので是非見てください。私もララちゃんらしい部分をもっともっと引きだせるように頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします」という事でした。
 矢作さんは「みなさんの妄想の、妄想中の女の子に近づけるように頑張って、搾り出して、無い部分も搾り出して頑張っているので録画ミスしないで見てもらいたいなと思います」という事でした。
 この後は放送時間の告知をして、声優さんは退場となりましたが、この後も告知が続きまして、ゲーム2種と、グッドスマイルカンパニーのララフィギュアと、ヤミ、春菜も続々発売決定という告知がされました。
3216

 ステージはこれで終了しましたが、最後に優先観覧席で見た人には、To LOVEるTHANKSカードなるものが配布されました。このサイトに行くと、戸松さんの直筆サイン画像とムービーコメント、サイン色紙のプレゼント応募がありました。
 ちなみにコメントの内容です。
「え~みなさんこんにちは。テレビアニメTo LOVEるでララ役を演じさせていただく事になりました、戸松遥です。今日はですね、東京国際アニメフェア2008の、エイベックスさんのブースイベントに遊びに来てくださって、本当にありがとうございました。とっても楽しかったです。え~私も凄く緊張していたんですけれども、みなさんと一緒に楽しむ事が出来て、本当に良かったなと思います。次回は4月からのテレビ放送で絶対に会いましょう!それではみなさん、放送楽しみにしててください。」
 書ききれませんでしたけど、話の中での司会の方と声優さんのやりとりも本当に面白くて、とても楽しいステージでした。
3210

以上、モー牛さまの東京国際アニメフェア 2008-avex特設サイト-レポートでした。これだけの長文および大量の画像をメールにてお送りいただき、誠に感謝の言葉もございません。
 文章も非常にお上手で、私が日々書いている稚拙な雑文とは比べ物にならないほど、洗練された名文です。繰り返しますが、モー牛さま、本当にありがとうございました。


↑押してくださったあなた様は神様です。



コメント

う~ん、前回同様、凄いレポートですね。イベントにのめりこんでしまうような私のようなタイプだと、こうはいきません。所々飛び飛びのレポートになるはずです。
どうやって、口説くか?ですか。やはり範馬勇次郎並に、『俺の子を産めや!』が一番でしょうか。
あとはリトの妄想シーンが楽しみです。そのシーン、声優さんが演じなければいけないわけですから、言わば一人二役のような物。
日常シーンとどう雰囲気が違うのか、この目で確かめたいと思います。

>daichiさま

 本当にすごいレポートだと思います。モー牛さまの努力には本当に頭が下がる思いです。
 ララを口説いたら、ララは本当に純粋な娘ですから、涙を流して喜んでくれると思いますよ。
 リトの妄想シーンの大半は春菜になるのでしょうが、今からエロエロ妄想が楽しみでなりません。

モー牛様も冬川様もお疲れ様です。
コスプレララ…たとえ本物を越える可愛さは無かったとしても、一目見てみたかったです。
どうやって口説くか、自分はそういうのに疎いのであまり言葉は浮かびませんが、とにかく好きだという気持ちを伝えたいですね。もちろんララに。
ララにならどんな愛の言葉でも惜しくありません。惜しいはずがありません。
もちろんリトでなければ玉砕確定ですがw

>シューさま

 いえいえ、 大変だったのはモー牛様ですよ。私はたいしたことしてません。
 コスプレララは、以前にも書きましたがコミケで見たことがあります。結構かわいかったですよ。
 それにしてもシューさまの言われるとおりですよ。私もララが好きで好きでたまらないのです。ララのどこが好きというより、全てが好きです。あー、一度でいいから一緒にお風呂で洗いっこしたいです。
 でも、リトに一途なララもやっぱり好きです。あんなにリトのことを思っているのですから、リトもララの思いに答えてやってほしいです。

おいおい、みんな。サンクスカードは転載禁止なんだけどと忠告したのにこの管理人はコメント消しやがったよ。こいつ信じられないね。自分が不利なコメントは消す管理人という事を2チャンで祭りだな。本当に信じられないわ。オラ、びっくりだ。

>通りすがりさま

 申し訳ありません。通りすがりさまのご指摘のとおり、画像を削除しておきました。
 平身低頭して謝罪いたしますので、どうかご容赦ください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/330-2b6377e5

FC2Ad

相続 会社設立