アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

回想のトラブル1(後編) To LOVEるは、告白にはじまり告白に終わった作品でした。

 随分続きが遅くなってしましまいました。もう忘れておられる方も多いと存じますが…「To LOVEる -とらぶる- 回想」トラブル1 「舞い降りた少女」(後編)をお送りします。


前回のあらすじ:純情な高校生、リトの元に舞い降りた美少女宇宙人ララ。彼女は自らをデビルーク星人と名乗るのです。そこに新たな乱入者が…くわしくは前回の考察を。
8089
ペケ初登場です。うーむ、

8090
ペケは流石にかわらないですね…
8091
 連載開始前に矢吹先生が描かれた初期設定画と比べましても…いや、これとくらべますと渦巻き部分が若干ちがう感じがします。全体的に初期設定画より丸くなってますね。
閑話休題。そしてついに初のドレスフォームです。
8092
 この服も…同じくあまり変わらなかったですね。初期設定画と比べてみますと、
8093
ネクタイと袖の部分が若干ちかう程度ですかね。
閑話休題。そこに現れた追っ手…すなわちザスティンの部下2名に捕縛されそうになったララ…
8094
 ここでララはうっかり「マヌケロボ」と言ってしまいます。トラブル145 「その瞳にうつるもの」などでの、
8095
 ペケへの愛情を考えまするとちと違和感のある台詞ですが、ここは流石にやさしいララも家出してきたばかりで気がたっていた…そう解釈すべきではありますまいか。
8096
 さて義をみて成さざるは勇無きなり…必死でララといっしょに逃げることになったリト…そこを下から春菜が見ております。それにしても愛犬のマロンは1話から出ていたのですね。彼があれほど重要な役割を担い、OVAにも登場するなど、一体誰が予想していたのでしょうか。
8097
 紆余曲折あり、結局はララの発明品でザスティンの部下2名は撃退されます。このザスティンの部下2名、
8098
 ララの発明品抜きならばララより強いのでしょうか…ならばデビルーク星人が全宇宙の支配者になるのもうなずけるのですが。少なくとも、隊長のザスティンといっしょにマンガ家のアシスタントなどやっている場合ではないと思うのですが。老婆心ながら…
 そして翌日…思い切ってリトは春菜に告白するのですが、
8099
空振りしてしまい、
8100
 ララに誤解されてしまうのでした。これから3年以上先に(一時的な)最終回でも、
7966
 リトは同じことをしてしまいます。この作品は告白にはじまり告白に終わったわけです。なるほど…という感じですね。しかし前編でも書きましたが、
8101
 春菜の表情が本当にかたいですね…次回の考察はいつになるか…気長にお待ちいただければ幸いです。

追記:見開きの扉絵なのですが、彩南高校の制服の設定がちがうんですよね。興味のある方は是非下の考察をお読みください。

参考:「To LOVEる -とらぶる-」第1話扉絵にだけある校章の謎に、マンガ入稿スケジュールを考える

追記2:第1話ですが、ジャンプの表紙を完全に占拠はできませんでした。
8102
こんな感じで左下だけだったんですよね…


↑押してくださったあなた様は神様です。

コメント

待っていましたよ~~~!!!

表紙飾れなかったのが意外ですね。
でも確か2話目辺りで表紙だったような・・・?

実際読んだわけじゃないので分からないのですが。

前回の感想の時に結構色んな事を書いてしまったので書くことが無い・・・
とりあえずドレスフォーム時のララの胸の大きさが若干小さいような。
あと春菜ちゃんの顔が今のようになり始めたのは8話からのような気が。
それからどんどん柔らかくなっていった印象です。

待ってました!
すべてはこの誤解から始まったんですよね
告白で始まって告白で終わるのは初期の設定から決めてあったのでしょうか?
ちょっと気になります
本当懐かしい

次回も楽しみにしてます!

マウルとブワッツは親衛隊ですしね~、ララが本気で怒ったときでタイマンだとどうなるのかはよくわかりませんが、普通にララよりは強いんじゃないでしょうかね~?
ビームも使えるのか気になりますね~
あれは王族限定なのか・・・結局この辺も謎ですね~

タイマンはればそりゃ普通に強いかと…
ララのパンチは拳圧で壁壊しますからね
大人のデビルーク戦士ならもっと行くかと
電車にひかれても死なないし,噛まれても出血描写ないですからね
でもそれをかるく凌駕するのがリトですよ
ナナや闇のパンチ喰らっても次のコマでは治ってるのでね
足も速いですから

ララのドレスフォームの違いには気づきませんでした…。 こんなに細かいところまで…。
それにしてもペケが後にショタキャラに擬人化するとは思いもよりませんでした~。

一番キャラが崩壊したのはザスティンだと思いますww
このころはかっこよかったのに、途中からはかわいそうなキャラになってしまい…。

そういやリトは告白の場所を全く気にしてませんでしたね。
これも最後ももっと違う雰囲気のいい場所ですれば結果が違っていただろうに。
いや、結果が違ってたら話が続かないんですけどねww

もっと突っ込んで言えばOVAになること自体も予想してませんでしたよねwww告白にはじまって告白に終わる・・・リトはこの辺は最初も最後もドジですね・・・。

結局リトは第1話でも花火大会でも最終回でも春菜に告白したけど、じゃまが入って失敗してしまいましたね。最初から最後までまったく(告白については)成長せず終わってしまいましたね。こんな事なら、この漫画、さっさとバトル漫画した方が面白かったですよ。

 久々の考察、楽しませていただきました!確かにララがペケに「マヌケロボ~」というのは今読むとちょっと違和感ありますが、まあ第1話ですからしょうがないですよね。(今なら「ペケのバカァ」とか名前を言うと思います)
 それと最終回のリトの告白誤爆は第1話を踏まえてのシーンにみえますね。春菜に何故か告白できないのがお約束っぽい所もありましたから・・・そういえばナナモモが家出した話でザスティンが「ララ様に比べれば可愛いもの」的なセリフを言ってましたから、もしかするとガチで闘ってもララは親衛隊達より強いかも知れませんね。後に台風を怒りの叫びだけで追い返してましたし。
 長々と書いてしまいすいませんでした。考察の続き、楽しみにしています。頑張ってください!!お疲れ様でした。

>坂津さま

 おお、うれしいです。
 2話が確か表紙だったような…
 といってもまともな表紙は合計2回でした。

>秋さま

 ララおっぱい、確かに少し小さい感じはしますね。
 春菜の初期の顔は確かに硬かったですよね。良くも悪くも。

>ぽんたさま

 私も長谷見先生に直接お聞きしたいものですね。その辺、どうなんでしょう?

>モー牛さま

 ララの強さはどうなんでしょ?ナナモモ家出のとき、ザスティンは割りと余裕でした。
 ザスティン+マウルとブワッツ、1人1人はヤミちゃん、ララ以上の強さなんですかね…
 ララVSヤミちゃんは互角でしたし。

>燕さま

 リトもそうですし、校長もすごいですよね…
 コメディマンガはみなそうですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>DESTINYさま

 ララのドレスフォームは、少しでも描きやすくされたのでしょうね。
 ペケは…長谷見先生も考えておられなかったでしょう。

>狩人さま

 ザスティン、まさかあんなに…アニメではアシにならなかったですが。
 リト、確かに告白の場所は選んでほしいものdす。

>ケン・タローさま

 リトのドジはかわらなかったですね。
 ドジでなければ、連載が終了していましたが。

>新生マンさま

 花火大会ありましたね…
 まあ、バトル化は個人的にはしてほしくなかったので良かったです。

>海草新十郎さま

 「ペケのバカァ」…確かにこれなら違和感ないですね。まあ、連載初期にはよくあることですよね。バキの勇次郎のように。紅葉の腕力に負けてました。
 ララ、確かにナナモモよりは強いのでしょう。ただ、この1話に限ってはザスティンの部下2名にララは結構苦戦してましたね。
 ヤミちゃんが結城家に来る話ではザスティンたちより強そうなのですが…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/846-814a0562

FC2Ad

相続 会社設立