アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

天条院沙姫のお付のポニテの方は「凛」か「凜」か?

 今回は天条院沙姫のお付のポニテの方の名前↓ v
について考察します。 名前なんて…「凛」に決まってるでしょ↓

f

 …と思われた方、ところが興味深いコマがあるのです!  それは単行本4巻177ページです!↓ h
i
 リンの文字が違います。前者が「凛」で、後者が「凜」になっているのです。  ちなみに「凜」は「凛」の異体字です。異体字とは↓

 「同一の文字観念を有する複数の字体であり、実際の使用される文章においては、異体字は相互に置換が可能である。正字体に対して異なる字体を異体字というのと同様に、正字体も別の字体にとっては異体字であり、その関係は相互的である。漢字はその字形のゆれが大きく、また、書体の変遷により、異なる字体を持つことが多い。複数の字体が同一の文字について許容されることもあるが、結果として、別の意味が割り当てられ、その用法が区別されるようになるともはや別字となる(「吊」と「弔」、「著」と「着」、「句」と「勾」、「笑」と「咲」など)。「協」と「叶」は本来、同字の別体であったが、意味が分化し、日本では「かなう」、中国の簡体字では「葉」の意になるなど、国ごとの分化さえ見られる。日本では、壬申戸籍(1872年)の作成の際にあった誤字や書き癖が、戸籍にある字形を尊重した結果、当用漢字・常用漢字に対しての異体字として認知されるにいたる場合も多い。」
以上引用(Wikipediaによる)    

 ということです。「Fate/stay night」の遠坂凛も、「シスター・プリンセス」の鈴凛も「凛」です。  
 閑話休題。結局、天条院沙姫のお付のポニテの方は「凛」か「凜」か? 結論から言います。「凛」です。なぜなら、人名は人名用漢字から選ばねばならず、人名用漢字に「凛」は入っていますが「凜」は入っていないのです。だから遠坂凛も鈴凛も「凛」なのです。  
  おそらくあの場面では綾が言い間違えたのでしょう。それにしても今回は真面目な考察になりましたね。 追記:ちなみに「凛」は雑誌初掲載時は「鈴」でした。(単行本では修正されてます)↓ j

↑押してくださったあなた様は神様です。
 

コメント

深いですね・・・・
読んでてまったく気付きませんでした。
いや~流石です。

あの、2番目のコマの「凜」って、よく見ると手書きじゃないですか。
意識して修正されているとしたら、こちらが作者の中では正しいかもしれません。

凄いですね…
いや本当に凄い考察です。
論理的に筋が通ってて素晴らしいです。
全くもって流石です!

初コメント、ありがとうございます。

>銀のエンゼルさま

私も何度も読み返していて気がつきました。
まさに盲点でした。

>daichiさま

一度矢吹先生にお聞きしたいですね。
どうなんでしょ?

>モー牛さま

お褒め頂き、記事を書いたかいがありました。
手前味噌ですが、今回の記事には自信があります。
これからも頑張ります!

すごいすごい

これはまさに「考察」や。
ほんまにすごいで。
こういうのをまたたのむ。

初コメント、ありがとうございます。

>くぁ位さま

これからもこのレベルの考察をしていきたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/42-8e4c00d8

FC2Ad

相続 会社設立