アクセスランキング

プロフィール

冬川

Author:冬川
 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」がいつまでも続きますように…

 誠にすみませんが、当分の間皆様からのコメントに対してのお返事を控えさせていただきます。すみません。最近多忙になってきまして…全て楽しみに読ませていただいております。どうかお許しください。

お買い物なら

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログランキングに参加しています。

よろしければ一押しお願いします。↓

バナー
にほんブログ村 漫画ブログへ

同人なサイト2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドジっ娘のお色気もある青春快作!河下水希先生の新作読み切り「ボクのアイドル」

 河下水希先生の新作読みきり「ボクのアイドル」が、本日発売の週刊少年ジャンプ2010年21号に掲載されています。
8967
 これがなんとも河下水希先生らしい爽やかな青春快作に仕上がっております。早速考察してみましょう。
8954
 主人公…善人そうですが、気は弱そうな高校2年生の平野くん…ほとんど無理やり、「アイドル委員」にしたてあげられてしまいます。「アイドル委員」とは何ぞや?Google検索してみますと、現時点で約 1,940,000 件ヒットしました。最上位はTROUBADOUR【声優アイドル委員会】です。
 要約しますれば、文化祭でアイドルのコンサートがやりたい…しかしそんな予算は無い…そこで「アイドル委員」に自分たちの高校の女子で、アイドルユニットを作ってもらう…そういう魂胆であります。
 うーむ、なかなか面白い企画ではあると思うのですよ…

8952
 ローカルアイドルなどという言葉もあるみたいですしね…いろいろおられるみたいです。
しかし、即席で作れといわれましても…廃部寸前の軽音楽部の4人の女の子たちのガールズバンドで…
8953
ってそれは『けいおん!』ですし…
閑話休題。どうすればいいのか…皆目見当もつかず帰宅する平野くん…そんな彼の前に…
8955
?!
 フリルつきのパンツがなんともまぶしいです…美少女がこけて抱きついてきてくれました。ああ…なんということでしょう。この青年も、「To LOVEる -とらぶる-」リトのようなラッキースケベの天賦の才に恵まれているというのでしょうか?
8956
 幼馴染の相沢桃花ですって…!ああ…やや地味ですが、可憐な美少女ではありませんか?しかも…
8957
家が隣ですって…!
8958
部屋が隣ですって…!マンガ、アニメの幼馴染キャラの条件をほぼ完璧に満たしているではありませんか。理想的幼馴染キャラ…!しかもまだあります。
8959
お風呂場まで隣ですって…!この手のマンガでお風呂場が出てくれば相場は決まっています。相沢桃花がお風呂場で鼻歌を歌っているのですが、その美声に聞きほれた平野くん…タオルを腰に巻いて、相沢桃花が入浴中のお風呂場に乱入…
8960
流石の…「To LOVEる -とらぶる-」矢吹先生なら乳首確実のお色気場面であります。
8961
 矢吹先生なら単行本ではこの平野くんの右腕がさがりまして、かわいいお尻が丸見えになるところでありましょう。少し残念…本作では数少ないお色気場面ですので、もう少しやってほしかったですね。
8962
 さてその後、相沢桃花になんとか文化祭でアイドルのコンサートをやってくれと、平野くんの決死の苦労がはじまるわけです。恥ずかしがりやの相沢桃花は最初は断りますが彼の熱意にほだされ、ついに学園祭当日…
8963
見事にコンサートを成功させることができました。
冒頭でも書きましたが、非常に爽やかな作品になっております。ただ残念だったのが、
8965
 この「パンツ見られた」場面が描かれなかったことですね…『けいおん!』でも澪がしまパンを見られる場面は屈指の名場面だったではありませんか。
8968
 アンケートハガキに本作も書いてあり、結果如何によっては連載になりそうな本作…連載になった場合、

1:相沢桃花が芸能界入り…芸能界での成功物語
2:相沢桃花がローカルアイドルとして活躍、ほのぼのしたお話

のどちらかになるんですかね…いずれにせよ、
8966
RUNへの道のりは遠そうであります。

他サイトさまの記事

ボクのアイドル(by河下水希先生)の感想(新さくら日記さま)

河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!(もの日々)



↑押してくださったあなた様は神様です。


コメント

連載してコミックが出たあかつきには是非パンツを(笑)
あねドキ!では乳首が見られなかったのでv-12

それにしても仕事が速いですねぇ。
私なんてまだジャンプ仕入れてもいない状態です。
河下先生の場合連載になるとあまりに不遇な事態が起こるので
読み切りのみの方が良さを生かしきれるのではとも思います。
と言ってもファンとしては長く多く読みたいという希望がありますけれど。

こんな読み切りがジャンプに載ってたんですね。
まだ黒子のバスケまでしか読んでないですw

仕事終わってからが楽しみだヽ(゜∀、゜)ノ

読み切りとはいえ、個人的には「あねどきっ」よりも面白かったです。

ジャンプを買って読みました。桃ちゃんがよかったです。しかしアイドルが見つからない場合は平野くんが男の娘アイドルをやるハメになろうとするなんて…。関係ないですけどマンガ版生徒会の一存1巻でToLoveるネタが出てきました。乳首修正ネタで…。しかもBL小説ネタですけど…。

河下先生は旅に出ないで描き貯めてたのでしょか

まさかのジャンプ掲載で喜び一塩です。
が、個人的にはSQあたりでポロリありが希望です。
あーまた、あねどき打ち切りの悔しさが込み上げてきたぁ

いやはや青春ですなー^^ラブコメの主人公のような学校生活を送ることのできる高校生や中学生が
果たして全国にどれだけいることやら・・・・。

ちなみに私は幼馴染キャラはけよりなの鷹見沢菜月が好きなのですw

パンツは漢のロマン…

(BGM よっしゃあ漢唄)でヨロシク!!!

日ごろは立ち読みのジャンプですがこれは仕方ないと購入。
・・・結果、私的にはこれじゃあねどきの二の舞になると思いました。
テンプレートすぎてはっきりと詰まんなかった。そしてあんな可愛いのにCランクとかありえないんだぜ・・・

ラブコメよりもラブ、が読みたい、ドロドロ気味でも今それやれば新しいはず。そしてヘタレ主人公はもういやなんだぜ・・・

残り2作にきたしますw

>1:相沢桃花が芸能界入り…芸能界での成功物語

WHITE ALBUMですねわかります。

もうジャンプは引退なんだぜ

↑2
たぶんあの生徒会長は眼鏡東城とかにもCやDつけるぜ
つまり空気で目立たない系は低い

>ざま~ず♪さま

 そうですね…パンツやら乳首が見たいものであります。「あねどきっ」はエロが少なかったです…

>注さんさま

 河下先生の読み切り、私も好きです。
 週刊少年ジャンプは打ち切りの危機との戦いが常にありますから、ジャンプスクエアあたりでの連載に期待したいところです。

>怪盗パールさま

 黒子のバスケ、ものすごく好きです。あれも面白いですよね…

>岡山っ子さま

 爽やかないい作品でしたね…

>ラヂオランチさま

 男の娘アイドルネタ…週刊ジャンプでやるには少しマニアックすぎるような…
 マンガ版生徒会の一存は知らなかったです。そうでしたか…

>とんとんさま

 SQ増刊号の作品のお色気はどんな感じになるのでしょうか?
 この作品も、SQ増刊号の作品も、SQでやってほしいところですが…

>DESTINYさま

 ラブコメのようなことには、現実はなかなかならないですよね…
 幼馴染キャラ、私も大好きです。「To LOVEる -とらぶる-」にはいなかったですが…

>ヨロシク未来人さま

 パンチラもパンモロもいいものです。

> To LOVEるファンさま

 ラブコメは難しいですよね…
 この作品の主人公もちと優しすぎるような…
 でもそうしないとなかなかラブコメにならないのも事実…

>To LOVEるファンさま

 WHITE ALBUM…ゲーム持ってました。

>UNIさま

 それは寂しいです…

>To LOVEるファンさま

 ひどい生徒会長ですよね!

中身で勝負するのがジャンプのいいところ。

 あねどきっが終了して以来、ほとんど立ち読みだったジャンプですが、久々に河下先生が登場するので迷わず購入しました。
 今回のヒロイン、相沢桃花ちゃんは文化祭限定ですがアイドルになり、不可抗力とはいえパンチラも披露してくれて、矢吹先生とは一味違う魅力を醸し出してくれました。とはゆーものの、もし仮に連載が決まったらきらりん☆レボリューションみたく芸能界入りする展開かと思われますが、ジャンプのことですからどうなるかが不安です。
 間違っても桃花ちゃんにはピューと吹く!ジャガーの高菜さんのように奇行が目立つアイドルにはなってほしくない、なんて思うのは私だけでしょうか。私的な願望で申し訳ないんですが、桃花ちゃんは顔が見えない、ということで声優としてデビューする、なんてのも見てみたいですね。それか、架空のボーカロイド、として活躍するなんてのも面白そう。
 しかしなんでしょうかね、今週号のジャンプは芸能人で釣らなくても十分に自前の作家で売れる、なんてのを証明させてくれたみたいですね。
 オタクにしか売れないのを隠すべく、二週にわたって表紙に芸能人を使ったサンデーの編集部は、少しは見習うべきだと思うんですがどうでしょう。

>石井早仁@ガリクソンプロさま

 相沢桃花ちゃん、かわいいですよね。この河下先生は矢吹先生とはまたちがうかわいいキャラを描かれるので大好きです。
 今後連載されたらですか…うーむ、芸能界入りもありそうですし、架空のボーカロイドというのも同じく面白そうです。グラビアアイドルになる展開はさすがに無理がありますかね。水着が出せていいのですが。お色気は必要かと。
 サンデー、まあ、それだけ出版業界も大変なのでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://fuyukawa.blog115.fc2.com/tb.php/968-8e7baa59

ボクのアイドル(by河下水希先生)の感想

 今週発売の週刊少年ジャンプに、あのいちご100%やあねどきっの河下水希先生の新作読切が掲載されました。キャッチコピーは新感覚アイドルス...

河下水希先生久しぶりの読切掲載「ボクのアイドル」週刊少年ジャンプ 2010年21・22合併号の感想 Part1

河下先生久しぶりのジャンプ掲載ですが、「あねどきっ」が終了してから読切掲載までの間隔を考えると、意外と早かった印象。「初恋限定。」「あねどきっ」と連続打ち切りの苦汁を嘗めてる河下先生だけど、重要はあるんでしょうね。

ジャンプ 21・22合併号

ジャンプ 21・22合併号 ネタばれ感想

河下水希先生の読み切り「ボクのアイドル」。内気なドジッ娘に”きゅんっ”とならずにいられない!

”ドジでキュートな キミにお願い-” 遂に河下先生が新作読み切りで本誌に帰ってきたあああァ!!! ホントに「あねどきっ」の連載終...

河下水希がジャンプに帰還!読み切り「ボクのアイドル」が待望の登場!!

週刊少年ジャンプ21・22合併号において、河下水希の新作読みきり「ボクのアイドル」が掲載されました。 前作「あねどきっ」が終わって...

週刊少年ジャンプ 2010年 21・22合併号 感想

 週刊少年ジャンプ 2010年 21・22合併号 感想  次のページへ

ジャンプ21・22合併号 ボクのアイドル感想 そろそろ方向性を変えても

河下水希先生の読切作品が掲載されていたので感想でも・・・ それにしても方向性はこのままでいいのだろうか 毎回のように連載になると・・...

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。