アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

「To LOVEる」大胆予想!OAD版「とらぶるくえすと」の構成を考えてみました。

 2009年11月4日発売の「To LOVEる -とらぶる」OAD版第4巻が、「とらぶるくえすと」を基に長谷見先生が脚本を書かれるのは周知の事実でしょうが、あの長編をいかにして30分にまとめるのか…そう思っておられた方も多いのでは…
 MATSURIさまが、「To LOVEる -とらぶる」OAD版第4巻がどのような内容になるのか、深く考察してくださいました。
7606
 ここではMATSURIさまのご好意に甘えさせていただき、素晴らしい考察を紹介させていただきます。


以下、MATSURIさまの文章です。


 
 というわけで、第16巻以降もOADが付いてくることになったTo LOVEる。そのシーズン2なOADのオープニングを飾るのが”とらくえ”で、今週のジャンプにナナ・モモの設定画も掲載されていました。

7679
 この”とらくえ”、原作では5話+1話(93話から98話)の構成になっていましたが、これをOADの収録時間25分に収められるかどうかというのが一つのポイントとなりそうな感じです。
 OAD版とらくえの脚本を担当するのは原作の脚本担当の長谷見先生ですが、自分なりにもOAD版とらくえの構成を考えてみることにしました。

※ストーリー上、絶対に外してはならないポイント

・マジカルキョーコ
7077
 ”とらくえ”はリトをはじめとした主要キャラがRPG世界に放り込まれるのですが、その主役となっているのがマジカルキョーコ。原作の”とらぶるくえすと”の話の導入部分が特撮番組「爆熱少女マジカルキョーコ炎(フレイム)」で、そこを外すと何も成り立たなくなります。
 また、”とらくえ”世界ではストーリーテリング的な存在となるので、そこでどう動くかがポイントと言えそうです。

・ララの妹ナナ・モモの登場
7415
 設定画が出てきているくらいなので、出番があることは確実。あとは声を誰が担当するのかってところでしょうか。

参考:大胆予想!「To LOVEる」ナナモモ役の声優さんは誰になるんでしょうか?

・リトの告白

 そして、この”とらくえ”はリトの恋心が大きく揺れ動いた話。その流れを司る”とらぶる”の描写にも注目だと思います。

※とらぶるポイント

・落下

落下は常にFace to ○○
5575
・ププリン&ギガププリン
 5572
”とらぶる”らしさ全開!魔法みたいな”とらぶる”が炸裂!

・ぱふぱふ
5576
”遊び人”を彷彿させるあのキャラのアレが!?

・服の消失

都合の良さを極められた様式美、そこに込められた危険な消失…

※全構成

 上に書いてきたことを勘案して、25分以内に収める方法は、下記のような感じと踏んでいます。

朝のマジカルキョーコ
謎の手紙

サブタイトル「とらぶるくえすと」

開封して揺れるハート
唯、酒場にて顔面
春菜と美柑、そして転職
ププリンとジョウロ
夢のララ
ギリギリ下着
中ボス撃破!そのバニーは…

アイキャッチ

ララ、お目覚め
春菜、魔城にて顔面
ペケとの再会、ギガププリン
ぱふぱふ
明暗
双子
脱出と消失

※残りの2巻も大胆予想!

 で、OAD第2シーズンも第1シーズン同様に3巻体制ですが、第16巻以外のOAD第2シーズン付き単行本は2月発売の第17巻、4月発売の第18巻となっています。

 そこで、第17巻、第18巻の大まかな話の予想もしてみてしまおうかと思います。

・第17巻

 発売時期が2月ということでバレンタインの季節。原作では2回経験しているイベントですが、かたや惚れ薬配合の危険な春菜のバレンタイン、かたや唯のツンデレバレンタインと、全く異なる展開になっています。
6523
 時期的にバレンタインネタで攻める可能性は高く、第16巻のOAD展開を考えれば、春菜重視のバレンタインになるかと思われますが、ナナ・モモといった新レギュラー、あるいはヤミが原作ではバレンタインネタにほとんど絡んでおらず、そんな3人をどういった形で馴染ませていくかがカギと見ています。

・第18巻

 発売時期は4月。4月の特別な恋愛イベントというとピンとこないのですが、ヒロイン総出という観点から行けば、時期を早めて原作第110話のような祭ネタを絡めてくるかもしれません。
7654
 また、小説版(今年8月発売)をベースとした話を持ってくる可能性も捨てきれません。

(余談)

 これを書いている最中、今更ながらラジオTo LOVEるのDJCD(vol.2)を聴いていました。春菜を演じていたハニーこと矢作さんの妄想の集大成ドラマが突き抜けていて面白かったです。


 いかがだったでしょうか?私も30分でどう収録するのか…と思っておりましたが、こういう構成ならばなんとかなるのではないか…と思わず膝をうってしましました。
 最後になりますが、MATSURIさま素晴らしい考察をありがとうございました。


↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

なるほど…素晴らしい考察ですね!17巻18巻がどうなるか楽しみです!
16巻はナナモモに期待です!

個人的には「マジカルキョーコ」「リト告白」「ナナモモの出番確保」の
とらくえ編の主軸となる3つの大まかなポイントと、
「ププリン」「リトパーティーの珍道中」「リトの夢」の
細かい3つのポイントが押さえられていれば、
たとえ展開や話がOVAオリジナルになっても十分だと思います。
要は如何にこれらの要素を巧くつなげられるか、ということです。
だから、それ以外の部分はカットしたり変更したりする方が無難かと。
変に詰め込みすぎて話がごちゃごちゃになったり、大切な部分が短くなったりするのは嫌ですから。

後日談は…入れて欲しいですが、尺を考えると難しそうですね。
できればその後のOVAに上手くつなげて欲しいものですが・・・

 僕的には、「とらくえ」みたいな話を煮詰めてしまうと
ただのネタものになってしまうし、とらぶるのような作品でも
うまくやれば、「とらくえ」のような冒険ファンタジー話ができるということを
再認識させ、新キャラのアピールもするならば、はしょらずに
むしろ、原作より本格的に作り込んだ方がいいと思いますよ、
 っていうか、どこかで30分以内で「とらくえ」を完結させ、
次からは、それぞれ別の話を収録していくとか聞いたんですか?。

うーむ、確かにこれでいくとうまくまとめられそうですね、でもやはり30分でまとめたら内容が薄くなりそうなのですかどうなのでしょうか?でもやはり長谷見先生ですからね、うまくやってくれるでしょう。

まあこれなら30分でいけますね。長谷見先生の腕の見せ所です。
残りの2巻は片方は原作重視もう片方はオリジナルな話になると思います。
オリジナルの方は長谷見先生脚本のナナモモメインの話が見てみたいです。

初コメです。
ストーリーは長谷見先生なので特に気にしていません。
安心してます
正直今回一番気になるのはナナ・モモの設定画です。

OVA第1シーズンは絵がロリ化していたので
すごい抵抗があったのですが
今回の設定画をみる限りアニメ版に戻ってる印象です。

でもこの設定画はOVA第2シーズンのために描かれたものなのでしょうか?
それともアニメイラスト集cutieのときに描かれたものなのでしょうか?
どっちなんだろう?

個人的には前者がいいです。
OVAのロリ絵よりもアニメ版の方が好きなので・・・

おお~、発売時期まで考えての考察、MATSURIさんすごいですね~。
残り2話は本当にどうなるのか…バレンタインは是非是非やってほしいですね!!

とらくえの方は、To LOVEる.comにも4話のキャストでマジカルキョーコ入ってますから、大魔王キョーコはほぼ確定ですね。ただ、長谷見先生がアニメ用に再構成、オリジナルシーンも満載ということですから、原作とは少々変わるのかな~と思ってます。特にリトの告白は大好きなシーンですが、今までの積み重ねがない中でそれをやるのかとか、「心の占める割合」のフォロー不可まで考えると、ただララを助けに行ったらこの冒険ゲームはララの妹の仕業だった、くらいの話になりそうな気もしたり…

でも監修、脚本が長谷見先生なんですから不安というのはまったくないですけどね!!

リコ回の原作での話数は3話で
30分で納められたこと オリジナルの場面があり それほど詰め込んだ感がないと思うので
「とらくえ」本編の5話だけならあまり重要でない場面などを省略したりすれば
30分に収められるのではないかと思います

原作を踏まえつつまた違うお話にするのももちろんありですね
原作の「とらくえ」と同じくらい面白い作品になるのは確定ですから

なんにせよ長谷見先生の手にかかればどんな問題もチョチョイのチョイで解決です

>ZZZさん
設定画の日付をみるといいですよ(小さいですけど)

長谷見先生はアニメ化というよりセルフリメイク(カラー版「ビルマの竪琴」のような)の気持ちで書いているのではないでしょうか?

RPGといえばドラクエ9、キャラメイク時の髪型に
ストレートロングがないのが納得できません。
おかげでララと唯が作れません。
春菜となぜかメジャーでない髪形の美柑は作れるのですが。

>っていうか、どこかで30分以内で「とらくえ」を完結させ、
>次からは、それぞれ別の話を収録していくとか聞いたんですか?。

話の意味がよく理解できなかったので説明お願いします。

はじめまして。筆者のMATSURIです。この度は拙い記事を紹介させていただきまして、本当にありがとうございます。

コメント欄でのやり取り、いろいろと面白い考えを読ませてもらいました。その中で、いくつか横レスというような形でレスをしていこうと思います。

>秋さん

>個人的には「マジカルキョーコ」「リト告白」「ナナモモの出番確保」の
>とらくえ編の主軸となる3つの大まかなポイントと、
>「ププリン」「リトパーティーの珍道中」「リトの夢」の
>細かい3つのポイントが押さえられていれば、
>たとえ展開や話がOVAオリジナルになっても十分だと思います。

「リトの夢」と「夢のララ」は同じ場面として考えますが、To LOVEるの恋愛模様は”とらぶる”に遭えば遭うほど、その構図が良ければ良いほど、さらに言えば”とらぶる”に対する読者の反応が良いほど、キャラとリトとの距離が詰まっていく仕組みになっていると思っているので、「開封してv-238」との対比という意味で絶対に外してはいけないポイントの一つと思っています。また、リト側についたキャラがTo LOVEるにおけるメインキャラであるということを明確に示した話でもあるので、珍道中は密度を濃くやってほしいところですね。

>後日談は…入れて欲しいですが、尺を考えると難しそうですね。
>できればその後のOVAに上手くつなげて欲しいものですが・・・

原作の後日談エピソードである第99話は30分アニメの半分を費やしそうな話なのでOAD第4巻ではやらないと思っていますが、後日談的なエピソードをOAD第5巻でバレンタインネタと織り交ぜてきそうな気がしています。

>神楽坂 シンさん

>っていうか、どこかで30分以内で「とらくえ」を完結させ、
>次からは、それぞれ別の話を収録していくとか聞いたんですか?。

展開予想についてはただの素人の”勘”であって、情報を聞いたとかではありませんが、収録時間についてはOAD告知の誌面の中で「収録予定時間・25分」というのを確認しています(収録時間の中にはOPとEDも含まれていると思います)。 また、熱心なファンであればともかく、浮動層を取り込むのには続き物では厳しいので、そこで「OAD第4巻はとらくえ全編、以降は別ストーリー」という考えに至っています。

ともあれ、どんなアレンジを加えてくるのか、今後のOADも含めて興味深く見守っていこうと思っています。

~ MATURIさんへ~
 やっぱり、そうですか、僕はとらぶるに興味を持ったばかりの人や
コアなファンが買ったにせよ、
はしょれば、興味を持ったばかりの人は展開についていけず、
コアなファンの場合、ここは変えて欲しくないなどの
批判や買って見たけどよくわからないみたいなことになると
思ったのですが、あなたのような考えもアリだと思います。
どちらにせよ、キャラの改悪さえ、なければいいのですが。

 週刊連載マンガは30分アニメでは約2~3話しか入らないとどこかで聞いたことあったので、ODA3本丸々「とらくえ」とも思ったのですが、なるほど!MATSURI様の予想なら「とらくえ」もうまくまとめられそうでね!!告白のシーンはオミットしてリトの心の中で気持ちが動き始める的な感じとかもありでしょうか?それと17巻はMATSURI様の予想どうりバレンタインネタだと私も思います!

>DESTINYさま

 流石に17巻18巻の脚本はまだ決まってないんですかね…

>秋 さま

 なるほど…要所を押さえるということですね。30分ですから、全く同感です。

 後日談、ものすごく好きなのですが、30分では絶対入らないでしょう。壁を挟んでのリトとララの会話が妙に色っぽくて好きです。

>神楽坂 シンさま

 本格的に作り込んでほしいのはやまやまなのですが、やはり30分というのが難点なんですよね…うーむ。

>ケン・タローさま


 長谷見先生なら…長谷見先生ならきっとなんとかしてくださる…はず…

>マルさま

 OADの1.2.4巻は原作あり、3巻はオリジナルですか…

 オリジナルはあと1話でしょうか。

初コメントありがとうございます。

>ZZZさま

 ナナ・モモの設定画、どうなんでしょうか。

 OVAは文句なしの出来でしたが、強いて言うならばロリ絵がちと…

 同じくTVアニメ版の方が「キャラデザ」は好きですので、この設定画のままでいってほしいものです。

>モー牛さま

 TVアニメ版は4-10月に放映されましたから、バレンタインが無いのはしょうがなかったのです。私もバレンタイン見たいですよ。

 今までの積み重ねがない…TVアニメ版できっちり積み上げておけば良かったのですが。確かに時間の都合もありますし、ただの冒険ゲームで終わる可能性もある気はしますね。

>ディートリッヒさま

 リコ回も確かに原作では3話の内容をうまい具合に30分にまとめてましたね。言われてみればなんとかなるかも…

 ドラマCD1のように、原作をややいろいろ変えてみるのも一興でしょう。本当に早く見たいです。

>太田拓也さま

 「ビルマの竪琴」…「犬神家の一族」もそうでしたか。

 ドラクエ9、やってませんが美柑の髪型があるというのは、はじめて聞きました。

>MATSURIさま

 おお、本当にありがとうございました。

 この構成でなんら問題ない気もします。

 他の方のコメントにも返事していただき、感謝しております。

>海草新十郎さま

 告白のシーン、原作でも大好きな場面です。

 うまい具合にやってほしいですよね。

 バレンタインネタは1.2回目両方いいですね。

やはり告白シーンをやったのならその後のOVAで三角関係について触れなきゃ駄目ですね
その後のOVAで三角関係について触れずにドタバタメインで進めていくなら告白シーンをカットしてもいいと思いますよ
もし告白シーンを入れるなら17巻はミストア編
これならナナモモメインも入れることができますしリトとララの関係を掘り下げられます。セリーヌも出せますね
18巻はスゴロク編を春っぽくアレンジした話がいいですね
この話なら様々なキャラの活躍を望むことができます

>To LOVEるさま

 ミストア編 、スゴロク編ですか。確かに登場キャラが多く、エロもありでアニメには理想的な回ですよね。

 この予想、結構当たってるかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/783-aa06b171

FC2Ad

相続 会社設立