アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

OVA版「とらぶるくえすと」の構成を分刻みで考察してみました。

 2009年11月4日発売の「To LOVEる -とらぶる」OVA版第4巻が、「とらぶるくえすと」を基に長谷見先生が脚本を書かれるのは周知の事実でしょうが、あの長編をいかにして30分にまとめるのか…そう思っておられた方も多いのでは…
7985
 以前、MATSURIさまが素晴らしい考察をしてくださいましたが、今回は分刻みであの長編のまとめ方について考察してくださいましたのです。再びご好意に甘えさせていただき、素晴らしい考察を紹介させていただきます。


以下、MATSURIさまの文章です。


 前回の考察では、”とらくえ”を25分以内に収める構成を羅列するような形でやっていきましたが、もう少し詳しく書いていこうかと思います。

・OP&EDで3分少々使われる

 通常のTVアニメではOPとEDの合計が3分というような決まりがあったり、CMが入る秒数や回数なども決まっていますが、実際の収録時間が25分だとして、OPとED、さらにはアイキャッチ等での時間も考えると、実際のストーリー部分というのは22分弱となります。
 TVアニメ版To LOVEるにおいては、原作で4話消化した旧校舎話(もといお静ちゃん登場回)を前半で終わらせ、後半をオリジナルで埋めたという実績があるので、

参考:第17話「旧校舎の幽霊」

4859
 「そのテンポで行ければ、とらくえも原作のほとんどを網羅できる」と踏んでいたのですが、ストーリー部分の時間が25分と22分では出せる情報量が全然違うため、いかに長谷見先生脚本と言えど、肝心要の部分が省略される可能性もあります。

・細かい部分

 その上で、ストーリーの細かいポイントについて触れていきますが、序盤では「ララの仕業かそうでないかを匂わすこと」に加え、兄弟率の高さも必要なポイント。
 こと”とらくえ”だけに絞れば、”兄弟率の高さ”の情報はさほど重要でもないですが、省くと後々のOAD展開に差し障る可能性があるので、おそらくは外してこないと思います。

・完全版?

こうしたことを踏まえ、改めて”とらくえ”の全構成を考えると、こんな感じになるのかなと思います。

OP … 1分30秒
7986

朝のマジカルキョーコ … 1分
謎の手紙 … 30秒

Aパート1 … 1分30秒

サブタイトル … 5秒

開封して  … 1分
唯、酒場にて顔面(敵現れず・ララの仕業?) … 45秒
7988

春菜と美柑、そして転職(ララではない?・兄弟率) … 1分15秒
ププリンとジョウロ(初めての戦闘) … 1分30秒
捕らわれの姫と黒幕? … 1分
添い寝と夢のララ … 1分30秒
ギリギリ下着 … 1分
中ボス撃破!そのバニーは… … 30秒

Aパート2 … 9分30秒

アイキャッチ → 10秒
7987

ララ、お目覚め … 30秒
春菜、魔城にて顔面 … 1分
ペケとの再会、ギガププリン(ルンと校長は?) … 1分
ぱふぱふ … 2分
明暗 … 2分
双子 … 2分
脱出と消失 … 2分30秒

Bパート … 11分

ED … 1分30秒


 いかがだったでしょうか?分刻みで考察しておられるのがすごいですね。ただ、ここでMATSURIさまに深くお詫びしておきたいのですが、MATSURIさまがこの考察をされた時点では、原作で出番の無かったリサミオ+お静ちゃんがOVAに出るなどということは判明しておりませんでした。非常に紹介が遅れたために生じた齟齬であることをここに明記させていただきます。

参考:原作とは違うのだよ!「To LOVEる」OVA4巻のカラー設定画が公開に!

 しかしそれにしても、この考察の価値が減じるものでは断じてありません。MATSURIさま、本当にありがとうございました。なお、以前のMATSURIさまの「To LOVEる -とらぶる」OAD版第4巻に関する考察は下記を参考にしてください。

参考:「To LOVEる」大胆予想!OAD版「とらぶるくえすと」の構成を考えてみました。


↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

早くヤミのバニーが見たいッス(*´∀`)

確かに25分で6話分はきついと思われますね(--)

でもまだ予定なので…
少し伸ばされるかもしれませんよ(・・)

分単位のすごい細かい考察(?)お疲れ様でした(__)
素晴らしいです!

ちょっと無理があるかもしれませんが、長谷見先生ならやってくれるでしょう!

見事な予想ですね!
自分もこれを見た時、こんな感じだと思いました


OVA楽しみです!

こんなに素晴らしい考察ができるものなのですね…。記事を読んで構成はとても納得できました!
凄いですね…。

非常に細かいですね・・・
こう言われたら納得してしまいそうです。
果たしてどれぐらいの部分を原作から持ってくるのかが注目ですね。
できれば最後の話をきっちりやってほしいところですが・・・

細かいww
MATSURIさん凄いです!!

でも本当に、原作と同じ部分ってどのくらいなんでしょうね?
自分の中では、新しいとらぶるくえすとになりそうな感じがしてるんですが…

すごいですね!MATSURI様は普通にアニメ演出出来るんじゃないでしょうか?確かに、お静ちゃん登場編はほぼ原作通りの話でAパートで終わらせられたのでこの考察なら原作をかなり忠実にできそうです。
 ナナモモの活躍は次回っぽいので今回は顔見世程度で済ませそうですね。2分の登場は妥当(それでも、ちょっと多めかも)かもしれません。早く動く双子が観たいですね!後は忍者コスのお静ちゃんがどう出てくるのか楽しみです!!

おおお、これはすごい、分刻みでここまで構成してみるとは、でもオリジナルの部分もあるということですからね、原作の部分はもう少し短くなるでしょうね。

何をどうがんばればこんな細かい考察が・・脱帽です。精神論しか出てこない自分が恥ずかしくなります。俺もいつかこんなスマートな考察してーなあ・・・無理か(泣)

ここまで細かく考察するとは…。脱帽です。
あの長編のとらぶるくえすとも頑張れば30分に収まるんですね。
自分の考えはナナモモの双子の登場が重要になると思うので、そこはもうちょっと時間を使うんじゃないかなと思ってます。

何はともあれ楽しみですね。

>大神さま

 ヤミちゃんのバニー、楽しみですよね。妙に似合っています。

>燕さま

 前後編でもいいと思うのですが…きっちり作ってほしいですね。

>ぽんたさま

 長谷見先生なら問題はないでしょうね…

>DESTINYさま

 これは素晴らしい考察と思います。分、秒単位なのがすごいですね。

>秋さま

 繰り返しますが、前後編で後日談まで見たかったですね。いまさら無理ですが。

 

>モー牛さま

 リサミオ+お静ちゃん登場なわけで、省略される箇所も出てくるのでしょうね…
 あまりはしょらないでほしいのですが。

>海草新十郎さま

 ナナモモの活躍、2分くらいになるのですかね…お静ちゃんは、おそらくとらぶるくえすとの様な出番になるのでは…すぐ退場しそうです。

>ケン・タローさま

 やはりそのあたりはいたし方ないところでしょうね…

>アンクさま

 いや、アンクさまも考察どうぞ…
 いいものでしたら、ここで紹介させていただきます。非表示コメントでよろしく…

>狩人さま

 さすがにナナモモはもっと出番多くなるでしょうね…
 ただやはり、数分の出番になってしまいそうです。

 まあ、ここまできたら、ほぼ確定事項なのでしょうがいんですけど、
RPG好きとしては、美少女物ではめずらしい冒険ネタをやる場合、
短編では、冒険世界における各ヒロインの心情の変化や壮大感が
表現しきれない可能性が高く、
 それに、原作ではRPGの職業とキャラの同調性がないキャラが多く、
「ああ、ゲームやってない人なんだな・。」と思える内容でしたし、
 RPG好きとしては納得のいかない部分が多々ありますけど、
「とらぶる」はあくまで、ドタバタラブコメであり、新キャラのアピールが
この話の目的ということであれば、割り切って楽しむしかないという、
ことになりますね、
 そして、6話分を25分に圧縮するなら、ナナモモが結城家に居候を
決めた時の話をアニメ化した方が新キャラの2人をアピールし易いと
思うんですけどね・・。

>神楽坂 シンさま

 長谷見先生はゲーム…どうなんですかね?個人的には古手川の武闘家や美柑の魔法使いはいい感じでしたが…
 ナナモモの出番が少ないのはちと残念です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/824-eb09c8ce

FC2Ad

相続 会社設立