アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

「To LOVEる」の後継者あらわる!?赤マルジャンプ2009春号に、女忍者ラブコメ!

 本日発売されました赤マルジャンプ2009春号、「To LOVEる -とらぶる-」の番外編等は掲載されていませんが、『エム×ゼロ』叶恭弘先生の読みきり目当てに購入…もちろん叶恭弘先生の読みきりも素晴らしかったのですが、意外な掘り出し物を見つけました。
7042
 ユウキ アキラ先生の女忍者ラブコメ…この作品こそ、真の意味で叶恭弘先生以上に「To LOVEる -とらぶる-」の後継者と申せましょう。今回の記事では、魅力について紹介させていただきます。


平凡な高校生、小林…そんな彼のところにいきなり、
7043
 戦国時代からタイムスリップしてきた女忍者が振ってくるのです。いきなり顔面騎乗…!この時点で「To LOVEる -とらぶる-」の後継者の資格十分なのですが、

7044
 感じてます。うーむ、すごいですね。「To LOVEる -とらぶる-」の後継者の資格十分…ところでこの女忍者、なぜ戦国時代からタイムスリップしてきたのでしょうか?
7045
 なんと主人公の小林は、予言によれば「一生結婚できず、子供も作れない」のだそうです。そこで彼の戦国時代のご先祖さまが、子供を作られせるために、タイムスリップで女忍者の紅葉を送り込んでくれたのだとか…
 無茶苦茶な設定が面白いですが、いいご先祖さまです。こんなご先祖さまがほしいものです。
7046
 なんですって…!でもやはり、上手くいかずに突き飛ばしてしまうあたりが、ドジでいい感じです。かわいい…
 さてその後、サービスシーン…
7047
お約束の「お背中流しますわ…」があり、
7048
 お約束の「ぷるん」があり、お約束の主人公の鼻血ブーがあり、お話は進んでいきます。ここまでお約束通りに進みますと、むしろ気持ちがいいものがあります。女忍者の紅葉が風呂場に入ってきた時点で、後の展開が完璧に予想できるのがすごいですよね。
 ところで、主人公の小林には、密かに思っている天草さんという同級生がおります。
7049
 紆余曲折あり、この天草さんとデートすることになってしまいました。ついついこの天草さん、「To LOVEる -とらぶる-」の春菜のような、純粋無垢、清楚可憐な娘なのかと思いきや、
7050
 実は嫌な娘でした。ひどいです…しかも偶然出会った同級生の不良たち数人に小林を襲わせます。危うし小林!
 まあ、お約束通りに女忍者の紅葉が助けに入り、忍法を使うわけですが…
7051
忍法「怒りの紅天井」…!
7052
 なぜか脱ぎます。うーむ、こんなところまでサービスシーン…「To LOVEる -とらぶる-」の後継者の資格十分…(しつこい)ここで、戦国時代の女性のパンツが、あんなもののわけない…などと考えてはいけません。考えるな、感じるんだ…(ブルース・リーの名言)
 オチは、次にタイムスリップできるまで、10年はかかるので一緒にいたいということで…
7053
 最後にまとめますが、実に面白いですね。いい意味で。脈絡のないエロといい、女忍者の紅葉のかわいさといい、まだまだ荒削りなところも多々見られますが、連載で読んでみたい気がします。連載になりますと、おそらく女忍者の紅葉の同僚たちがタイムスリップしてきて、居候がどんどん増えていくのではないでしょうか?
 皆様、そんな続編が読めますように、アンケートハガキをよろしくお願いいたします。

追記1:それにしても、作者のユウキアキラさん…グーグルなどで調べましても、詳細がわかりませんでした。ご存知の方は是非お教えください。

追記2:本文では紹介しませんでしたが、この作品のすごさをもう一つ…作中で女性の担任教師が、ロッカーの中に閉じ込められる場面があるのですが、
7054
 「To LOVEる -とらぶる-」の御門先生もビックリのエロ下着…しかも全く意味のないサービスシーン…まさに「To LOVEる -とらぶる-」の後継者の資格十分…(まだまだしつこい)

他サイトさまの記事

忍カノ! くれは(byユウキ アキラ先生)の感想
(新さくら日記さま)

EYESCREAMと赤マルジャンプ
(ANARCHY DIARYさま)


↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内容からして「ああToLOVEる枠狙ってるけどToLOVEるまででは無いよな」
と単純に考えてましたけど甘かった。
ここまで来ると逆に恐ろしく感じました。

「めだか」や「エリーゼ」が霞んで見えるほどのサービスシーンやぶっ飛び内容など、本当に編集部がToLOVEるの後継者として育てたにしか思えないです、本当に。
特にパンチラとか風呂場での裸は確実にToLOVEる意識してるだろうなぁ。
もしアンケが良くてToLOVEるが終わったなら、確実に編集部は間髪入れずに「くれは」を出してくるでしょうね・・・
もしToLOVEる連載中に新連載になったら大変なことに・・・
救いなのはまだ「赤マル」ということ。新連載まで漕ぎ付くには、少なくとも2クールの余裕があるので「すぐに連載」という運びにはならないため、連載争いになる確率は低そうですけど・・・
ただ作品の感じとしては「M&Y」に近いと思うので、連載になったら苦労するだろうなぁ・・・とかも思ったりします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分も叶先生の読み切り目当てで買いました。
エリーザ読んだあと袋とじを読んだり、
全体をパラ読みしてたら"あの"顔面騎乗のページがw
自分、「何このToLOVEるw」とか思いながら読んでましたw

今度めだかボックスが連載開始しますが、
こっちのほうが歴代ジャンプの合法エロ(またはラブコメ)枠として適任なんじゃないかと思える内容でした。

これはもう2話以降18禁になりそうな勢いなんですが・・・しかし「子供を作ってください」あまりにも発言がどストレートですね、羞恥心の薄いララでもまだ言ってませんよ・・・これは本当にTo LOVEるの後継者になりそうですね。

あれ?お静ちゃんのスピンオフが載ってる…(違
WJ本誌の予告の時点からこの作者は矢吹先生のアシスタントかなにかかと思っているのですがそれは私だけですかね…?なんとなく絵が似てると思うのですが。(名前も「ユウキ」ですし…は関係ないかw)

内容は面白かったです!エロよしギャグよしラストのバトル(?)よし。予告から期待していましたが期待通りの物でした。(お父さんの目が「父」なのが芸が細かいのなんの)だだひとつ気になったのは最後の「好きにすれば?」。これはいくら主人公がシャイにしても冷たすぎるような…

PS 叶先生の読み切りの記事も期待している俺…

うーん、これはちょっと微妙でした……
ベクトルも全然違うし

こんなのがTo LOVEるの後継と呼ばれるようになったら、ファンとしては複雑だなぁ

立ち読みしてきましたww
話は面白かったと思います。
しかし、ToLOVEるの生存のためにあえて辛口でいいますと、
話の設定が今までのラブコメ作品とかぶりすぎてるような気がします。
特にToLOVEる・いちご…。
美少女が目の前に飛び込んでくるところとかが。
正直連載は難しいような気がします。

>TLVさん
この作者が矢吹先生のアシというのは自分も考えました。
特に目のあたりとかがすごい似てるような気がします。
そしたら、話の設定がかぶってる理由もわかるような気がします。

登場して間もないのにいきなり「子供作って下さい」っていうのは
少し驚きましたが、非常に読みやすい内容でしたね。いいです。
連載で読んでみたいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

話は確かに面白いですけど、余りにも感じがToLOVEると被り過ぎている気がしますねぇ。
それから今の話ではほとんど『ラブコメ』とは言い難いですね…もうほとんど『エロ』に偏った内容といい、話も結構雑…
連載するにしても、このままでは話を広げづらいですし…
もし連載にこぎつけても、自分も『M&Y』みたいになりそうだと思います。

ユウキアキラ先生は元々「ユーキあきら」と言う名の少女漫画家です。
りぼん等で描かれてました。しかしりぼんではあまり人気が振るわず、心機一転少年漫画に賭けた…のではないかと。
先楽しみです。

エロが多いのはいいと思うけど、ラブコメとしてはきついと思いました。
まあ後継者であるにしてもまだ先のことですし、クオリティではToLOVEるの方が上だと自分は思いました。

率直な感想としては、絵柄が90年台半ばのガンガン系…
というか内容もガンガンっぽいエロラブコメだなと思った次第です。
(オチモノでいきなり「子作り」とか)
コマ割ももっと強弱付けられだろ!と思ったり。

経歴が第2の河下水希っぽいので何となく親近感涌きますがw、
如何せんまだまだかなぁ。

全体的にジャンプではなく、ガンガン向けの内容ですね。

雰囲気もガンガンで連載中の「ながされて藍蘭島」に似てますし。

忍者のエロコメということで、以前、友人宅で読んだことがある「半熟忍法帳」を思い出しました。確かに、皆さんがおっしゃるように、90年代のガンガン系なノリですねぇ~。

お静ちゃんに似ててカワイイ

平凡な高校生のもとに忍者の女の子が現れるという設定は、河下先生(当時は“桃栗みかん”名義)の「かえで台風」と同じですね。作品自体は決して悪い出来では無いし、個人的には好きな作風なんだけど、まだまだ全体的な完成度では「To LOVEる」には及ばないかな、というのが感想でした。あと、個人的にはもう少し「エロ」より「ラブ」の部分を強調した内容にしてほしかったですね。それでも、まだまだこれからが楽しみな方だと思います。

余談ですけど、そろそろ河下先生の新作も読みたい…。

ユウキアキラなんて方知らないですけど、素晴らしい画風ですね^^;;

ベクトルが違うとの意見もありますが…
典型的な押しかけ女房路線を踏んでますね。To LOVEる にしても、うる星やつら にしても同じですよね…
やってきた女の子が異世界の住人で、目的が嫁になる事っていう初期設定までも同じですね。

ジャンプというよりヤンキンやアニマル当たりの方が
売れそうな内容であり絵柄だったな~

ユウキアキラってどこかで聞いたことある名前だと思ったら
バーチャファイターの主人公ですよね?

読みたくなってきたwwwwwww

赤マルまだ読んでないのですが気になったので立ち読みしてみようと思います。

余談ですがTo LOVEるのDVD1巻ようやく買えました。

冬川さんの考察と併せて見ましたが修正点がもう少し際どいほうが良かったのかなぁと感じましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これはなかなか面白い漫画ですね。無意味なサービスカットもそうですが、読みやすくまとまってていいと思います。まあ、みなさん言われているようにどこかで見たような感じはなくもないですが、個人的には好きですね。絵も結構いいですし。
ぜひ今後の活躍に期待したいものです。

…にしてもくれは、何かお静ちゃんに似てるww

りぼん所属だったユーキあきら先生ですね!
りぼんの別冊などによく描かれてました。
そのときからちょっとえっちな要素が入った漫画を描いてた気がします。

>秋さま

 「エリーゼ」連載向けではないですし、「めだか」はエロくないですよね。読み切り読む限りでは。

 この作品は、ものすごく連載に向いてると思います。「To LOVEる -とらぶる-」のあとは、真面目な話これが連載かも…

 「To LOVEる -とらぶる-」連載中は、これは連載にならない気がしますが。

>To LOVEるさま

 エリーザ読んだあと袋とじを読んだり、全体をパラ読みしてたら…私と全く同じ読み方です。顔面騎乗には笑いました。

 何度も書きますが、めだかボックスは読み切り読む限りではエロくないんですよね…

>ケン・タローさま

 ララはたしかに、「子供云々」は言いませんよね。まだ知識がないわけではないでしょうが…

 この作品は、堂々と言ってるのがすごいところです。

>TLVさま

 なんか主役の女忍者、確かにお静ちゃんに似てますよね。黒髪ですし。いい意味で本文でも書きましたがお約束エロの大爆発…!よかったですね。お父さんの目が「父」なのにも笑いました。

 ちなみに、作者は「りぼん」の作家の方みたいですね。

>To LOVEる さま

 顔面騎乗、お約束エロなんかは、「To LOVEる -とらぶる-」に通じるものを感じたのですが…技術的にはまだまだですが。

>狩人さま

 まあこういう美少女が目の前に飛び込んでくる作品というのは、多々ありますからね…しょうがない気も。

 独自色をどこまで出せるかが勝負では。本文でも書きましたように、同僚の女忍者が複数出てくるなど。

>タクさま

 絵もスッキリしており、読みやすいことこの上なしでした。
 
 ジャンプスクエアで読みたい気がします。

>To LOVEる さま

 話は、読み切りゆえに強引なところもあるのはしょうがない気が…

 連載になった場合、級友に「To LOVEる -とらぶる-」春菜みたいな娘を出したりすれば、いくらでも話が作れるような。

 新たな女忍者出してもいいですし。

>okgさま

 おお、そうでしたか。他の方にも、非公開コメントで教えていただき、本当に感謝しております。

 今後のユーキあきらさんに期待したいものです。

>マルさま

 そりゃまあ、まだまだ「To LOVEる -とらぶる-」の領域には達していないですよ。

 ただ、荒削りながらも光る点はありましたね。

>あずきさま

 90年台半ばのガンガン系… なるほど、そんな感じですね。ごく初期の「守護月天」にも似てる気がします。

 ただごく初期の「守護月天」同じく、コマ割などにはまだまだ改善の余地がありそうです。

 河下水希先生がこの話描いたら…うーむ、スッキリ度が数倍に…!

>通りすがり さま

 すぐに打ち切られましたが、「ダブルアーツ」もガンガン向けでした。

 この作品も、そうなのかもしれませんね。「ながされて藍蘭島」…言われてみれば…

>ティアさま
 
 忍者のエロコメというのは、エロマンガにも多々あるものです。

 そういえばエロゲーにも多々あるわけで、妙にエロいものがあるのですね。水戸黄門のお銀が人気あるわけです。

>VIPPERな名無しさんさま
 
 お静ちゃん、私も連想しました。

 ドジなお静ちゃんが、400年前に忍者なら、あんな感じだったのではないでしょうか。

>Takelerさま

 「かえで台風」ですか…流石にそれまでは読んだことがないですね。

 上でも書きましたが、完成度ではまだまだ「To LOVEる -とらぶる-」に及ぶべくもないです。ただもともとは少女マンガ畑の方ということで、将来は楽しみです。

 河下先生の新作、ジャンプスクエアで個人的には読みたいです。乳首OKですし…

>taka bonさま

 押しかけ女房路線は、うる星やつら以来の伝統であり、もはや1ジャンルと言っていいのではありますまいか。

 これだけあると、独自色出すのが大変です。

>さま

 ヤンキンやアニマルですか…アニマルの「藍より青し」、単行本全巻持ってます。ティナが一番好きでしたね。いい娘でしたが…

>shakeさま

 おお、そういえば…彼はそんな名前でしたね。

 バーチャファイター、2までは結構やってました。

>キラ速管理人さま

 おお、これはキラ速管理人さま …冬コミ時にはお世話になりました。

 まだ発売されて間がありません。是非本屋さんでお買い求めになってください。これと叶先生の読みきりだけでも、損はしませんよ。

>テイクさま

 買っても損はない出来ですよ。

 To LOVEるのDVD1巻、強いて欠点を挙げるならば、乳首をもう少しハッキリ見せてほしかったものであります。

>モー牛さま

 全く注目してなかったのですが、ここまで面白いとは。「To LOVEる -とらぶる-」に通じるものがありますよね。単行本で乳首修正もやってくれるとなおいいのですが。

 くれはがお静ちゃんに似てるという意見、多いですね。私も全く同感なのですよ。黒髪のドジっ娘って、何か妙にいいものがありますよね。

>ぽぽさま

 私はりぼん全く知りませんので、この先生も全く知りませんでした。
 
 そうですか、ちょっとえっちな要素が入った漫画…少女マンガ家にもいろいろおられますね。最近の少女マンガはエロ描写がすごいものが多いらしいですが。この作品くらいのほのぼのエロはいいですね。

ユウキアキラさん、少女漫画雑誌「りぼん」のユーキあきらさんでは?

すみません、リロードしてませんでした;
結論出てますね。
連載になるのを期待してます

>To LOVEるさま

 上の方も教えていただきました。

 連載に、いつの日かなってほしいですね。

今更ですが、ユーキあきら先生はりぼんの別冊に掲載されていた
「内気なゴースト」という漫画でトーン付き乳首を描かれていたような。
その後も後書きか何かで他のりぼん作家さんと乳首の話してたような気がします。
大分前なので曖昧ですがー しかし昔のほうがエロかったような

>cさま

 くわしい方はおられるものですね…そうでしたか。

 乳首も、単行本で追加されるとうれしいのですが。

 この調子で連載してほしいです。貴重な情報、本当に感謝します。

 そうですか、昔の方がエロいですか…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/705-2b68cdb1

EYESCREAMと赤マルジャンプ

ToLOVEるにはなれない。

忍カノ! くれは(byユウキ アキラ先生)の感想

 ちょっとHでドキドキなくの一ラブコメディが赤マルジャンプに掲載されました。この漫画を描いたのはいけない!ルナ先生が好きな期待の新人...

FC2Ad

相続 会社設立