アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル151 久々に「ペケが外れてララ全裸」の流れ…!名探偵ヤミちゃんが暴く真相とは…?

前回までのあらすじ:天条院の別荘に招待されたリトたち…そこに現われた殺し屋クロ…ヤミちゃんとも旧知の仲である彼が銃口を向けた相手とは…?くわしくは前前々回+前々回+前回の考察を。
7394
 …明らかに殺し屋クロの銃口の先には、ララと猿山がいます。それにしても情けないのは猿山です。先週は泣き叫び、今週はララの背に隠れる…そこにはオキワナ星編で狼狽しなかった面影は微塵もありません。
7395
 それにひきかえ、リトと春菜はどうでしょうか?ララをかばうのです。二人とも猿山とは雲泥の差…こんな猿山は見たくなかったです。あまりにもヘタレになりすぎです。まるで「バキ」のシコルスキーなみのヘタレ加速…
 おお、そこに殺し屋クロの背後にまわったヤミちゃんがトランス攻撃…!

7396
 うーむ、それにしてもいいパンツですね…ヤミちゃんはこれで3週連続でパンツを見せています。
7224
7392
 えっちいパンツ…!しかし今週のパンツは個人的この3つの中でも一番好きですね。こう…後ろから挿入する妄想でスッキリできますよ。ムチムチお尻を両手でつかんでですね…(下品)
閑話休題。しかし我々は、ヤミちゃんのトランス攻撃が炸裂した相手にこそ、驚かされるのであります。
7397
!?
 猿山…?さてはヤミちゃんも猿山のヘタレぶりに激怒したということでありましょうか?いやいやそうではないようですよ…
7398
!?(2回目)
 変装の達人カーメロン…ああ、なんということでしょう。殺されたと思われた執事の嵐山さんも、急にヘタレになった猿山も、宇宙人カーメロンの変装だったのです。読者諸君、これはいったい、どういうことなのでしょう。(江戸川乱歩先生風に)
7399
 名探偵ヤミちゃんの推理が冴え渡ります。殺し屋クロに追われていたカーメロンは最初執事の嵐山さんに化け、続いて猿山に化けてデビルーク3姉妹+ヤミちゃんの力で殺し屋クロを返り討ちにしようとしていた…そういうことだね二十面相君。(江戸川乱歩先生風に)
 宇宙人カーメロンは往生際が悪く、煙を放出したあげく、
7400
 今度はナナに化けるのでした。それにしても服まで化けるのは本当にすごいと思います。しかし実は先程の打撃により変身用の機械が壊れ、一目瞭然だったのです。
7401
↑偽者
7292
↑本物
 圧倒的なおっぱいのちがい…!これによって宇宙人カーメロンの変装はバレてしまうのです。
7393
 ニセウルトラマン並みにバレバレでした。ナナにボコボコにされるカーメロン…さらに殺し屋クロが銃口を向けます。ついに「To LOVEる -とらぶる-」で死者が…?
7402
 そこにセリーヌが!何者も恐れないセリーヌ…リトが引きはがすのですが、その拍子にペケが外れ、
7403
 ポロリ…久々ですね。「ペケが外れてララ全裸」の流れが…やりました!ペケの位置が邪魔ですが。それにしても不可解なのが、
7404
 ララのお尻が隠されています。トラブル148 「サイレント・アイランド」ではララのお尻は、
7172
 隠されてなかったのですが。うーむ、担当編集者内田さんの考えることはわかりません。トラブル146 「暗闇の中でうつるもの」で春菜のお尻は、
6999
隠されていましたが。規制の基準が一定しません。
閑話休題。さらに、リトの幸運は続きます。
7405
 揉んだ---!トラブル146 「暗闇の中でうつるもの」で春菜のおっぱいを、今回はララのおっぱいを…まさに揉み比べ…!どちらが気持ちいいんですかね…個人的には二人まとめてですね…(下品)
7406
 しかし人間万事塞翁が馬このララのおっぱいに真っ赤になった殺し屋クロが調子を狂わされて退却…宇宙人カーメロンはザスティンによって銀河警察に引き渡されて一件落着でした。めでたしめでたし…結局ララのおっぱい万歳!
7407
 ヤミちゃんの笑顔がなんとも言えませんね。最後にこの4週の殺し屋クロ編をまとめますと、バトルあり、ヤミちゃんの過去あり、ヤミちゃんと美柑の百合な友情あり、ララのおっぱいあり、ナナの巨乳化あり、ナナのおっぱいあり、ヤミちゃんのパンツあり、古手川のおっぱいあり…見せ場だらけの4週でした。たまには趣を変えたこんな話もいいですよね。

追記:やはり本物の猿山と執事の嵐山さんは、
7408
 物置に縛られてました。そりゃそうですよね。前述しましたが、猿山はあんな臆病者ではありませんよ。この作品の影の主役ですよ。表の主役になってはいけませんが。TVアニメ版は表の主役にしてしまったんですよね…

他サイトさまの記事

結局最後は全ておっぱいで解決! トラブル151 トモダチ(究極最終兵器2ndWeaponさま)

To LOVEる トラブル151「トモダチ」の感想
(新さくら日記さま)

普通だろ! To LOVEる -とらぶる- トラブル151「トモダチ」 (タカヒナの日常境界線さま)


ToLOVEる 第151話「トモダチ」。うみねこのなく頃に、事件は終わりを迎える…(日常と紙一重のせかいさま)

トラブル151 絶体絶命の危機!真実は一つ!!
(風の詩と剣の言葉 日本分部さま)




↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

ヤミちゃんは最近は推理物マンガを読んでいるんですね…。すっかり地球に馴染んでいます。ゆっくりと変わっていっているヤミちゃん、この先どう変わるのか…。楽しみですけど…。

はじめまして。
毎回楽しく読ませていただいてます^^

今週もおしり隠れてましたね。。。
あくまで、私の予想なのですが隠れている時は
「男子が目撃している」時に隠れているような気がします~
少年誌的にそういうのはアウトなんでしょうかねぇ···?

次の記事も楽しみにしてます!
失礼しました~

戦闘力の点ではララに及ぶべくもない常人にも関わらず、ララと猿山をかばって、
震えながらもクロの銃口の前に飛び出すリトは、やはり男気に溢れる好男子。
逆に、先週来の猿山の発言はさすがに酷すぎるので、オチが薄々わかってた人は
多かったようです。
嵐山さんの無事に涙を浮かべて喜ぶ沙姫にも好印象。

スピーディーな展開が身上のTo Loveるだけに、前半の解決編は一気に。
後半は打って変わって、普段のTo Loveるに強引に引き戻すかのような無理やりな
バカエロイベント挿入が、わかっていてもひどく笑えます。
先週、先々週とエロが少なかった埋め合わせでしょうか。

推理モノの漫画を読んだだろうと突っ込む美柑、その美柑たち友達に流血を
見せたくないと主張するヤミ。今週のサブタイトルどおり、美柑とヤミの関係に
フォーカスが当てられたシリーズでした。
去っていったクロも、自分の知る過去のヤミと現在のヤミとの違いに思うところが
あったようです。

ひとつ疑問が残るのですが、思わせぶりに出てきた黒猫は、結局クロの飼い猫では
なかったのだろうか?
「居心地良さに居座るネコ」という柱のあおりは、文字通りあの黒猫を指してる
わけではないですよね……。

ララの胸が世界を救う。

すばらしい展開です!
勉強になる話っす!
ララのお尻の【!?】マークは
あの角度だと女性器がモロ見えになってしまうからでないのかな?w

ニセウルトラマンに吹きましたww

やっぱり、最後はエロが大勝利ってところがToLOVEるらしいですね。
死人が出なくて良かったです。
最後のヤミちゃんの笑顔もたまりません。

やはり最後にはToLOVEるらしい終わり方でしたね。
よかったです。
ヤミが「トモダチにこれ以上…見せたくない」の場面で、
リトに向かって「彼なら…標的ですし」と言った時のリトの表情が笑えました。
結構ショックを受けてますよね…。
また前作のトレイン時では見られないような表情も見れて楽しかったです。

尻の件は残念だったが、ヤミのパンツはすじまで描かれててよかった。規制の基準がわからん

実にToLOVEるらしい話の締めくくりで良かったです(^^)
あの死体までが擬態だったのは読みきれませんでした。「トモダチに~」というくだりや、ちょっとづず表情のかわっていくヤミちゃんが過去の話も絡めて実によく描かれてて素晴らしいお話だったと思います。
後ろからのパンツも素晴らしかったですし(^^)
ところで今ふと思ったのですがクロ=黒猫でしょうか、同時登場のコマありましたっけ?

クロが可愛かった。あんなの見たら、調子狂うよな。
貧乳のナナの方が良いと思うw
闇のパンツは、今週のが一番良かった。なんか・・・最高のお尻だった。
春菜、前回あんなに怖がってたのに、かっこよかった。

 一番最初のセリーヌがポイされるのが可愛い過ぎてツボでした!どう見てもセリーヌの表情が遊んでもらってる様にしか見えないですね。
 後半のララの件を見て冬川様、大喜びなのだろうなぁ・・・と思ってしまいました(すいません)
 今回はヤミの過去、美柑とヤミの友情、前作BC主役の友情出演、唯のハレンチ化、お風呂、ララの大サービスと個々で一本話が作れるネタを4回で一繋がりにしてしまう長谷見先生の脚本と矢吹先生の構成力は毎度のことながら凄いと感心しました!あと今週の「To Loveる」ロゴの入れかたも何気にうまいと思いました。
 私もにせウルトラマンに吹きました(笑)おかげでとらぶるを扱っているブログであまぞんの広告がウルトラマン関連一色というすごい物が見られましたが(笑)それとあまり関係ないですが私もそんなに声優詳しくないです。かたよってはいるかも知れませんが(汗)
 最後にいつも冬川様、レス書いて下さってありがとうございます!!自分のコメントにリアクションいただけるのって嬉しいですね。本当に感謝です!!

コメントの人の推理が真芯を当ててましたね。
とらぶるはギャグ漫画なんで死人はでないという命題も正しかったようです。
闇ちゃんの乗り(推理)を鋭く突っ込む、みかん。漫才も楽しめていい落ちでした。

クロに銃を向けられた時、猿山がもし本物だったら・・
春菜:結城くんとララさんを撃つなら私を撃って
猿山:涙目(オレはどうなってもいいってこと?)
彼は閉じ込められていてよかった気がします。

ヤミ探偵の解説シーンは逆転○○のゲームの
キメポーズみたいでした。

サービスシーンではいつも先陣を勤める沙姫さまの出番が無い?
嵐山が無事だった後で来るのかと思っていたら・・少し残念でした。

やや赤面して「調子が狂う・・」とクールに去っていくクロですが、
ララが全裸でおっぱい揉まれるとこ見てたらおっきして
バレる前に退散したと言うことですね。(個人的解釈)

リトのラッキーエロが初めて役に立った気がする・・・。

あと、今週の矢吹先生の巻末コメントですが、
>実家から家族が来て、心機一転引越し作業中!一番大事な宝物も一緒です。
何か凄い感慨深いコメントでした・・・

やはり予想通りの展開でしたね、確かに猿山はあんなに憶病じゃないですよね、アニメの25話・26話のときだってリトと一緒にギドに立ち向かってましたし。あのニセウルトラマンは小さいころに「化ける必要ないじゃん」
とか思ってました・・・。美柑に推理物のマンガ読んだでしょと言われた時のヤミちゃんがとにかくかわいかったです、しかしリトのあの幸運を我々にも分けてほしいですよ・・・神様は意地悪だ。
次回の予告、気になります、今やってる仮面ライダーの影響でしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うん、ここのコメント欄の人達の大勝利。
というぐらいほとんど当たってましたね。
しかしこの作品の長編モノにしては全体的に結構レベルが高かった気がします。
特に今回の締め方には。

・とりあえずやっぱり猿山が標的でした
嵐山さんや猿山の今までの様子から宇宙人が化けているというのは分かりましたが、
光学迷彩までは考えていなかったなぁ。
まぁ確かに「血も消せる」といえばそれ位しかなかったですが。
そんでもって名探偵ヤミちゃんの推理でしたが、
個人的には「誰一人部屋からほとんど出ていなかったために猿山と入れ代われた」
というような伏線の回収をして欲しかったです。
にしてもこの宇宙人がニコちゃん大魔王に見えて仕方が無い件。

・もう一つ以外だったのが
ここでララとリトを庇いに行った春菜ちゃんですかね。
自分も倒れそうになるほど怖いのに、涙目になりつつも大切な親友と好きな人を
守ろうとした彼女は本当に初期と比べて成長したなぁと思います。

・ヤミちゃんにぶっ飛ばされた猿山をかわすモモ可愛い

つるぺた娘に胸足すなんて何て野暮なマネしやがるんだ

クールかと思いきやムッツリだったクロ
吹いたというよりは同姓から見ても普通に可愛かったぜクロwww
しかしヤミちゃんの「えっちいのは嫌いです」の台詞然り、
先生は上手いこと「ToLOVEる」のコンセプト生かしたキャラ設定をするなぁ。

ララの全裸が眩し過ぎる
ここで一気に思考がぶっ飛びました。素晴らしすぎて。
何ていうか、こういう場面でのいきなりのララの裸は
今でも見ててドキドキが止みません。
特にドキドキしたのが足まで見えたあの綺麗な背姿。今までそんなに無かったので。
そして胸の隠し方が逆に巨乳強調してるわ相変わらず下を隠そうとしないわと、
やっぱ「ToLOVEる」におけるお色気の第一人者は今でもやっぱりララですね。
あの胸もみでどれだけスッキリ出来ることか。
てか「わわっ」とか「ひゃっ」とか普通に超可愛いぜチクショウ。

・とりあえず今回何がしたかったのかというと、
過去話が出てきたこともあってやっぱりヤミちゃんの成長話ですかね。
特に「トモダチに~」の台詞は拍手モノでした。
周囲への配慮や自分から「トモダチ」と言ったり自然に笑えるようになったりと、
この娘自身も回を重ねるごとにしっかりと成長してるんだなぁと感じます。

・「いつも通り」ってザスティンの存在意義って一体・・・

今回は久々に春菜の出番があったり(酷)、ナナが巨乳化したり(違)、えっちぃ美尻&見事な推理を見せたヤミ等色々な展開が盛りだくさんでしたね。

そして!、何よりセリーヌの大活躍!!(熱)。
またもや「まうまうー(訳:皆仲良くまうー)」という語尾の「まうー」を取り外した最初の「まう」だけで意味が成立する主語も述語もそんなの関係ねぇセリフ到来ですよ。翻訳できるモモが羨ましい・・・・・(苦笑)。

しかし、「クロに飛び乗ったセリーヌを引きはがす」から「ララの胸を揉む」までに至るリトの行動がめちゃくちゃ不自然なのになんというスムーズさ!
「皆仲良くまうー(byセリーヌ)」+「リト(パパ)がララ(ママ)の胸を揉む」=「夜はベッドで・・・♪」
な、仲良くってそういう意味だったのかぁーーーーーっ!?(滅)。

探偵ヤミの解説。最後は指をさす決めのポーズでしたが、あれも金田一とかコナンでよく見るもので、今回の話は最後まで推理漫画の要素が端々に出てきてましたね。
それとそのあと美柑に突っ込まれてるところだったり、ラストシーンだったりヤミの表情がほんとに増えたと思います。初登場の時が信じられないくらいに。
秋さんが書いたザスティンの存在意義ですが、傍目にはただの後始末としかいいようがありません。でも考えてみればララ達にはこういうことを頼める知り合いが他にいない(というかキャラとして出てきてない)気がしますので、好意的に解釈すれば意外と頼りにしてるといえるのではないでしょうか。
ところでタイトルロゴがクロの背中にかぶってるせいで、クロの上着がヤミTシャツを作ったメーカーあたりの商品に見える件。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今回は全員が無事だったので安心しました
猿山も嵐山さんも怪我をしていないようなのでよかったです やはりTo LOVEるに死人が出てはいけませんよね

今回の長編はいままでのTo LOVEると趣が違うのでどうなるのだろうと思っていましたが 
ここにきていつもTo LOVEるのように読めたので改めて長谷見先生の力量に感服しました

それにヤミが探偵の決めポーズをしている場面ですが ヤミの綺麗な脇に目が行ってしまいました
矢吹先生の手にかかれば探偵の決めポーズもTo LOVEるで見られるようなサービスシーンに見えるから不思議ですね

おひさしぶりです。
私も猿山は女の子を盾にしてまでも「我が身が何よりも可愛い」という男ではあるまいと思っていましたので、「あぁやっぱり偽物だったか」と納得ですよ。嵐山さんに関しては実は沙姫のイタズラで、本当の殺し屋の存在に気付かない沙姫と、クロやカーメロンの起こす騒動がズレている、という展開だったらさらに神だったと思うのですが、さすがにシナリオが複雑になってしまいますかねこれは(^^;

久しぶりにコメします。
先週は用があって暇がなかったです。 すいません。
とりあえず今回の内容はv-4ものですね!
ま、ソッコーアンケ出しましたけど。 
今週のとらぶるを見て、やっぱこれがとらぶるだな!と思いました。 ララの全裸、最高~~~~~v-238v-238

それにしてもヤミのパンツ食い込みすぎ・・・あの食い込みがGJ!ヤミもまたサイコーーーーー!!!
冬川さんのいうとおりあれはスッキリできます(下品

ナナの巨乳化は新鮮でしたね。でもやっぱナナはペタンコじゃないと本来のナナっぽくないような気がします。貧乳はステータスだv-42v-42v-42

これで天条院の別荘編は終わりましたが、来週からどんな展開になるのか楽しみです。
それにしてもララの全裸は良いんだけど、下着姿も見たいですなーー。全裸はよくあるけど、下着姿がないんでそれをお願いしたいです。

でもなんでお尻を隠すんだろう? あれは今までの経験によると単行本でも取れなさそうです。!?は確か、取れなかったような・・・。  この前はOK-だったのに、本当、内田さんの考えがよくわかりません。上から言われてるならしょうがないけど・・・  なんとかして欲しいものです。
たまにとらぶるのことを悪く言う人が居ますが、これが本来のとらぶるであって、ま、普通のラブコメも好きなんですけど・・・
やっぱとらぶるですね。 訳わかんないこと言ってすいませんでした。 今度からは自重します←え

さすがTo LOVEる

期待を裏切らないベタな展開でしたねw
まさか前回の予想がパーフェクトに当たってるとは思わなかったw

だから長谷見先生は好きさw

今回の話は好きですね,個人的に(
とりあえず死人が出なかった+ヤミの気遣いGJでよかったです。
それと猿山が偽者だということも安心しました。
これからも猿山頑張れw

っと,最後に一つだけ不満を。
カーメロンはどう見てもニコちゃん大魔王ですね,わかります(
鳥山先生に謝ってきてください(ちょ

ニコちゃん…大魔王? ( ゚д゚)

ヤミちゃんのお尻がもう最高すぎる回でした( ・∀・)=b

あとナナは貧乳の方がいいですね。

>ザスティンの存在価値の件

秋さん、俺もそれ思いました・・・・・・。
昔は結構活躍していたのに・・・・・・。

やっぱし猿山でしたね!てかあれが本物の猿山だったら本当に最低なやつでしたね。
今回のタイトルロゴの位置は完全にウケを狙ってをますよね?クロがToLOVEるのロゴが入ったコートを着ているように見えます。
ヤミがビシッと指を差しているシーン、腋をつい見てしまいます。やっぱり矢吹先生が描く腋はいいですね。さらにはヤミと美柑のやりとりも笑えます。
そしてナナの巨乳化…いいです!!!あれがナナの望んでいた大きさだったのですかね。けど、やっぱりナナにはペタンコなおっぱいが似合いますよ。ナナの怒っている表情もカワイイです。
カーメロンのボディーが不調でナナに化けたら巨乳化したということは、もし、カーメロンが春菜や美柑、ヤミに化けたら巨乳化して、ララ、古手川、ルンに化けたらペタンコになってたということになるんでしょうかね?それはそれで見たかったような気がします。
次回はリトとララがフォームチェンジ…?どういうことですかね?全く予想がつきません。

今回のとらぶるは久しぶりにとらぶるらしい話でしたね。ヤミちゃんのパンツがまぶしかったです♪d(⌒〇⌒)b♪しかしヤミちゃんは最初の頃に比べ表情や仕草が豊かになってきましたね。これも地球にきたおかげですね。こればかりはラコスポに感謝です(´・ω・`)冬川様の言われるとうり久しぶりにペケがはずれてララが全裸になりましたね。やはりララの裸は最高です(o≧∇≦)oお尻が見えなかったのは残念でしたが(`□´)結局誰も死人が出なくて良かったです。やはりとらぶるに殺人は似合いません。今回は、目の保養にもなり良かったです。そして最後のヤミちゃんの笑顔が何よりまぶしくて最高でした。

つい最近、逆転検事が発売されたせいか、ヤミちゃんの人指し指の突き付け場面に反応しちゃいました。

!!?

じゃなーーーーーーい!!
本当に内田の判断基準がわからないですね…
久々のララ全裸ポロリ&乳揉みはエロかったですね~、もうララにドキドキしっぱなしですよww
また「ひゃっ」と言ってるララは、間違いなくリトに乳首責めされてますね、単行本が楽しみですよww

それにしてもやっぱり猿山が偽者でしたね、ホッとしました。まさかのまさかで本物の猿山だったらどうしようかと思いましたよ、あれだけ先週本物なら死ねってコメントしたのにww

でも今回のMVPはやはりヤミですね。
『トモダチに…これ以上血で汚れた私やあなたの世界を見せたくない…』
ヤミのトモダチを想う心のこもったいいセリフです!!
読んだとき感動しちゃいましたよ!!これはTo LOVEるの中でも1、2を争う名台詞ではないでしょうか。
まあ自分が一番好きなセリフは、
『もう一度ゼロからの私で頑張ってみたいの』
の辺りですけどねww

しかし今回の巨乳ナナww
偽者というか偽乳ですww
エロい乳ですね~、お子様の服でもちゃんと出るものが出てればあんなにエロいんですね~
ナナはやっぱりペッタン娘が一番ですが、巨乳ナナも年に一度くらいならアリ!!

今回も歓喜でした。
ララが裸になって「わわっ」と言ってたコマがたまらんです(笑)
次回の予告から見るとララメインだと思うので楽しみです。

予想外れた(´・ω・`)ショボーン

でも、ペケは意外とかかわっていたのがせめてもの救いかなw
やっぱララのほうが大きいなw
それでも古手川派な俺。

先週のみなさんの予想が当たりましたね。(僕は、猿山よ、この言動はないだろくらいにしか思わなかったですが…)言ったのが、本物の猿山じゃなくてよかったです。
>「ペケが外れてララ全裸」の流れ
この流れは、ミストア編以来の気が…。(あの時は、ペケの機能停止によるものでしたが…)それにしても、今回の「わわっ」のコマのララの全裸や、クロに攻撃した時のヤミちゃんのパンツって、妙にエロいというか色っぽいというか艶かしいですね。
それから、僕は、おっぱいは無いよりある方がいいので、偽ナナの方がいいですね。(さすがに、本物と入れ替わってほしいとは思いませんが…)

結局擬探偵TRAPは出ませんでしたか…(←何言ってんだこいつ…今すぐ病院行ってこいよ……

おバカは世を救うということですね分かりますw実に良い!やるときはやり、ボケるときは全力でボケる!実に良い!(2回目)3周年を変化球で投げてきてどう転がすのか楽しみにしていましたがTo LOVEるらしい締めで実に良い!(3回目)

そしてクロwwwお前も男か…仕方ないよ…何も恥じることは無いさ!(b^ー°)前作の主人公(をモデルにしてるキャラ)でも容赦なくいじる!さすが先生方…ぬかりがないぜ‥実に良(ry

PS 今回のサブタイトルを見て真っ先にケツメイシの名曲が浮かびました(ケツメイシ好きなものでw)タイトルロゴの位置と合わせてごちそうさまでした。

最後の嵐山さんと沙姫の対面の一コマが今週の話で一番良かったです。あとはいつも通りな展開でした。
個人的にはシリアスでいって欲しかったですが、とらぶるですしまあ仕方無いですね。
解放された猿山を心配する人がいなかったのが残念です。一人くらいは心配してやって欲しいのですが…。
ヤミのセリフからは随分丸くなったなあと思います。クロの方が正論ですからね。

>ラジオランチさま

 コナン?金田一?出版社がちがいますが…

初コメントありがとうございます。

>愛実さま

 おお、こんなつまらないブログを…感謝しております。

 おしり残念でした。「男子が目撃している」時ですか…なるほど一理あるかも…

 お名前から推察しますと女性の方ですか?これからもよろしく…

>Mugaさま

 リトは本当にすごいやつですよね…美少女にモテるのもうなずけます。天条院もいい娘ですね。傲慢なところがないのが好感持てます。

 先週、先々週とエロが少なかったからでしょう、今回のエロ展開は…殺し屋があれで改心するのもすごいですが、そこが「To LOVEる -とらぶる-」のいいところです。

 美柑とヤミの関係、いいですね。ヤミちゃんは地球に来なかったなら、孤独なままだったのでしょうか。

 思わせぶりに出てきた黒猫、どうなんでしょう。あの黒猫、また登場するのでしょうか。

>中尾ジョニイ圭佑さま

 ララは尻もおっぱいも脚も最高です。

>ざま~ず♪さま

 おお、プロの漫画家であるざま~ず♪さまから見られても、やはり傑作回なのですね。矢吹先生+長谷見先生はすごいです。

 それにしても、確かに言われるとおり、【!?】マーク無しなら、ララのかわいいところが丸見えですね。これは単行本でも消えないかもしれませんね。

>マックス さま

 ニセウルトラマン、あれでなぜ皆見分けがつかないのか…

 最後はエロが大勝利、死人は出ない…読後感が最高なのが「To LOVEる -とらぶる-」です。

>狩人さま

 トレインとクロ、結構ちがいますね。ヤミちゃんとイヴもちがうわけで、表情のちがいも面白かったです。

 納得のオチでしたね。

>toさま

 ヤミのパンツのすじはいいですよね。

 スッキリさせてもらいました。

>なるるんさま

 ヤミちゃんの過去の一端が明らかになりましたよね。また少しづつ過去を明らかにしていってほしいです。次の回想編はティアーユ博士も出してやってほしいものです。

 ちなみにあの黒猫は、クロのペットのようですね。同時に出ているコマがありました。ヤミちゃんとの初対面のときです。

>★ぽんたぽん★さま

 ナナは貧乳の方が味がありますよね…でもたまにはああいうのもいいです。

 闇のパンツ、おなじく今回が一番好きですね。

>海草新十郎さま

 セリーヌのような娘がほしいものです。

 それにしても矢吹先生+長谷見先生がすごいのは、引き伸ばしが一切ないことです。もっともっと伸ばせるのに…「To Loveる」ロゴ、クロがコミケにいそうな雰囲気に…内田さんは狙ってるのでしょうか。

 こちらこそ、こんなくだらないブログにコメントありがとうございます。

>taka bonさま

 多くの方の推理が的中でした。

 ヤミちゃん+美柑の漫才は、面白すぎますよ。

>読者の一人さま

 猿山、あわれですね。ヤミちゃんの探偵もいい感じでした。

 天条院+綾+凛のエロは確かに無かったですね。風呂でもバスタオル…

 クロならずとも、ララのおっぱいを見たら…見るだけでスッキリしますよね。

>WRONG さま

 「To LOVEる -とらぶる-」エロは世界を救う…

 あのコメントは意味深ですね…

>ケン・タローさま

 リトと一緒にギドに立ち向かう猿山はかっこよかったですね。いいやつですよ。猿山は現実にいたら結構モテるのでは…

 リトの幸運が我々にきたら…痴漢では逮捕されたくないものです。

>秋さま

 長編モノ、どれも好きですが…異色作ではありました。

 あの宇宙人が笑えるのは、光学迷彩という高度な技術を使用しているのに、ガチャガチャレバー使ってるところですね。なぜ…

 春菜、いい娘です。勇気がある娘ですよ。

 ララの全裸は、しかしそれらを全て吹っ飛ばすかわいさです。お互いお世話になってますね。あの胸を強調した姿勢もいいのです。何度見てもいい…

 ヤミちゃんの成長はほほえましいです。これからもどんどんやってほしいです。

 ザスティン久々の出番でした。天条院との関係は進展しないんですかね…

>飛影さま

 現状のセリーヌの言葉がモモは理解できるのか…と思ってましたが、この長編で理解できることが判明しました。

 セリーヌ、そこまで理解してるんですかね…

>Kaoluさま

 ヤミちゃんの探偵劇、面白いですよね。ララが探偵でも面白いでしょうが。

 ザスティン、出番自体が無いですからね…こういう出番でもいいじゃないですか。

>クロの上着がヤミTシャツを作ったメーカーあたりの商品に見える

 全くです。コミケで誰か着てたりして…

>ディートリッヒさま

 「To LOVEる -とらぶる-」に怪我や死人は似合わないのです。

 私も冒頭の2話はあまりに「To LOVEる -とらぶる-」と趣がちがいましたのでどうなるかと思いましたが、やはり最後はララのおっぱいが全てを救ってくれました。

 ヤミちゃんもそうですが、矢吹先生は「脇」にこだわりがあるんですよ。これは処女作からなんですよ。

>むつきさま

 おお、これはこちらこそ…

 ちなみに私も、クロの話とは別に、天条院がドッキリをしかけてややこしく…という展開を考えていました。

 ただそれではむつきさまの言われるように、シナリオが複雑になりますし、6話くらい必要ですからね。

 上でも書きましたが、天条院の見せ場は無かったですね。リサミオやお静ちゃんよりマシですが。

>oneさま

 ヤミのパンツ+ララのおっぱいにお世話になりました。一体何人がスッキリしたんですかね…
 
 ララの下着が見たいのは全くもって同感なのですが、これに関してはペケですからね…色っぽい下着が見たいです。

 ララのお尻ですが、上で書かれているように、ララの大事なところが丸見えになるから隠したんですかね…

>HIDETOさま

 いい意味でベタなのが「To LOVEる -とらぶる-」のいいところです。

 長谷見先生もわかって、わかりやすい脚本にしておられるのでしょう。

>たろさま
 
 猿山、原作の使い方はいいんですよね。私も原作の彼は大好きです。

 ニコちゃん大魔王なつかしい…アラレちゃん好きでした。

>KIN-MARKさま

 ヤミちゃん、太ももとお尻が特にたまらないです。ムチムチ…!

 ナナ、同じく貧乳の方がいいです。

>坂津さま
 
 一応親衛隊長なのですが…

 今後の彼が気になります。

>マルさま

 矢吹先生が描く腋は素晴らしい…!面白い箇所へのこだわりですね。

 個人的には、巨乳の美柑が見たかったですね。ヤミちゃんはトランスでいくらでもいけますから。

 リトとララがフォームチェンジ…リトがドレスフォームを着るわけでもありますまいし…

>キラさま

 考えてみれば、ラコスポがいなければヤミちゃんは地球に来てないんdすよね…ラコスポは大恩人かもしれません。

 ヤミちゃんとララの笑顔は素晴らしいです。まだまだ見ていたいものですね。

>ピンクの悪魔さま

 ヤミちゃんの人指し指の突き付け場面、明らかにそんな感じですよね…

>モー牛さま

 ララは乳首が弱いようで…リトとの夜の生活も大丈夫そうです。気持ちよさそう…

 モー牛さまも猿山の言動+行動にあきれてましたね。偽者でよかったよかった。

 ヤミちゃんあり、ララありの素晴らしい回でした。この作品はいい台詞が多いです。「リトに褒めてもらうと何かうれしいな…」もいいです。

 巨乳ナナ、妙に確かにエロいですよね…

>テイク さま

 昔に比べてララ主役は減りましたよね…しょうがないですが、来週は期待したいです。

>いいのぅwさま

 ララと古手川のおっぱいは1センチ差…アニメ版では。

>岡山っ子さま

 ミストア編以来…定番ですが、やっぱり何度でもいいものです。

 ちなみに私もおっぱいは無いよりある方がいい派です。

>TLVさま

 こんな「To LOVEる -とらぶる-」もたまにはいいですよね。

 スヴェンもいずれ出るんですかね…個人的にはセフィリアをなんとか…

>心さま

 嵐山さんをきづかう天条院…この人本当にいい人ですよね。猿山ですが、もちろん心配されてますよ。

 ヤミちゃん、初期では考えられなかった台詞ですよね…

春菜の「結城くんとララさんを撃つなら私を撃って!!」の台詞…。よく考えたら、春菜は猿山の事は眼中になかったのかと思いました。まだ、偽者だと判る前だというのに…。勇気を振り絞って必死であった為に、猿山の事まで考える余裕が無かったのか、ララの背に隠れていたから心配しなっかたのかのどちらかでしょうね。

>岡山っ子さま

まあ、春菜にとってはリトの方が大事なわけで…

 それに言われるとおり、ララのかげになってますから。

>ヤミちゃんにぶっ飛ばされた猿山をかわすモモ

ふと思ったんですが、もし、ぶっ飛ばされたのが猿山(偽者)じゃなくてリトだったら、モモによるリトへの顔面騎乗が実現していたと思うのですが…。最初で最後(?)のチャンスを逃した事に…。

あ、それ見たかったな;
本当に残念です

>岡山っ子さま
>To LOVEるファンさま

なるほど…モモもリトなら受け止めそうですし…
リトやモモや我々読者にとっては残念でした。
見たかったです。

モモ様喜んでいる表情見たかったですね

>To LOVEるファンさま

モモ主役の話ももっと見たかったです。

春菜さんとモモ様話して居るところないですね;

>To LOVEるファンさま

そうでしたね。
ナナとはお静ちゃんといっしょに絡む場面がありましたが…
そういえばヤミちゃんは春菜の名前を呼んだことが無かったのですよ。

あの二人絡む所あればよかったです・・・・
絡んでいる所はありましたけどね;

>To LOVEるファンさま

絡んでないキャラ同士も結構いますよね…
やっぱり続編読みたいです。

続編見たいですね!
リトを取り合い見たいです

>To LOVEるファンさま

この作品はあまり取り合いは無かったですね。
「迷い猫」とはそこがちがうところです。

そうですね・・・
漫画も復活してほしいです
復活したら取り合いも見れる
美坩とモモ様はありましたね(ぇ

>To LOVEるファンさま

美坩とモモはありました。
将来、ララや春菜と取り合う展開もあったんですかね…

あの二人は大人のお姉さんですね・・・
ララsは優しい人だから取り合う展開なくなりました
同人はあるですけどね;

>To LOVEるファンさま

ララは確かやさしいですからね…
同人誌では3Pが多い気がします。

みんな優しいですね
リト好意を持つ女性達も
同人は好きです

>To LOVEるファンさま

いつかコミケでお会いしたいものです。

モモ様×みかんの同人出ましたね

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/738-e6b933a2

To LOVEる トラブル151「トモダチ」の感想

 暗闇に乗じてリト達の前に現れた殺し屋"クロ"。覚悟を決めるんだなとクロが銃口を向けた先にいたのはララ。やはり狙いはララなのか!?リトも...

トラブル151 トモダチ

さあ今週もトラブルでエネルギーチャージッ!!

今週の週刊少年ジャンプ@To LOVEる #151 「トモダチ」

(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社 ヤミさんのトモダチ発言に美柑ちゃんは濡れ濡れだね!! 「わかるよ、友達だもん。」と前回の話で言った美柑ちゃんに応えるかのように「トモダチ」という言葉を強調し、リトを除く(笑)面々が 自分にとって大切な存在であるかを示し

クロの真の目的が明らかに・・・!?トラブル151

連載3周年目の長編もいよいよクライマックス。 果たしてクロの目的とは・・・そしておっぱいの行方は!? クロの銃口からララを守るため...

トラブル151 絶体絶命の危機!真実は一つ!!

前回の続き! 銃に向けられたララと猿山は絶体絶命! 果たしてクロの狙いは!?

週刊少年ジャンプ 2009年28号の感想でも

ToLOVEる -とらぶる- トラブル151「トモダチ」クロの羽織っているコートにToLOVEるのロゴがプリントされてるけど、クールな外見に似合わずそちらの趣味もあるという事なのでしょうか?w さすがのToLOVEるファンも、このコートを着ての外出は勇気がいる。なので、クロは

ToLOVEる 151話 トモダチ

天条院邸殺人事件FILE4。消えた死体…巧妙なトリック…アリバイ…その真実から照らし出される真犯人とは?真実はじっちゃんの名に懸け...

ジャンプ 28号感想

ジャンプ 28号 ネタばれ感想

ToLOVEる 第151話「トモダチ」。うみねこのなく頃に、事件は終わりを迎える…

以下、週刊少年ジャンプ2009年28号掲載 ToLOVEる トラブル151「トモダチ」より。 突きつけられた銃口…果たして、クロの狙っているは本当にラ...

週刊少年ジャンプ 2009年 28号 感想

リボーン マントが武器って言うのは斬新だけど、幻術バトルってあんまり好きではないと言うか…。 幻術使われたらキリがない上に、サスケvs...

週刊少年ジャンプ 2009年 28号 感想

 週刊少年ジャンプ 2009年 28号 感想  めだかボックス  あちゃーw  さすがにコスプレネタはもうやめたのか・・・^^;  だが読...

いじると固くなる発想はなかった

ジャンプの28号を読みました。 「NARUTO -ナルト-」 カカシ先生をはじめ皆生き返った矢先にダンゾウが火影になるとのこと。何やらザコキャラっぽいダンゾウが表に出てきましたね。こいつがトップというのはどうもしっくりこない。あるならマダラの掌で踊らされて

週刊少年ジャンプ28号(2009) 漫画感想

今回の感想は ・ONE PIECE ・BLEACH ・PSYREN-サイレン- ・黒子のバスケ ・バクマン。 ・アイシールド21 ・To LOVEる-とらぶる- 以上の7作品です。

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。