アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

トラブル132 ララがまさかのバ○ブ攻めに!矢吹先生がまたも少年誌の限界に挑戦!

前回のあらすじ:天条院が家出して結城家に来ました。そこに従者の綾+凛が父親のもとに連れ戻しに来ました…詳しくは前回の考察を。
6290
 連れ戻しに来た、綾+凛の前にララが立ちはだかります。ララVS凛…全銀河を支配するデビルーク王の娘VS日本の巨大財閥?の娘の従者…圧倒的な差があります。
6288
 ララは「宇宙最強の暗殺者」ヤミちゃんとだって互角に戦えるのですよ?果たして凛にいかなる秘策が…

6291
ありました!そうです。ララは尻尾が弱いのです。うーむ、そこを突いてくるとは…いや、
6289
 「こんなこともあろうかと」、対ララ用の秘密兵器を用意していた凛の用意の良さを称えるべきでありましょう。(画像は真田志郎
 うーむ、それにしてもこの描写はすごいですね…矢吹先生が日々少年誌の限界に挑戦している様が伺えます。
6292
ヴヴヴヴ
「はあっあっ」


 どう見てもバ○ブですよね…少年誌でバ○ブ…「To LOVEる -とらぶる-」が人生初スッキリになる小学生がまた増えます。いや、私が小学生の時にこの作品に出会っていたえら間違いなくそうなってましたね。
 それにしてもララは尻尾が弱すぎです。将来リトは、ララにこれをつけさせてから挿入した方が…(下品)バ○ブの振動でリトの方もより気持ちよく…(しつこい)
閑話休題。さて逃げたリト+天条院の方は、
6293
 デビルーク3姉妹の部屋に逃げ込みます。緊迫した場面です。手に汗握ります。ハラハラドキドキです。しかしこれは「To LOVEる -とらぶる-」です。この作品において、リトが大急ぎで部屋に飛び込んだりしますと…
6294
 やはり…モモがシャワー浴びてました。こういう強運を私も持ちたい…心からそう思います。それにしてもモモは小悪魔ですね…
6295
 「ナイショで」というところが重要です。秘密を共有することで、より密接な関係になろうとしているのです。ララもうかうかしているとまずいかもしれません。耳年間ですし、「既成事実を作っちゃえば…」とか言う娘ですよ。どちらにせよ、リトがうらやましいことだけは確かです。
 さらにこの「To LOVEる -とらぶる-」におきましては、このようなラッキースケベのあとは、
6296
 ナナのようなキャラに見つかってボコボコにされるわけです。まあ、ナナにならボコボコにされてもいいわけで、リトがうらやましいことだけは確かです。
 …そんなことをしている間に、綾+凛が天条院を捕まえてしまいました。
6297
 ここで天条院が父親の薦める海外留学を拒んだ理由が明らかになりました。
6298
 そうです。なんと、天条院は綾+凛と離れ離れになるのが嫌だったのです。本当にいい娘ですね…何度も書きましたが、「To LOVEる -とらぶる-」の美少女キャラたちは本当に人間的に好感が持てる娘ばかりですね。読んでいてこれだけ気持ちよくなれる作品も珍しいでしょう。気持ちよくなれるのは心だけではないですが…(下品)
 その後ララの薦めもあり、父親に自分の気持ちをはっきりぶつけた天条院…しかし父親がそう簡単に納得してくれるはずが…
6299
納得しました。な、なんと…しかも豪快な笑い方、
6214
 前回のこの表情は何だったんですかね…これではBL同人誌はきつそうです。いや、根拠があるわけではないですが。女性の方には受けないですかね…女性読者の方の意見がお聞きしたいものです。
 最後は天条院+綾+凛のさわやかな笑顔で締めです。今回の話、最低3話は続くと思っていたので少々意外といえば意外でした。しかし、前述しましたがなんともさわやかないい話でしたね。ドラマCD4でもありましたが、この3人の関係は劉備+関羽+張飛のようですね…
 全然関係ないですが、今回のララのバ○ブ攻めは、繰り返しスッキリできそうです…

追記:それにしてもララ…
6300
家出にピッタリの星があるなら、なぜ地球に来たんですかね…

追記2:前回、凛の兄妹かいとこ同士?と予想した九条戒ですが、
6301
凛の父親でしたね。えらく若いですね…私の考えすぎでした。


↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

変態攻めとかもありですよ。

「こんなこともあろうかと」は宇宙戦艦ヤマトでの決めセリフですが、
振動リングネタは横隔膜が痛くなるほど笑える。
ギャグとエロ、最後は沙姫チームの友情と、畳み掛けるような展開で、
沙姫父があっさり引き下がったのは拍子抜けでした。
父親と向き合うようにアドヴァイスするくだりは、ララの心境の変化と
成長が表現されていて、いいシーンですね。

モモは、完全にリトの義妹兼愛人のポジション狙いなのか。
ナナが出てきたのはトイレでしょうか。リトがドアを開けたら、ちょうど
ナナが用を足していました、という別な「お約束」もありえたわけですか。

ピッタリの星云々については、ララの知っているデビルーク支配下の星では、
ララ自身か逃げ込んだ場合はすぐギドやザスティンに見つかるからでは。
アニメ版のように撃墜はされないでしょうが……。

今回は全部バ○ブ攻めに持ってかれた感が・・・
流石、矢吹大先生!妥協無き挑戦者だ!

それにしても展開早いなぁ~と。もう少しひっぱっても悪くは無かったとは思うんですけど・・・
しかしながら、重要な部分とエロはしっかりあったので何ら問題無いんですけどねww

最後に、ナナはやっぱりルイズにしか見えない・・・髪解くと余計に

対峙するララと凛のシリアス場面 → ページ捲る → ララがバイブ責でビクビク
エロいんですが、あまりの落差に笑わせて頂きました。
全盛期の野茂のフォークボールのような落ちっぷり!
尻尾が(性的に)敏感の設定は少年誌エロのノーベル賞もの!

姉妹宅に入ったリト、もし反対側ならトイレ中のナナとラッキースケベ!
鷲巣様に負けないほど幸運の女神に愛されているな~

この三人の絆は「桃園の誓い」と同等なんでしょうね。
理より義や情を重んじる沙姫さまは劉備玄徳っぽいイメージがあります。
彼女の性格は父親ゆずりということでしょうか?

バイブを手にした美柑、この後こっそり自分で楽しむんでしょうか?
ララさん・・すごく気持ち良さそうだったなあ・・とか思い出しながら

ラジオランチ

でも沙姫様は自分では思っているほど孤独ではないと思います。校長もいますし…。ララのバ〇ブ攻めは目の保養になりました。

このヘンタイ度はコクがあり過ぎですね…、ララがしっぽでのバ○ブ責めを食らったり、モモのシャワータイムに突撃したり…、やはりここはナナのトイレタ…いえ、何でもありません。
まぁ沙姫の海外行きが白紙になり良かったですな…、時を進めて卒業したら話は別かもしれませんが…

久々の投稿!
今回はもう眼腹。僕はララの次にモモが好きなんですけど・・・モモのシャワータイム最高です。「・・・一緒に浴びます?  お姉様たちにはナイショで・・・・・・」というところ、僕だったら「はいっ!」って即答ですよ。あぁリトが羨ましい。

今週はそれにララのバ○ブ責めと言うことなしです。

↑の名前間違えました。・ヤハチン・デビルークが抜けてました。

あと2話くらいは続くかと思っていたので、この急展開は意外でした。
凛のバ○ブ持参という用意のよさは笑えましたね。
あんな物をどこから調達してきたのか疑問でしたが、考えてみれば天条院家の財力ならあれを造るくらいは楽勝でしょう。
それにしても沙姫の高笑い癖は父親から受け継いだものだったようですね。

まさか二話完結とは思いませんでしたよww
またしてもザスティン出番なしww

しかし今回の話はまた泣かせる話でした…綾じゃなくても沙姫様に抱きつきたくなります。こんなに大切に思える友達がいる沙姫様達は幸せですね。
劉我も中々に理解ある父親で…ほんとスンナリ終わりましたね。
もっと激しい争いになるのかと思っていたのですが…あまり重くならないのがTo LOVEるクオリティって事ですかね?

…にしても凛ww
ララ対策にバイブ持ってくるとかww
しかも特注ww
あのバイブはおそらくこれから先もララの動きを封じるために使われていくんでしょうかね?そしてその度にララはビクビクッ!と…たまらないですww

いや~、先週の話がシリアスだっただけにここまでエロくなるとは思っていませんでした(笑)

それにしてもララの腰の突き上げ具合が半端じゃないですね。無理だとは思うけど、いつかはララ・ナナ・モモのデビルーク3姉妹による一斉バ○ブを見てみたいものです(←駄目だコイツ…)

それにしてもリトがシャワールームに入る→モモに抱きつく(しかも腕組んで)の流れが不思議で仕方ありません(?_?)

あとここのところの低空飛行が、作者の体調不良による原稿の遅れによるものだと信じたいところです。

バイブ一個で追い込まれるとは、そこまで弱点を知られてしまった
ララにはなにか対策が必要ですね。
ベジータとナッパに習って、ララもリトと一緒に尻尾を鍛えたほうが
いいのでは。

自分の中でモモの株が急上昇沸騰中です(*´д`*)
リトはフラグいっぱい持ってて羨ましいw
姉妹丼もいいなぁ...

なぜ地球にきたか?
簡単な事では?
詳しくは一巻を見てください
リトとララがリトの部屋で会話をしているときに真相はわかりますよ

お久しぶりです。
前話から今回の話にかけてのストーリーは、シリアス、友情話が好きな私にとっては素晴らしい内容とだ思います。
沙姫メインでは一番良い回だと思います。彼女はギャグキャラな感じがあるので尚良かったです。
こういう話が今後も度々出て欲しいです。
それにしてもいきなり笑い出す所はやはり親子である事を感じさせますね。

おや、真田さんとは。「こんなこともあろうかと」は名言です。(w
ますます年ばれそう・・・。

んで、本題。ちょっとエロもありましたが、サキとその周りの友人、家族と、ちょっとほっとする話でしたね。

娘の沙姫が可愛くて結局折れてしまうというのは何か分かる気がするというか
やはりとらぶるらしく悪い人は一人もいないなあ、という感じでした。
久しぶりの沙姫回良かったですね~。

授乳にバ○ブ・・・最近の矢吹先生は暴走気味ですね、これらをジャンプでやるとはお二方は チャレンジャーですね。
それにしてもこうもあっさり解決するとはぼくも意外でした、しかもあの
気持ちのいい笑い、やはりとらぶるはこうでなくちゃ!最後のコマ
には心が穏やかになりました。

バイブと言わず、婉曲的に「振動リング」と言う凛が、妙にハレンチに聞こえてしまいました。
そのリングを外した後、美柑の「これ、何に使うんだろ…?」と言いたげな不思議そうな表情が何だか好きです。

今回ちょっと気になった、かな~りマニアックなトピックを一つ。
ララってミニスカートをはいている時(例えば制服の時など)、尻尾は上着とスカートの間(腰の辺り)から出している事が多いと思うんですが、今回はスカートの下から出していますよね。比較的丈が長いスカートの時は下から出している事もある気がしますが(例:メイド服、トラブル9「お買い物パニック」の時の私服など)、ミニでは少し珍しい印象を受けました。
…ってマニアックすぎて、超どうでもいい話でしたw

今回はララがバ○ブ攻めということでとてもエロい回になっていますね。
モモの小悪魔は最高ですね。まさにあの状況になってみたいものです。。
今回はまさにとらぶるてきな回になっているので○見ですね!
とらぶるはラブコメからしてもソートー上のほうじゃないかと思います。
ということで、早くOVAでないかな~~笑

二度、連続で書き込んですいません。(ーー;)
管理人さんとらぶるの公式サイトが大分更新されています。
よろしかったら行ってください。知ってたらすいません。

ララは尻尾をつかまれただけでもダメなのに、そこに振動が加わればそりゃあーなります。そんな弱点を無防備にさらしておいていいものかと。
凛はとんでもないおもちゃをつくりましたね。美柑は最後に振動リングを持っていましたが、その後どうしたのか。

今回はエロ無しの展開かな~とおもったのですがいきなりのバ○ブ責めw。矢吹先生は本当に期待を裏切りません。さらにはモモの裸まで見れて2週間待った甲斐がありましたよ。

あっさり、カタがつきましたね。沙姫が留学を嫌がった理由も考えてみれば、納得できるものでしたし…。oneさんも仰っていますが、僕も、モモとあの状況になってみたいです。当然、その後は…(以下、自主規制)(ちなみに、僕はナナよりモモの方が好きです)余談ですが、もしリトが応じていたら、モモはどんな反応をしていたんでしょうね?次回は、久し振りに、学校での話と制服と春菜が見たいですね。

ララの尻尾は性感帯なのだろうか…

初コメ

前からずっと見てましてようやく初コメします。

今回はいろんな意味でいい話でしたね(笑 
自分は一番好きなモモの裸を見れて本当によかったです。
あとリングをつけられた時のララの「えっ!?あっあっあ~~」のセリフも好きです。
本当に矢吹先生は凄いです
長文失礼しました。

ララの悶絶シーンで全てが吹き飛びました(笑
矢吹&長谷見先生ありがとーーーっ!!と叫びたい!!
もうこれだけでお腹イッパイです。本当に最高。
エロカワ過ぎるよララ。

以下気になった点です。

・劉我さん、ハナっから留学させる気は無さそうだったと思えます。
娘の反抗に対して「成長したな」と微笑んでいたり、今まで準備していたことを何のためらいも無く白紙に戻したり。
本来の目的は、「娘の成長を確かめる」ことだったと思います。

・「家出用の星を紹介してあげる」と言うララ
もしかすると、地球の他にも家出用の星を検討していたのかも・・・
そしてたまたま来た地球で、リトと出会って恋に落ちた、なんていうのは本当に素晴らしい偶然だったのでしょうね。

話の掘り下げ方が弱い気もしますが、通常回と比べたら間違いなく良回でした。
新年早々、再び矢吹長谷見両氏に期待できそうです。

>女性読者Aさま

 おお、これは女性読者の方の貴重なご意見…

 参考になります。またよろしくお願いします。このブログの女性読者は少ないでしょうから。

>Mugaさま

 「こんなこともあろうかと」といえば真田さん…

 天条院の父があっさり引き下がったのは私も驚きました。まだまだ悶着があると思っていましたから。ララは成長しました…ナナモモはララとはちがう味がありますね。

>ララの知っているデビルーク支配下の星では、
ララ自身か逃げ込んだ場合はすぐギドやザスティンに見つかるからでは。

なるほど…これはうまい。天条院は地球以外の星に逃げれば絶対見つかりませんしね。
 
 

>マックスさま

 バ○ブ攻めはすごかったですね…

 マックスさまのブログを拝見しましたが、今週はララでスッキリされたようですね。私もすでに3回…

>読者の一人さま

 ララと凛のシリアス場面 → ページ捲る →バトル!

 …と普通はなるのですが流石は矢吹先生…バイブ責…誰も考えられないでしょう。すごい…

 トイレ中のナナとラッキースケベもいいですね…リトは幸運すぎです。宝くじでも買えばいいのに…確かに鷲巣様や兵頭なみの強運…!
 
 バイブを手にした美柑、オカズはリトですかね…(下品)

>To LOVEる -とらぶる-さま
 
 天条院もヤミちゃんも美柑も、孤独ではないですよね。

 みなの絆が見ていて気持ちよくなります。

>ポケ鉄さま

 ナナのトイレタイムはそれはそれで見たかったですよね。

 天条院の海外留学、考えたくはないですが最終回あたりで実現するんですかね…

>ユウ・ヤハチン・デビルークさま

 おお、モモ好きですか…私もそうですので、いっしょに浴びるでしょう。その後は石鹸も使いながら…

 モモはバ○ブ責めも許してくれそうです。

>Kaoluさま

 天条院家の財力なら、確かにあんなものは作れるでしょう。ラコスポあたりが入手したら…と考えると背筋が寒くなります。

 3姉妹まとめて…そんなエロ同人誌が出そうです。

2話完結は意外というか、ひょっとして残り話数が少ないんじゃ・・・・
と連想させられてしまいます。

今までの経験上、話の展開が加速しだしたら連載終了のサインなんだよなぁ・・・

>モー牛さま

 ザスティン、最近回想でしか出番ありませんね…たまには天条院に会ってやってほしいところです。

 天条院、人望厚く、リコへの接し方から見ますに情もあり、将来はよい跡継ぎになれそうな気もします。「To LOVEる -とらぶる-」だけに重い話はちょっと…と思っていましたので、あんなところで終わって良かった気も…

 あのバイブ、これからもじゃんじゃんやってほしいですね。一向に構わん!スッキリスッキリ…!

>狩人さま

 今週、もしかしたらエロなしと思ってましただけに意外なエロさでした。

 ララ・ナナ・モモのデビルーク3姉妹が一斉に腰を突き上げ、挿入比べ…そんな同人誌読みたいものです。

>リトがシャワールームに入る→モモに抱きつく(しかも腕組んで)の流れが不思議で

 正面衝突して顔面騎乗になるマンガですからね…

>紅さま

 スイカ・パニックのときにいた人々には、全員に弱点知られてるんですよね…

 デビルーク星人は大丈夫なんですかね…男は問題ないようですが。

>K.Tさま

 モモ、だんだん魅力が出てきましたよね…

 デビルーク3姉妹との4P同人誌が見たい今日この頃です。

>葵さま

 まあ確かに…

 なんにせよ、ララは地球に来て本当に良かったですよね。

初めまして、前々からこっそり通っていました。
TO loveるのBL同人誌なんて考えもしなかったのですが、言われてみて個人的に使えそう(もしかしたらもう誰かが使ってそう!?)なのはリトとザスティン、レン、遊くらいですかね~。それ以外は想像を絶するので分かりませんorz

>心さま

 おお、お久しぶりです。そうですね。「To LOVEる -とらぶる-」はこういういい話も多くていいです。

 天条院メインでは、確かに屈指の出来…って、まだあまりメイン無いですか。

 ルンメインでいい話も見たいですね…ルンの家族が登場とか。

沙姫様メインの話でしたが自分的にはモモがかわいくてしかたありませんでした。
ナナより僕はモモのほうが好きですね。
自分の中ではモモの好感度が急上昇中です。しかし沙姫様の父親は前回の印象と
ずいぶん変わりましたね。今回はシリアス前回と思いきやずいぶんエロかったですね^^
それにしても、モモのシャワーシーンは最高でした。

最近、長く続くかと思いきや次の回で終わる話が多いですよね。おばけスイカの回もすぐ終わっちゃいましたし…。

モモにやられましたね。あの驚いた顔。恥じらいながら誘う顔。すばらしいです!そんな石鹸まみれのモモにだきついたリトは本当にラッキーボーイですね。石鹸まみれというのが個人的に高得点です(え
自分ならあそこで誘われたら再び抱きついて押し倒し、まずちくb(途中性的に過激な表現を含むので省略)
沙姫も帰ってきて絆を感じれる良いお話でしたね。

すばらしいですね~!バイブてお前wwwww悶えるララにはスッキ・・・・なんでもないです。特にモモ!「私のどこが嫌なのですか?(グリグリ)くわしく教えてくださらない?(ゲシッゲシッ)ねえ!?」と脳内で存分にお仕置きされてしまいました・・・・末期だな・・・・俺・・・・・・・ララ・・・・・やっぱり成長してるんですね・・・・嬉しいですねえ・・・・・!人の心をわかれる優しさに磨きがかかってます!一体どこまで俺の心を奪い去れば・・・・・っ!ララ最高っ!この気持ちは!ジジイになっても変わりませんぜ!ララは俺の心の嫁です!

>モグラ総統さま

 ヤマトは大好きですね。999も…

 今回はエロあり、いい話あり、「To LOVEる -とらぶる-」らしい素晴らしい話でしたね。

>太一さま

 「To LOVEる -とらぶる-」には悪い人はいないですね。

 天条院の父親は悪そうにも一瞬見えたのですが…

>ケン・タローさま

 授乳にバ○ブ・・・矢吹先生はどこまで進化されるのでしょうか?

 このままいったら30巻あたりでは大変なことに…

 気が早すぎですかね。

>ティアさま

 あの美柑の表情、いい味出てましたね。美柑があれを使って慰めて…流石に18禁行きですか。

 ララのスカート、確かになかなか面白い考察ですね。一度考察してみたいものです。

>oneさま

 モモはまさに小悪魔…最初腹黒キャラということで、ルンと似てると思ったのですが、ちゃんと個性が出てますね。

 そういえば、ルンとナナモモは話したことないんでしたっけ?

>隠さま

 ララはしかし、尻尾で果物をつかんだことがありましたね。オキワナ星で。

 しかしデビルーク人の弱点ですね。あのおもちゃ、ラコスポあたりに使用されたらまずいのでは…

>黒狐さま

 私も今週はエロなしだと思っていましたからね…

 矢吹先生にはいつも驚かされます。

>岡山っ子さま

 モモ派とナナ派とどちらが多いんですかね…

 モモ、リトが応じていたら、洗いっこになって、モモが上に乗ってですね…下品でしたか。

 でもモモはローションプレイも達人だったりして。しつこいですか。

>いいのぅwさま

 そうでしょう。

 将来の夜の生活も安泰です。

初コメントありがとうございます。

>マルさま

 モモが一番お好きですか…最初に比べてもいいキャラになってきましたね。

 ララの悶えようには、お世話になりました。自然と興奮してきますね。

>秋さま

 「娘の成長を確かめる」ことですか…なるほど…確かに親としては、反抗してくれるくらいの方がうれしいですよね。意味はあったわけです。

 ララの家出に関するのも、その通りでしょう。考えてみれば、地球に来たのは完全な偶然でしたからね。

 「To LOVEる -とらぶる-」は今年も来年もまだまだ行きます!

 

>白マッチさま

 まあ、2話で終わる話も結構ありましたからね…

 打ち切りだけは勘弁してほしいです。

>女性読者Bさま

 おお、これは女性読者Aさまに続いて女性読者Bさまが…このブログも女性読者がおられてうれしい限りです。

 「To LOVEる -とらぶる-」のBL同人誌は流石に見たことないですね。冬コミで普段BL同人誌描いておられる女性作家さんが、ザスティンが女体化して、部下2名と…という本出しておられましたが。

 「To LOVEる -とらぶる-」は、散々使わせてもらってます…もう100回は超えてるような…

 前々から見ていただいておられるとのことで、ありがとうございます。

>キラさま

 天条院の父親が1話でああなるとは…

 まあ、シリアスになりすぎないのが「To LOVEる -とらぶる-」の良さですよね。モモのシャワーシーン、ララとはちがう味がありました。

>ソリソリッドさま

 ダラダラ引き延ばさないのが「To LOVEる -とらぶる-」の良さですが、おばけスイカの回はもっと見たかったですね。水着まつりでしたし。

>TLV さま

 石鹸まみれというのがますますエロいですね。エロゲーでも、石鹸まみれの場面はお気に入りでよく使用してます。実写DVDでも、ローション、ソープ系が好きですね。

 実に良かった…

>アンクさま

 ララでスッキリは当たり前なのですが、モモの妄想もいいですよね。

 モモに攻められて、無理やりスッキリさせられるのも一興といういうところです。

 ララへの思いは、私も同感です。

15巻を読んでて思ったんですが、綾って元々、天条院家と関わりのない家柄(人間)なんだから、劉我の命に従ったり凛と一緒に沙姫を連れ戻しに行かなくてもいいと思うんですけど…。何が言いたいのかというと、話がややこしくなりそうですが、沙姫を守る立場に回っても良かったんじゃないかという事です。

>岡山っ子さま

 そう言われればそうですね。うーむ、不思議といえば不思議であります。

きき

ララ達宇宙人設定じゃなく地球人の設定
よかったじゃないか?

>To LOVEるファンさま

 この世界の人々は宇宙人に全く動じませんね…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/620-30da2a46

振動リングと不法侵入

古手川さんと海外留学したい。

To LOVEる トラブル132「クイーンの帰還」の感想

 父親からの突然の海外留学の話に反発して家を飛び出してきた沙姫。結城家にしばらく身を隠すことにしますが、沙姫の父親の命により、凛と...

誰にも断つことができない絆 To LOVEる -とらぶる- トラブル132 「クイーンの帰還」

To LOVEる -とらぶる- トラブル132 「クイーンの帰還」 振動するおも...

To LOVEる 第132話 引き裂けない沙姫たちの絆!ララのバイブ責め解禁にモモのお風呂も

           とりあえずモモさん最高でした!!!! 原作版「To LOVEる」の132話目『クイーンの帰還』よりー。

トラブル132 クイーンの帰還

今週もトラブルの時間だよ~ 先週のラストで沙姫からすれば裏切りとも思える発言をした凛。 それで動転している沙姫に、 追い討ちをかける...

ジャンプ 8号 感想

ジャンプ 8号 感想

週刊少年ジャンプ 2009年08号の感想でも

ToLOVEる トラブル132「クイーンの帰還」 続き物のエピソードで間が空いてしまうとテンションが下がってしまいますよねw それに今回の「ToLOVEる」はなにかなぁ~と、少し考えてしまいましたよw そのため、間が空く場合は切りよく終わるよう調整してほしいところ

週刊少年ジャンプ8号(2009) 漫画感想

今週号の感想は ・ONE PIECE ・バクマン。 ・こちら葛飾区亀有公園前派出所 ・アイシールド21 ・PSYREN-サイレン- ・To LOVEる-とらぶる- 以上の6本...

トラブル132「クイーンの帰還」 タイトルw

なんか長期にわたって更新停止状態が続いてしまって申し訳ないです… まあちょっとばかし理由があるんですがね… 身内話になりますので、...

FC2Ad

相続 会社設立