アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

あった方がいい?「バクマン。」54話からわかるジャンプマンガと読みきり版の関係

 今週の「バクマン。」、読んでて、気になったことが…
8021
 サイコーと担当編集者の港浦さんが、週刊ジャンプで連載する前に、読みきり版で試した方がいいか、いきなり連載した方がいいか議論するわけです。


 そこで検証してみました。現在週刊ジャンプ連載中のマンガで、読みきり版がある作品とない作品を分けてみたのです。

読みきり版がある作品

『ONE PIECE』
『NARUTO -ナルト-』

『ぬらりひょんの孫』
『BLEACH』
『保健室の死神』
『家庭教師ヒットマンREBORN! 』
『トリコ』
『めだかボックス』
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
『SKET DANCE』
『黒子のバスケ』
『鍵人 -カギジン-』
『賢い犬リリエンタール』
『べるぜバブ』


読みきり版がない作品

『銀魂』
『わっしょい!わじマニア』
『バクマン。』
『PSYЯEN -サイレン-』
『あねどきっ』
『いぬまるだしっ』
『AKABOSHI -異聞水滸伝-』
『ピューと吹く!ジャガー』



まとめてみますと、

読みきり版がある作品:14
読みきり版がない作品:8

となり、読みきり版がある作品の方が多いわけです。
 ちなみにお気づきのとおり、最新の連載作品である、『賢い犬リリエンタール』『保健室の死神』は両方とも読みきり版がある作品です。
また、両方ともにヒット作があるわけでして、どちらがいいとは一概には言えないようです。
8022
 ところで「試した方がいい作品は読みきりで試す」と担当編集者の港浦さんが言っていますが、『黒子のバスケ』は読みきりで試したのに、同じバスケマンガの『フープメン』は読みきりで試さなかった理由はわかりません。
 結果は皆様ご存知のとおりです。私は『フープメン』好きだったのですが、あれこそ読みきりで試した方が良かったと思うのですが…
 ちなみに我らが『To LOVEる -とらぶる-』には「TRANS BOY」という読みきり版があったのですが…単行本に収録されますかね?内容は全然ちがいますが。

追記:コメントありがとうございました。本文を一部訂正しました。
申し訳ありません。



↑押してくださったあなた様は神様です。


コメント

ワンピースは読みきりありますよ

ONE PIECEって連載前に違うタイトル(ロマンスドーンとか何とか?)で読みきりがあったような……。

NARUTOも違うタイトルの読み切りがあった気がする

ガバッ ∧_∧  
  彡( ` ・ω・) チュウス!
  彡 | ⊃/(___
 / └-(____/|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/

よくよめよお前ら

記憶に自信がないけど銀魂にも読み切り版があったはず
単行本の1巻か2巻に載ってたような気がします

編集部はカブリを嫌いますよね…。バスケ漫画にしろラブコメにしろ。フープメン、黒子のバスケ、あねどきっ、ToLOVEる、選ぶのはそのどちらかでないといけないのかな?と思ったりもします。

でも正直ToLOVEるが無くなった後であねどきっとを見るとバトルばかりの本誌ではすごく新鮮で面白く可愛らしいものがありました。これはToLOVEるが連載していた時にはなかった感情でした。ううむ…いつのまにか編集部に踊らされているのですかねえ。

試す試さないって編集の好みではないの?
ジャンプで連載もらえるなら誰でも欲しいと思うのですが???

何を主張したいんだかわかんね。
商品としては読切を入れて反応みたほうがいいだろうけど、そういうのは編集者の考えることであって、読者と漫画家には関係ないんじゃない。

わじマニアは毎回違う話ですから、
この人の描いた読み切り=わじマニアのお試しと言って良いと思いますが。

全然覚えてませんが、トランスボーイは長谷見先生が関わっていないから
単行本には載せられないとか聞いた事が在ります。
その辺の事情は知りませんが。
しかし、すでに18巻分をオーバーしているのに
読み切りまで載せる余裕はないのでは。

読み切りをしているマンガ、読み切りをしていないマンガのどちらかにギャグ系などが集まっているわけでもないようですし、よくわかりませんね

大石(いぬまるの作者ね)の読み切りは神

え!?…To LOVEるって読みきり版あったんですか?…知りませんでした…。

読みきりで読者の反応をみてそこからいい作品を作っていったほうが良いかもしれませんね。
しかし最近To LOVEるが無いから他の作品を真剣に読むきにならないんですよね・・・「いぬまるだしっ」も最近読んでないですし、今まではTo LOVEるを読むのを楽しみにして最初のページから読んでいってましたから。

宝条ララだっけ?

銀魂は読み切りありますよ。
連載が始まったときにまさか連載するなんて…って思った記憶があります。

BLACK CATの時は読み切りは単行本に載ったんですかね?

読み切りはスーパーのお試し品みたいなもんですよな。投稿作
も読み切りだし。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 私もとらぶるの読み切り版があったのは知りませんでした。18巻に収録されなくても矢吹先生の短編集が出れば載りそうですね。(一部画集に載るかも・・・)
 話は変わりますが今週のバクマン読んで思ったことは港浦氏のセリフでギャグを入れよう的な事いってましたが一理あると感じました。とらぶるもコミカル路線だったから読みやすかったですし見方によってはえっちぃシーンもギャグシーンに見れますからね。ワンピースも基本はストーリーですがやはりギャグがあることでメリハリが付いていると思います。
(あくまで個人的な意見ですのでお気に障られた方がいましたらすいません。)

>To LOVEるさま

 すみません。訂正しておきました。

>To LOVEるさま

 単行本の1巻か2巻に載ってた作品ですが、「だんでらいおん」と「しろくろ」で、銀魂の読み切り版ではないらしいのですが…銀魂の単行本持ってませんのでわからないのですが。

>第一ドールさま

 他誌では、野球マンガはかぶっていいようですが…サンデーでは3つあります。
 「あねどきっ」も私は好きですよ。

>ざま~ず♪さま

 そうなんでしょうね…そのあたりはマンガと現実はちがうということでしょう。
 私も、いきなり連載してほしいです。彼らの立場ならば。

>To LOVEるさま

 すみません。稚拙な記事で…

>ANARCHY さま

 わじマニアのお試し…なるほど、そうも言えそうですが。
 トランスボーイ、確かに長谷見先生はからんでませんね。そう考えますと、単行本掲載は厳しいでしょうか。
 分量の問題もありますよね…

>ぽんたさま

 まったくですね。法則はないような…

>VIPPERな名無しさんさま

 おお、そうでしたか…いぬまるは好きですよ。

>DESTINYさま

 トランスボーイという名前で、設定も全然ちがいます。ララは出ますが…当然単行本などに収録されたことはないです。

>ケン・タローさま

 「いぬまるだしっ」、面白いですね。「To LOVEる -とらぶる-」が終わってから、ジャンプへの情熱が冷めたのは同感です。

>To LOVEるさま

 そうでしたね…

>To LOVEるさま

 そうでしたか…うーむ。

>To LOVEるさま

 えーと、どうでしたかね…単行本よく調べてみたいですが…

>さま

 なるほど…言いえて妙というところです。

>海草新十郎さま

 18巻には収録されないでしょうね…ページの関係で。19巻があればいいのですが。画集に収録してくれてもいいです。
 ワンピース、ギャグがいい感じですね。同感です。「To LOVEる -とらぶる-」はえっちい場面が最高です。
 いいメリハリになってますね。
 

「 とらぶる」の読みきり版って、ヒロインが発明品で主人公を
強くして金属を食べる宇宙人を倒すやつでしたっけ?、
それでヒロインは、ララ+沙姫+美柑みたいな娘だったような。

>神楽坂 シンさま

 実は、私もあれ読みましたが保存してないんですよ。
 どうでしたかね…

僕は、切り取って保存しておいたんですけど、
どこにあるかわからないんですよ(捨ててないはず・・。)。
 ってそれと冬川さんの言っている読みきりって違うんですか?。

>神楽坂 シンさま

 実は内容も不覚にもあまり覚えていないのですよ…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/834-270519f5

ジャンプ 43号感想

ジャンプ 43号ネタばれ感想

バクマン。54ページ「ギャグとシリアス」の感想

 TRAPの連載が終わって、次の連載に向けて動き始めたサイコーとシュージン。とりあえず連載につながる読切で試そうとするサイコーに対して、...

FC2Ad

相続 会社設立