アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「初恋限定。」の河下水希先生が、ジャンプスクエア8月号で乳首を解禁!

 「初恋限定。」の河下水希先生が、ジャンプスクエア8月号の読み切りで乳首を解禁しました!
4621

 河下水希先生といえば少年誌のエロ描写で有名ですが、
4622

 乳首だけは頑として見せませんでした。それがついに…早速考察していきましょう。(久々に「To LOVEる -とらぶる-」以外の記事です)

 まず今回の読み切りの内容ですが、日本の古典を基にしています。近松門左衛門の「曾根崎心中」です。あらすじは、下記をご覧ください。

参考:「曾根崎心中」のあらすじ

私なりにわかりやすく説明いたますと、
4623

醤油屋の手代、主人公徳兵衛と、
4624

 遊女のお初は、幼馴染で愛し合う仲です。二人は夫婦になりたいのですが、遊女のお初を遊郭から連れ出すには莫大なお金が必要なのです。醤油屋の手代の主人公徳兵衛には到底出せる額ではありません。紆余曲折あって、結局二人は心中する…というお話です。


 もちろん、河下水希先生のことですから、見所はエロ描写にあることは言うまでもありません。
4625

 河下水希先生のインタビューでさらに期待は高まります!では見てみましょう。主人公徳兵衛と遊女のお初が性交します。寸止めではありません。
4626

 ついに乳首が見えました!やりました!次のページはどうなるのでしょう?ワクワクしながらページをめくりますと、
4627

 え…これで終わりですか…うーむ、ちと一皮むけてないですね。どうせ乳首を描くなら、もっとエロくしてほしかったです。
 まだ河下水希先生の心の中でエロ描写に対するわだかまりがあるのでしょうか?ちと残念であります。


 ただし流石は河下水希先生です。乳首が無い場面でエロが満載です。「To LOVEる -とらぶる-」で春菜の布団の中にリトがもぐりこむ場面がありましたが、
4628

同じような状況になります。
4629
4630

このあとがまたすごいです。
4631
4632

 「そんなに締め付けたら」「あたしの中で暴れないで」…台詞だけだと完全にエロマンガです。
4633

 完全に絶頂に達しています。また河下水希先生といえばパンツ描写に定評があります。
4634

 江戸時代にこんなパンツあったのか知りませんが、興奮度は「To LOVEる -とらぶる-」にもひけは取りません。

総括:正直乳首を期待すると拍子抜けですが、エロ描写は確実に満点です。
4635

 直筆サイン色紙のプレゼントもありますので、ジャンプスクエア8月号絶対買いましょう。


↑押してくださったあなた様は神様です。



コメント

河下先生といえばやっぱ いちご100%ですよね!ほんとに大好きですよ。河下先生の作品のエロさは とらぶるといい勝負ですよね。私は昔の日本が大好きなんですよ とくに室町から江戸の間がすきですね。この時代のエロを描いてくれるなんて… さすが河下先生です しかも乳首解禁! 矢吹先生 長谷見先生 もそうですが、自分は河下先生も応援してますよ。

あれっ?

スクエア早売りしてたんですか。
冬川さまも河下さんのファンなのですね。
私もあの流麗な絵が大好きです。ジャンプの中で、小畑健さんと絵の上手さでは双璧を成していると思います。
もともと買うつもりでしたが、記事を読んでますます欲しくなりましたよ。
初恋限定は残念ながら終了しましたが、また早く連載されることを望みます。
いろいろ五月蝿いジャンプ本誌より、個人的にはヤンジャン希望。
少し自由に描いていただきたいものです。

乱文ご容赦。

乳首が見えてない上のコマのほうがエロいという不思議さ。

江戸時代の下着のことは調べたら意外な事実が。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa834325.html

 河下先生の作品は読んだことがないのですが(申し訳ありません)周りの友人達は皆、いちご100%を読んでいました。さらに私の友人に限った話なのですが、いちご100%を読んでいた人の多くはToLOVEる大好き…理由が見え見えですね(笑)ですがそれだけではなく、他にも魅力がたくさんあっての人気作なのだと思います。友人達も「いちご100%は最高だった」と言っていましたし。

ToLOVEるも、そのような皆に愛される作品として残ってほしいと思いました。

日本史大好き人間としては興味深いです。私は幕末が好きですね。後、美術史全般や骨董とかも好きです。
いちご100%は持ってないですが、結構楽しみにしていた漫画ではありました。
外村兄が好きでした(笑)。小宮山も勿論好きでした。というか皆好きでした。
初恋限定は終了してしまいましたが、河下先生には今後頑張って欲しいです。

いちご100%は読んでいませんが、初恋限定は読んでいました。正直打ち切りになってしまったのがかなりショックです。結構面白いと思っていたのに…

次回作があるならば期待します。

>ストロベリー10割さま

 河下先生の作品のエロさは、矢吹先生とはまたちがった味がして大好きです。今回の作品も、今までの作品には無かった和のエロさにこだわっており、秀逸な出来だと思います。

 またジャンプに連載してほしいですね。

>ミギーさま

 河下さんの今までの商業作品は全て持っております。確かにご指摘のように、矢吹先生よりも小畑健さんに近い絵ですよね。

 初恋限定、完全な打ち切りでした。ジャンプではああいう作品形態はやはり無理なのでしょう。ヤンジャンのほうが向いている気がします。もっと乳首やエロも見せて、繊細な心理描写のマンガが見たいですね。

 もう読まれたと思いますが、浄瑠璃の傑作をよくうまい具合にアレンジしていると思います。原作はちと暗すぎますからね…

>toさま

 明らかにそうですね。事前にインタビュー読んだので、乳首がどれだけエロいのかと思っていましたら、乳首以外の方がエロかったです。

 江戸時代の下着、私もいろいろ疑問に思っていました。いいサイトを見せてくださり、ありがとうございました。

>れんさま

 河下先生の作品、未読ですか。いや、考えようによっては、これからたくさん堪能できるわけです。とりあえず現在発売中のこの作品を読まれてはいかがでしょうか?入門にはピッタリです。

 ちなみに私の周りの「To LOVEる -とらぶる-」ファンも、「いちご100%」好きな人多いです。ファン層が重なっているのでしょう。

 「To LOVEる -とらぶる-」も河下先生の作品も、構成に残っていってほしいです。

>心さま

 いちご100%、オチにはビックリしましたね。まさに衝撃のオチでした。あの頃は「To LOVEる -とらぶる-」もなく、ジャンプのエロ担当として奮戦してましたね。

 また河下先生の新作が読みたいです。

>ピンクの悪魔さま

 「初恋限定。」面白かったのに打ち切りでした。上でも書きましたが、主人公が固定されていないのがきつかったのでしょうか?個人的には大好きでした。

 「いちご100%」も面白いですので、ぜひともご一読ください。絶対損はしませんよ。

「河下水希」名義での初乳首ということですかね

この記事を見てSQ8月号を買いました。
締めつけたら→暴れないで~~→ぐったり
ごちそうさまでした。
細かい書き文字が沢山あったりとか、作画にすごい気合入ってますね。
河下先生は見せないほうがエロいんじゃないでしょうか?
徳ちゃんすごく良い男だな~、主人公はこういうタイプが安心して読めるな~
これが読めて500円なら安いもの。

りりむキッスの頃から好きな作家なので何か連載して欲しいですね。
コミックは「初恋限定。」も「ToLoveる」同様に発売日に買ってます。

初恋限定。3巻の巻末おまけ書き下ろしの「限定少女」第3話でも、うっすらと乳首の描写があるのは、SQ8月号の解禁に絡めてあるのかな?

桃栗みかん名義の「あかねちゃんOVER DRIVE」、「かえで台風」も確かに乳首描写はないな・・・。

今日アニメイトへ行ったときに買えばよかったorz



河下水希先生初乳首解禁だそうで。そういえば今日(日付変わりましたが)発売の「初恋限定。」3巻にもオマケ漫画が凄いことになってたり。

いちご100%は素晴らしい漫画です。自分は今年の4月にコミックスを全巻揃えて読んだのですが、とても面白かったです。恋か夢か?思春期に揺れる少年少女を上手く描かれていると思います。特に好きな場面は……とここらで止めないとずっと語ってしまいそうですww
現在まででWJで最も長く続いたラブコメだそうで、河下先生は女性でありながらよく頑張れたと感じます。そのうちまた連載が始まることを心待ちにしてます。

未読者の方は是非読んでみて下さい!

「女の子」の「乳首」は初…
この前、ブックオフで立ち読みした別PNでのBLコミックスを思い出した…
さすがにもうBLはやらないだろうなぁ…

女性下着について補足

toさんの紹介されたサイトに出ていなかったもので、自分なりの補足を。
一般時にはもちろんノーパンなのですが、「月のさわり」(月経のこと)の時にだけ、
褌状の「下帯(したおび)」と呼ばれる下着を着けておりました。
漫画に出てくるようなTバックはもちろんありませんが(笑)
ご参考になれば幸いです。

乱文ご容赦。

曽根崎心中のパンツの件ですが着物は基本的にパンツはきません。男性は、ふんどしをつけますが江戸時代の女性はずっとノーパンだったということです。

>ユカリさま

 詳しく調べますと、そのようですね。意味のあることであります。

>読者の一人さま

 SQは創刊号から毎号購読してます。

 「締めつけたら→暴れないで~~→ぐったり」という流れは、明らかに何かを連想させますね。乳首よりもはるかにエロかったです。今回の作画はすごく、美麗でした。

 私も河下先生の単行本は「りりむキッス」以降は全て買ってます。今回の作品も更なる修正を加えて、早々に単行本で読みたいものです。

>To LOVEる -とらぶる-さま

 初恋限定。3巻はまだ未読なのですが、そうらしいですね。素晴らしいことです。楽しみです。

 私は桃栗みかん名義の作品は全く知らないのですよ…

>TLVさま

 「いちご100%」、だいたい発売日に買ってました。素晴らしかったですね。超能力や宇宙人が出ないラブコメは、ジャンプは珍しいのでは…またカラーがいいんですよね。

 そういえば全19巻!「きまぐれオレンジロード」でも全18巻ですから、すごいことですよね。早く新作が読みたいです。

 河下水希先生は女性らしい、矢吹先生とはまたちがったエロさがありますよね。

>みさま

 別PNでのBLコミックスも未読ですね…流石にBLは…女性作家は男性向けと女性向け両方やる作家も結構おられますが、河下水希先生はもうやらないでしょうね…

>ミギーさま

 着物のときは下着はつけないのが正式でしたね。今はちがうらしいですが。ただ昔の女性も月経はあったわけで、そりゃ下着を着けないとしょうがないですね。あんなTバックがあったら皆腰抜かしたでしょう。

 貴重な情報提供ありがとうございました。

>To LOVEる -とらぶる-さま

 しかし今から考えるとすごい話ですね。もちろん男性のふんどしも西洋文明に慣れた我々には奇異に写るのも事実ですが。

貴重な情報提供ありがとうございました。

こういう読みきりだけの単行本ってでるんですかんね?w

>kさま

 河下水希先生短編集か何かに、収録されてほしいものであります。

「初恋限定。」の単行本4巻に収録されないかなあ‥(´・ω・`)

内容としては面白かったです。

>TLVさま

 ページ数の関係はどうなんですかね?収録できるものなら収録してほしいですが。

 内容は文句なしです。こんなのが週刊で読みたいですね。

曾根崎心中! 読んでみたいものです。

初恋限定。4巻に載るという噂を信じているので、ジャンプスクエアは買ってません。インタビュー記事やポスターなどは欲しいですが、金が無いんです…。
初恋限定。4巻のそあこはいったいどうなるんでしょうね~
登校→昼休み→部活 ときたのだから(もう最終巻なんだし終わらせなければならない)、次はやはり下校ですよね。あ~速く九月になってくれ~

>山本より、慧の方が良いと思うんだけどなあ・・・さま

 初恋限定。4巻に載る…どうなんですかね?ページ数の関係はどうなっているんでしょう?

 ただ今号は本当に絶対購入する価値のある号になっていると思いますよ。特にカラーは単行本収録の際つぶれると思います。なんとか、古本でも入手して置いた方がいいです。

 初恋限定。4巻はやく読みたいですね。

これでオカズが増えますね

>(;゚ё゚)さま
 
 河下先生のキャラは、独特の色気がありますよね…

曾根崎心中はなかなか良かった

>To LOVEるファンさま

単行本にはいつ収録されるんですかね…

日本を取り戻す

堺市中区土師町5ー19を拠点にニサンザイ古墳をユネスコ世界遺産にするため日々満身しています。
河下と久田です。
5ー19で結成した地域住民です。
署名活動署名運動して竹山市長に会いました。

カメハメ波ー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/460-7969b142

曽根崎心中!の感想

あの河下水希先生の新作読切がジャンプSQ8月号に掲載されました。 それは河下先生にとっては初の時代物となる「曽根崎心中」です。 キャラ設定や大まかなストーリーの流れは原作を踏襲しつつも、 ちょっと現代ラブコメっぽくアレンジした内容となっていますが… 遊

SQ読切 曽根崎心中

先日の更新に続き第2弾。 ジャンプスクエアに掲載された河下先生の読み切り、「曽根崎心中」の考察です。 前提として、私は原作を読んだ...

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。