アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

「To LOVEる」矢吹先生の進歩の足跡がわかる!『邪馬台幻想記』文庫版考察

 矢吹健太朗先生が『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-』の前に描かれた、

文庫版が発売されました。表紙が書き下ろしなのはもちろんのこと、後書き+書き下ろしラフカットが7点もある盛りだくさんの内容となっております。

 私はこの『邪馬台幻想記』からの矢吹先生ファンですが、「To LOVEる -とらぶる-」から矢吹先生のファンになられた方にとっては、矢吹先生の10年間の進歩を感じとれる作品です。後書きで、
4408

と書いておられますが、ヒロインは第1話ではこんな顔をしていました。
4409

それが文庫版書き下ろしラフカットではこうです。
4410

 いやー、同一人物には見えないほどのかわいさのちがいです。女優の「整形前>整形後」並のちがいです。10年間の歳月は、矢吹先生をかくも上達させてしまったのです。ただお断りしておきますが、
4411

乳首はありません。この時期は矢吹先生もエロに目覚めていなかったのですね。今だったらヒロインの衣装も、
4412

 こんな感じになって、紀元三世紀が舞台という作品の性質上、シャワーは無いにせよヒロインが毎回のように水浴びしていたと思うのですが…とは言え、
4413

 18-19歳でこれだけの作品を描かれた矢吹先生に改めて敬意を表します。そして10年でこれだけ上達されるには、不断のたゆまぬ努力があったことと思います。
 868本塁打を打たれた王貞治氏は、一本足打法を会得するまで毎晩深夜2時まで素振りしておられたといいます。矢吹先生も血のにじむような努力の末に、
4414

 こういう絵がかけるようになられたのでしょう。というわけで『邪馬台幻想記』文庫版、自信を持ってお勧めできる作品です。

追記:もちろん男キャラも、
4415

上達しておられますよ…


↑押してくださったあなた様は神様です。



コメント

おお、冬川さん買われたんですか、さすがですね。

それにしても、絵が全然違いますね!壱与、出たら間違いなくTo LOVEるヒロインズの一人ですよ!めちゃめちゃ可愛いです!

買い決定!矢吹先生の努力の歩みを感じたいです。問題はどこに売っているか。単行本なら売っているとこ分かるんですけどね…。

矢吹先生はかなり絵が上手くなりましたね。同じとらぶるでも初期と現在ではかなり絵が違います。
この本興味はありますが近所の本屋に売っていないのですよ…

どうも冬川さん^^
すごいですね・・・10年の歳月でここまで上達するなんて・・・すごすぎですよね!
ですが、やはり一番びっくりしているのは矢吹先生自身でしょうね!絶対そうですよ!
しかし、上の画像ですが、本当に整形したみたいですね!ものすごくかわいいです!
これはToLOVEる原作にも登場まではキャラの関係がややこしくなるんでいきませんが、扉絵ぐらいなら全然いけると思いますね!
まぁ、脇役では勿体ないですが、揉まれ子や脱がし子あたりのキャラ位置は余裕で狙えるかと。
てか、なんか揉まれ子に微妙に似てませんかね?勘違いでしょうか?なんか髪型が似ているような・・・もっと短いですがね。
では、また^^今後も矢吹先生にはマイペースにうまくなっていってほしいですね!
もちろん長谷見先生もマイペースに頑張ってほしいです!

壱与も可愛いですね。確か壱与は実在人物で、卑弥呼が死んで、邪馬台国は荒れてしまいましたが、壱与が女王となったら争いは無くなったとか言われてますね。もし本当にこの位可愛いかったら争いが無くなる事も頷けます。
それにしても矢吹先生の画力は大変上がっておりますね。顔立ちもさる事ながら表情やそこから表れる感情がより豊かになっていると思います。
これ程の絵を描くことができる様になるには凄まじい努力をされたのだと思います。これからも素晴らしい絵を描き続けて欲しいです。

>モー牛さま

 早速買いました!壱与、本当にかわいいです。「To LOVEる -とらぶる-」での出番はさすがにないでしょうね…

>TLVさま

 最寄のアニメイトにはありました。ただし、2冊しか入荷してませんでしたが。

>ピンクの悪魔さま

 「To LOVEる -とらぶる-」は比較的絵が変わらないマンガですが、それでも1話とはだいぶちがいますね。

 上でも書きましたが、アニメイトにはあると思いますよ。

>りゅういちさま

 10年たって全然うまくならないマンガ家も多いなか、矢吹先生は本当にすごいと思います。

 「To LOVEる -とらぶる-」とは世界観がちがうので出れませんが、またこの作品の続きが読みたいですね。

 矢吹先生がますます上手くなったら…マンガ界を支配できますよ!

>心さま

 壱与はたしかに実在人物ですね。こんな女王さまがいたらいいですよね。かわいすぎです。

 矢吹先生、心さまが言われるように、表情やちょっとした仕草がじつにうまいですね。細かい描写で、作品は大きく変わります。

 たゆまぬ努力の賜物でしょう。「ローマは一日してならず」というところです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/444-457b8cb8

FC2Ad

相続 会社設立