アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

ジャンプ1のエロエロ漫画「To LOVEる -とらぶる-」作者は妻子もちだったんですね!

 私たち読者に毎週、あんな絵や↓
 15
こんな絵↓
 33
 を提供してくださる矢吹健太朗先生。そんな矢吹先生って妻子もちなんですね!

363
WEBアニメスタイルCOLUMN第32回黒猫制作話(3) ~『D.M.C』情報#11より

 びっくりしました。ウィキペディア(Wikipedia)によれば、矢吹健太朗先生は1980年生まれですから、今年で27歳。確かに妻子がいてもおかしくない年齢ですが…  BLACK CATの連載が2004年で終了。To LOVEる -とらぶる-の連載が2006年からですから、その間で結婚されたのでしょうか?  
 もし矢吹先生が私の父親なら…私の同人誌にゲストで描いてほしいですね…ララx春菜または古手川の百合ネタで…  しかしこうなりそうです。↓ 365
 それにしても矢吹健太朗先生に妻子が…本当にびっくりです。
↑押してくださったあなた様は神様です。
 

コメント

もしかしたらララのモデルは奥さんで、美柑のモデルは娘さんだったりして。
だとするとララと美柑の洗いっこや、リトとララの妄想洗いっこは、実際の出来事?
美柑の乳首が出ないのは、娘さんを大事にしているから、ガードが強固・・・ってのは考えすぎですね。
にしても結婚後に作風が180度変わってしまう矢吹先生、やっぱり女体に自信が出てきたんですかね?
長谷見先生も結婚したらもっとはっちゃけちゃうかも知れないですね。

>モー牛さま

>結婚後に作風が180度変わってしまう矢吹先生、
やっぱり女体に自信が出てきたんですかね?

いやーその発想は無かったですね。
BLACK CAT時代はほぼエロなしだったのに…
ララのモデルは奥さんだったらいいですねー。
妄想するとすごうことに…

よくこんな情報見付けてきましたね。
奥さんはお色気シーンに理解は有るんでしょうか?
以外にモデルとしてポーズ取ったりして、手伝ってるかもしれませんね。

まぁ黒猫でエロが少なかったのは矢吹先生が戦いの最中のエロに色気を感じないとかだから黒猫連載時かもしれないですけどね、ご結婚。
(イヴがドクターに服破かれたシーンはあったけどエロではないかなぁ)
っていうか矢吹さんって27歳だったんですね。
邪馬台の単行本にあった生年月日のせいで個人的に24歳くらいで止まっていたのでもう30歳に近くなっていることにビックリしました。

>daichiさま

確かにお色気シーンを奥様はどう思っておられるんでしょう?
ララそっくりの奥様だったら、毎日うれしいですね。
私もほしいです。

>ゆうさま

お久しぶりです。
邪馬台の時にはまだ20歳前後だったんですよね。
天才ですね。
ちなみに結婚の時期は私の想像です。
黒猫も結構休んでたときがありましたから、
その時に結婚されたのかも。

ちなみに赤松先生は30過ぎまで童貞だったらしいです・・・・

>ちなみに赤松先生は30過ぎまで童貞だったらしいです・・・・

そ、そうなんですか…

>ちなみに赤松先生は30過ぎまで童貞だったらしいです・・・・

つまり30歳から結婚するまで赤松先生は魔法が使えたのか。
もしやネギまの魔法は全部先生が使える呪(ry

ネギまの魔法使えたらいいですね…

女性の裸体を描くために結婚したのか、結婚したから
女性の裸体を描きたくなったのか(笑

どっちなんでしょう?

でも、(物理的に)傷つくシーン、拘束シーンが好き
な私としては今後ぜひこれらを入れて貰いたいとか思
います(爆)黒猫の好きなキャラはセフィリアですが、
好きなシーンにはリンスやイブの拘束シーンなんかも
含まれてますし異質エロ?は大好物なんですが(をい

でも一番好きなシーンはセフィリアがクリードに踏み
つけられてるシーンだったんですけども;;

そういう意味では結構初期?からこういう(エロ系)
気質が描きたかったのかもしれませんね。

>ビスタさま

リンスやイブの拘束シーンありましたねー。
To LOVEる -とらぶる-ではヤミちゃんがぬるぬるしたもので旧校舎で弄ばれていた場面が大好きです。
セフィリア私も大好きです。声優さんの井上喜久子さまが大好きなせいもありますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/70-9f60bf2d

FC2Ad

相続 会社設立