アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

TVアニメ版「To LOVEる 」、最終回の真相とは?メガミマガジン10月号情報!

 本日(2008年8月30日)発売のメガミマガジン10月号では、

 TVアニメ版「To LOVEる -とらぶる」の、最終回までの流れがついに掲載されています。


注意:これより後の文章には今後のTVアニメ版「To LOVEる -とらぶる」の内容に関する記述が多数含まれます。内容を知りたくないという方は、どうぞご覧にならないでください。



最終回への流れその1:アニメ版はララEND?
5226
 最終回の題名をご覧ください。「ララ」…つまりアニメ版はララと結ばれて終わるということを、暗示しているのではないでしょうか?
 それにしてもララ信者の私ですが手放しには喜べません。このブログの読者諸賢はご存知でしょうが、ララは大胆なようで、本当は繊細で純真で一途な娘であります。
5227
 ところがアニメ版ではトラブルメーカーの面ばかりが強調され、まるでリトと春菜のお邪魔虫ではありませんか。どうも繰り返しますが、納得いかないですね…
 もっとラブコメ部分を強調した話をやってこなかった代償でしょう。オリジナル宇宙人の話などいらなかったですのに…


最終回への流れその2:デビルーク王のギドは、最終回でまた出る。
5228
 どうやらララの父親のギドが、アニメ版ではまた出るようです。それにしても、「地球の命運をかけた勝負」というのが、嫌な予感がしますね。最後くらい、ラブコメらしくしてほしいものであります。


おまけ:コロット風邪の話がアニメでもある。
5230
 アニメ版24話では、原作のコロット風邪の話が見られるようですね。私は原作のこの話大好きなんですよ。
5229
 恥らうララがたまりませんよね。おしとやかなララの声が聞ける…24話は期待できそうです。

追記;それにしても、何事もはじまりがあれば終わりがあるのは当然のことですが、アニメ版も最終回となると、ちと寂しいものがありますね。


↑押してくださったあなた様は神様です。



コメント

「ララ」

…ヤバいです、これだけであらゆる妄想が頭の中でグジャグジャになって、もう泣きそうです…
目を閉じれば思い出す、いつも元気なララ、かわいいララ、アホの子のララ、解剖ララ、自分勝手でわがままで人の迷惑を考えず、空気が読めず、人の恋路のお邪魔虫の…あれ涙引っ込みましたww

っていう冗談はまあいいんですが、To LOVEるのアニメ、この前始まったと思ったらもう終わってしまうんですね…↑のような文句を言いながらも、毎週楽しみに見ていたのに…やはりファンとしては悲しすぎます…

最後は、(アニメ放送開始前の)期待以上の最終回にしてもらいたいです。終わり良ければ全て良しですので!

でも最終回まで「まあ、いつもよりは良かったな…」とか「ピカリーやレンよりはマシか…」なんて思わせやがったら、DVDのドキ×2エディションで最終話と25話を全面修正するように投書してやりますよ!!(え、もちろんマジですよ)

う~ん…それにしても、本当にちゃんとやってくれてるか心配です…自分は怒りたいんじゃなくて、普通にTo LOVEるが見たいだけなのに…来週とかもうあまりのカオス臭に涙が…

とりあえず2期に期待したいです。来年春にでも、声優と音楽関係以外総入れ替えでやってもらえないものか…あ、キャラデザは変えなくてもいいんですが、毎回スポーツブラとかアンスコとかなめ過ぎなのでww

なんだかんだでもう最終回に近づいているんですね。
最後ぐらいはっちゃけてもいいんじゃないですかね?
>声優と音楽関係以外総入れ替えでやってもらえないものか…
同意見です。

個人的には非常に満足できていないアニメのできですが、せめて第2期に希望をつなぎたいところがあります。
アニメが始まった頃から主張し希望してたことですが、アニメの最終回はララちぃがつくったへんてこな機械でみんなの記憶を消す(→結果失敗)の回で締めくくってほしいと考えてます。で第2期へ、と。
ただ、もうひとつ気になってるのがDVD最終巻のデザインがララちぃのウエディングドレス・・・ですよね、たしか。
妙な終わらせ方をされないことを祈るばかりです。

リト×ララEND。希望はこれだけです。第2期は期待したいのですが、
無理かな・・。
ただ、最終回1つ前の「地球最後の夜」の話も気になりますね・・。
どんなのやら。ちょっと鬱話になるか?

私も皆さんと同意見です

アニメは観ていない(大分なので観られない)のですが、感想記事を見る限りではあまりいいとは思えません
オリジナルストーリーなんてしてほしくないですし、アニメには原作のよさを十分に出してほしいですね

2期に強く期待します!!

…自分としてはこれほど納得のいかないアニメはありませんでした…放送前の監督の「放送コードのギリギリまで頑張る」という発言は嘘だったのですね…毎回とらぶるの世界観を無視した宇宙人がでてきて寒い話でグダグダになりしまいには作画崩壊…本当酷いです。
最終回くらいは期待できそうですが、このアニメはサブヒロインの活躍が少な過ぎます。ちなみに来週の猿山はまた浦沢氏です…もうこの人はとらぶるの脚本を書かないでください…
自分がアニメ版とらぶるの脚本陣で一番いいと思ったのは下山氏です。この人は沙姫、唯、ルンとメインキャラ主役の話を書いているからです。まあ多少キャラが違ったり寒いギャグをするのは気になりますが。
第二期をやるなら同じ製作会社ならかのこんのスタッフに、会社を変えるならロザリオとバンパイアやストライクウィッチーズやセキレイのスタッフに作ってもらいたいです。

早いものですね もうそろそろ最終回ですか。最終回「ララ」アニメのララは冬川さんの言うとうり リトと春菜のお邪魔虫的な存在でしたよね。アニメスタッフをこのブログにコメントしている皆さんの中から選抜していれば 原作のTo LAVEるの良さを最大限に引き出せたかと思います。冬川さんの言うとうり声優と音楽関係以外総入れ替えでやってほしいです。To LAVEるの声優陣はリト役の渡辺明乃さん 古手川役の名塚佳織さん ザスティン役の子安武人さん ヤミちゃん役の福圓美里さん ルン役の大浦冬華さん お静ちゃん役の能登麻美子さん 綾役の水橋かおりさん ララ役の戸松遥さん など素晴らしい声優さんで構成されています。本当に声優と音楽関係以外総入れ替えでやってほしいです。

ララENDか春菜ENDか、最後に盛り上がるところなのに、次回の猿山の大奥ってのは一体何ですか?
アニマル喫茶と続けて、猿山中心の回やるなんて、そんな余裕は無いはずなんですが・・・・・

私は春菜信者なので、前回の唯に対するやさしさとか、そういう温かい心の持ち主の春菜を応援したくなりますよ。

もうそろそろ最終回ですか…文句を言いつつも毎週楽しみに見てました。
しかしアニメ版は臨海学校の話や春菜の家にお泊りする話などをすっ飛ばしてるせいで
ララがただのピエロみたいになってるんですが、どうするつもりですかね。
原作の「もう一度ここから」のあたりを改変してやった「宇宙一の男にな
る」というのも
もう既にリトは忘れてそうですし…(笑)

といってもコロっと風邪の話はかなり楽しみですね!
CM明けにいきなりオリジナルの宇宙人が出てきて皆で仕事を探しに行く、とかにならなければ良いですが…

性格改変や作画は勿論の事、キャラの出番や扱いにあまりにも差がありすぎるのはマズイ気がします。
二期をつくるなら別のスタッフにやっていただきたいですね。原作の良い話を悉くすっとばしてますし、オリジナルをつくるのは別に構いませんが、もう少し内容を伴って欲しいです。
それとアイキャッチ。出てないのは一人だけですが、一人だけ無しは一番やってはいけない事です(やったらそれは差別)。最後までやって欲しいです。
最終回は全員登場で締めて欲しいですね。

>>アニメ版ではトラブルメーカーの面ばかりが強調され、まるでリトと春菜のお邪魔虫ではありませんか。

冬川さんが記事に書かれてる通り、確かにそうですね。特に14話以降、ララは蚊帳の外的な感じが多かったですし…。最終回で結ばれるのは当然うれしい結果ですが、残りの話数でその課程をちゃんと描いてくれないとすっきりしませんしね…。
上の方と同じで、僕も原作にあった記憶消去の一連のシーンで最終回を迎えるのが、一番妥当で無難なような気がします。あのアニメスタッフの事です。原作も終わってないですし、なるべく無難な方向に行くに違いありません

ララはまだ春菜のリトへの気持ちに気づいていませんよね。原作でも
アニメでもそのまま気づかずに終わるというのは私としては考えにくい
です。

ララがもしそれに気づいてしまった場合…宇宙に帰る、もしくはそうでなくてもリトたちの前から姿を消す…

ララは、リトの困った顔なんか見たくないと言いました
こういう発言はもしかしたら最終回への伏線?(勘ぐり過ぎ


なんて考えちゃってましたけど
本当のとこは全く分からないですね


第二期をやるとしたら是非もう一度ララとの婚約を賭けて
還ってきたピカリーやラコスポとリトで壮絶な戦いを繰り広げてもらいたいですよね。

もちろん嘘です


原作は新キャラも出てきたり、今の流れだと終わりそうにはないですね
良かったよかった…大丈夫ですよね…

24話は例のツンデレ・ララが拝めそうで…何かと楽しみです。
そして最終回は2部構成(多分)…、ひょっとしたらハンカチ片手に…の可能性が!個人的予想ですが、多分最後の最後でララが記憶消去のアレを起動する感じがします…、それで2期製作可能なように構成するのでは…?(22話でリサミオがララのスリーサイズを明かしたからリトママの登場も見送り決定…、そしてリトパパにナナモモも未登場。ほぼ無条件で2期製作に入るのか…?)

 アニメのスタッフの方々も色々な状況の中で制作されており、ある程度は仕方ないのかと思いますが、あえて私の考えを。

 冬川様と同じく、アニメのララがただのトラブルメーカーのような立場になっていることに大きな違和感を覚えます。ララのリトへの純粋な気持ちが表現されていない気がします。アニメのスタッフの方々にはその辺りを理解してほしかったです。

 ララに限らず、他のキャラの性格、個性、魅力の表現もいまひとつのように感じます。原作では、各話でそれぞれのキャラの魅力がでています。余計な宇宙人はでてきません。だからこそララや春菜だけでなく、ヤミ、唯、ルンなど各キャラにも多くのファンがいるのだと思います。

 私がララ信者というのもありますが、特にララには原作とのズレを感じることが少なくありませんでした。ならばいっそエロなしでも構わないので、ララの純粋な面を描いてほしかったです。

 断っておきますが、私はアニメ版も好きではあります。アニメにはアニメの良いところもありますし、スタッフも頑張っていることを信じていますから。そういった意味でも、このアニメに2期目があるとするならば、スタッフにはToLOVEるに対する考えをまた一度見なおしていただきたいですね。

まさかサブキャラ…リトパパ、ララの妹など出さずに終わりなんて無いですよね!?
もし2期のアニメも無かったとしたら、脚本の方は最悪な方達ですね。
もしリトパパ達のサブキャラを出さずに&第2期がなかったとしたら最初からアニメ版にしてほしくなかったです。
ワンピースやNARUTOみたいにアニメ版のToLOVEるでもコミック版と同じように、同じ内容で構成してほしかったです。何故臨海学校などがなかったのか本当に一番の疑問です。
これで第2期がなければ脚本の方達は何を考えてるんだ!!??と言いたいです。To LOVEるファンの気持ちを全く分かってない方としか考えられませんね。

最近のアニメの流れだと 春菜ENDよりですよね。
さて、ララか春菜かどちらになるのでしょうかねぇ。
どちらも夜の方は満足できそうですwww

え・・・どうでもいい・・・

>モー牛さま

 アニメ版のララは、「いつも元気なララ、かわいいララ」までは確かに表現できてるんですよね。ただ、上記の、私の記事のような部分が全然…とはいえ、やはり終わるのは正直寂しいというのも本心です。

 せめて最終回だけでも…そのとおり、「終わり良ければ全て良し」今まで、ララENDの伏線が無いなどの伏線も、勘弁しましょう。

 などと期待したいのは山々なのですが、来週の猿山を見ていると、悪い予感しかしないんですよね。せめてアニマル喫茶あたりを標準にしてほしいですね。

 声優と音楽関係以外総入れ替えでやってほしいのは全く同感です。あと、原作同様の下着にも期待します。

>トリコロールさま

 せめて最後に意地を見せてほしいです。いよいよ9回裏最後の攻撃です。点差が10点くらいある気がしますが…

>なるるんさま

 原作の進級直前の話でしたね?「ララちぃがつくったへんてこな機械でみんなの記憶を消す(→結果失敗)の回」確かにあの話は最終回にふさわしいと私も考えております。

 あれなら2期も容易に作れますし。ただ、確かに「DVD最終巻のデザインがララちぃのウエディングドレス」だと、ララか春菜の結婚式で締めるような無茶苦茶なオチにはしないでほしいです。

 やっぱり2期見たいですよ!

>モグラ総統さま

 「地球最後の夜」の話、確かに気になりますね。ドラえもんの最終回のように、なかせる話なんでしょうか?

>永倉新七さま

 悪くない話もあるのですが、やはりお世辞にも…

 特に原作の珠玉の名作をやらずに、なぜオリジナルストーリーをやるんでしょ。スタッフにお聞きしたいものです。

>ピンクの悪魔さま

 放送前は、あれほど楽しみにしていたのですが…全く同感ですね。宇宙人は原作にも出るでしょうと言われるかも知れませんが、原作とは全然ちがいますよ。エロも正直がっかりです。

 下山氏の脚本は確かに一番ましですね。しかし、この人が一番ましというのが、惨状を物語っていますね。

 第二期、声優さん以外はすべて変えてくれてもいいですよ。

>ストロベリー10割さま

 光陰矢のごとし…早いものです。

 それにしても、このブログにコメントしてくださる方々の方が、遥かに「To LOVEる -とらぶる-」を熟知していますね。

 なぜあんな作品を理解していない人が作っているのでしょう?

>daichiさま

 もう大詰めも大詰めなのに…本当に猿山はわかりません。脚本化に好きな方が多いのですかね?

 春菜ももちろん、最高にやさしくていい娘です。ララと春菜の間でゆれるリトがもっと見たかったですよね!

>太一さま

 言われるとおりで、ララの純情な乙女な話を完全にすっ飛ばしているんですよね。ララがかわいそうすぎます。アニメしか見ていない人が、原作もああだと思わないでほしいものですが。

 でも確かに、コロット風邪は確かに楽しみなんですよね。

「もう…リトのエッチ…

が良すぎです。

>心さま

 結局問題点反省点山盛りのアニメ版になりましたね、。終わったことはしょうがないので、2期はいいものになるのを祈っております。

 アイキャッチ、まだ終わったわけではありませんよ!

>ソリソリッドさま

 ララと結ばれるのはもちろんうれしいのですが、どうもアニメ版は全く納得いかないですよね。リトの心は春菜にばかり向いています。

 原作にあった記憶消去の一連のシーンで最終回だと思うのですが…ただこのアニメは、悪い意味で期待を裏切ってくれるんですよね…

>金色の猫さま

 春菜のリトへの気持ちに、アニメではララは気づくのでしょうか。原作ではその場面が一大分岐点になると思いますので、アニメでは先にやらないと思いますがね…

 ピカリーやラコスポとリトで壮絶な戦い…原作でもそうなる可能性はあったみたいですね。

 原作は、まだまだ終わってほしくないです。

>ポケ鉄さま

 リトママはともかく、リトパパは出ると思っていました。おかげでアニメではザスティンはマンガ家アシじゃないんですよね…

 正直、秋穂が出たのには一番驚きました。第二期はナナモモや美柑の担任も出るんですかね…見たいです…

>れんさま

 もちろん私も、アニメ版はマンガ版以上に多多の制約があることは重々承知であります。

 ただそれでも、「ララのリトへの純粋な気持ちが表現されていない」点は攻めたいですね。エロを無理やり出さなくても良かったのに…

 あと、オリジナル宇宙人を出す余裕がるなら、天条院や古手川やヤミちゃん主役回をやってほしかったですね。

 散々文句言ってますが、アニメ版もいい点はあるので、2期こそは欠点を修正してきてほしいですね。

 

>トラブるさま

 流石にナナモモはしょうがない気はしますが、リトパパは出してほしかったですね。

 臨海学校も見たかったですし、ヤミちゃんと美柑の友情の話も見たかったです。天条院がザスティンにデレる話も…

 ああ、後悔だらけですね。

>梅干しさま

 明らかに春菜ENDの流れですよね…でもなぜ題名は…?

 夜は二人まとめて味わいたいですね。比べてみたりして…

>To LOVEる -とらぶる-さま

 まあまあ。ここまで来たら最後まで…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/512-2caf3b50

FC2Ad

相続 会社設立